« “さわやかになる ひととき”…か。 | トップページ | 環状線、森ノ宮駅外回りホームの下。 »

2011年11月17日 (木)

防火水槽 71 ■ 淀川区十三元今里2

Suiso71a Suiso71b 淀川区第1号となる今回の物件は、見ての通り立派な樹木と草を支える植木鉢と化しています。その中で根を張りすぎたのか、防火水槽の底部がひび割れ、やや痛々しくもありますが、少し小振りの上、角の面取りまで施してある可愛らしさ漂う逸品(?)です。キレイに剪定されている植物、水槽を平行に保つ為に底部に置かれていてるカマシ…しゃんとした持ち主に大切にされている様子が伺われ、何とも朗らかな気分にさせられます。よく見ますと物件の下に位置する側溝の淵が石でできていて…隠し味もええ仕事してますなぁ。全体的なバランスのとれた第71号、何だか「散髪行ってきたとこの男前」、そんな印象を受けました。

(於:淀川区)人気ブログランキングへ “箱庭”というか…“箱ジャングル”な感じがええなぁ。

|

« “さわやかになる ひととき”…か。 | トップページ | 環状線、森ノ宮駅外回りホームの下。 »

大阪市北部」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

やっぱり防火水槽のオーナーさんたちは、何か植物を植えたくなるようですね。

投稿: 荒川防火水槽研究会 | 2011年11月19日 (土) 13時27分

荒川防火水槽研究会さま
確かに…そうかも。「からっぽにしとくとゴミ箱化するし、水溜めるとボウフラ湧くし」という都合もあるんでしょうが、なんぞ植物植えたなる気持ちは、理解できますわ。なかなかセンスよくそこを箱庭化するのも難しいでしょうけれど。
いつも寸評をありがとうございます。

投稿: 山本龍造 | 2011年11月20日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53269995

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 71 ■ 淀川区十三元今里2:

« “さわやかになる ひととき”…か。 | トップページ | 環状線、森ノ宮駅外回りホームの下。 »