« ネジ屋さんの壁画。 | トップページ | 眼科の定番、“目玉”の看板…かつては。 »

2011年10月25日 (火)

風呂屋のドデカ消火器

Rohayu1 Rohayu2 年364日営業(=元日のみ休み)のお風呂屋さん、先月珍しく休んでるなぁと思いますと設備の修繕中とか。通りすがりに裏手を見ますればそこにでっかい消火器発見。運搬の為の車輪付で…こんな本格的なモン見たのはじめてかも。まぁ年中火を焚いているわけですからイザと言う時にはこれくらいのモンが必要ですわな。入浴してる時はあんまりというか全然“火”のことなんか気にしてなかったけれど。あ、話変わりますけど昔“銭湯”なんて言いました? “風呂屋”が一般的やったと思いますがね、大阪では。

(於:中央区)人気ブログランキングへ 子供の頃、風呂屋の浴槽ってごっつ大きく感じたもんやが…

|

« ネジ屋さんの壁画。 | トップページ | 眼科の定番、“目玉”の看板…かつては。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

私も銭湯ではなく風呂屋です。風呂屋って、ええですよね。25年前、尼崎の武庫之荘で風呂なしアパートに住んでました。近所の風呂屋に行ってました。「ニューヨーク温泉」という風呂屋です。なんやねんと思いながら、入ってみて分かりました。浴場の絵が、富士山やなくて、マンハッタンの絵でした。「しゃれてるなあ」と納得しました。ずいぶん前に廃業したみたいですけど。尼は、暮らしやすい街でしたわ。懐かしいなあ。

投稿: がんさん | 2011年10月26日 (水) 19時55分

がんさんさま
ね、やっぱり“風呂屋”ですよね。“銭湯”には“おでん”に通じるモンを感じてしまいます(風呂屋=関東煮)。
風呂屋で入浴、ニューヨークと言えば、源ヶ橋温泉の自由の女神が知られてますが、そのものずばりの“ニューヨーク温泉”なんていう直球な名の風呂屋さんがあったんですか! ビックリです。でも、それが尼崎にあったというところが、妙にリアリティあって笑ってしまいました。
しかしながらがんさんさんは、あちこちで深みある生活をされてきたんですね。また色々思い出話、コメントしてくださいます様、よろしくお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2011年10月26日 (水) 22時18分

 龍造さん 私は銭湯派です(笑)
駄菓子屋で一個50銭の飴玉を売ってた時代です(汗)

で、源ヶ橋温泉には猫間川源流を求め歩いた際
入湯しましたよ(笑)。
生野区には未だ50軒以上の銭湯が営業、毎夏
銭湯番長スタンプラリーを実施との事(吃驚)。

風呂屋と云うと福原の浮世風呂や雄琴の〇ル〇
風呂を回想する世代でもあります(大汗)

投稿: 難波のやっちゃん   | 2011年10月27日 (木) 10時56分

難波のやっちゃん さま
そうか…“銭”という通貨単位があってこそ“銭湯”というコトバがあるんですね! だから「50銭の飴玉」を知る難波のやっちゃんさんは“銭湯”やと。どうでしょ?
で、何ですか!生野区にはまだ50以上の風呂屋さんがあると。減少傾向にあるとは言え、こんだけ残ってるとはかなりびっくりです。
なかなか一見で風呂屋行くのも、常連さんの邪魔にならんかとかあれこれ考えてしもてよぉ行かんのですけど、これからもうちょっといつもと違う風呂屋さんへ行ってみよかなぁ。
あ、“風呂屋”と言うても難波のやっちゃんさんが思う風呂屋さんではありませんので、念のため。
コメントいつも有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2011年10月27日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53084841

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂屋のドデカ消火器:

« ネジ屋さんの壁画。 | トップページ | 眼科の定番、“目玉”の看板…かつては。 »