« 判読困難…流町4-5の町名看板。 | トップページ | 昔ながらな店舗に『完全飼料・マルエイ』の琺瑯看板。 »

2011年9月13日 (火)

大阪市“消火栓”鉄蓋コレクション

 大阪市内の路面にいっぱいある消火栓の鉄蓋、みんな一緒と言えば一緒。でも…ちょっといろいろある気もするなぁと思いまして、4つほど写真で採集してみました。
Boukasen Shokasen1 Shokasen2 Shokasen3 Shokasen0  デザイン的には一緒なんですが…やっぱり色々ありますわ。右から書かれているので左上のものが一番古いものでしょう。“火栓”と記されているところに年代を感じますね。“防火”と“消火”…考えてみますと「火事を防ぐ」か「火事を消す」の違いですから、昔はそんなに水量も水圧もなくて消火目的には使えなかったということなのかもしれませんね。
 この中で私が一番好きなのは左下のものです。書体にどこか統一感がなくて、でも妙にカクカクしてるという個性的な部分においては一貫性もあるし…何なんでしょ、その「ちょっと現代的にしよ!」と少しアーティスティックにアプローチしたんかなぁみたいなもんを感じるんですょ。’70年代な雰囲気があるというか…そんなん感じません?。じつはこの鉄蓋をじっくり見てから他のも気になった次第です。
 まぁ、残念ながら右下のヤツ、これが一番面白ないですかね。シュッとしたゴシックの“平成調”…もひとつやなぁ。こういうのも月日が流れ何十年と経てばそれなりにいい感じになるんでしょうかね。たぶんならんと思うのですが…

(於:中央区)人気ブログランキングへ 右上のも王道のいぶし銀的渋さがあってええもんですな。

保存

保存

|

« 判読困難…流町4-5の町名看板。 | トップページ | 昔ながらな店舗に『完全飼料・マルエイ』の琺瑯看板。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

路上観察」カテゴリの記事

コメント

わかります、わかります。
右下、整いすぎですね。
左下のがおっしゃるような理由で味わいがありますわ。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年9月14日 (水) 00時17分

逆に書いてたら訂正しておいてください(泣)。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年9月14日 (水) 00時20分

「防火」とか「消火」という言葉にも反応してしまう悲しい性です。
 左上の蓋の「防」の字の形が渋いですね。

投稿: 荒川防火水槽研究会 | 2011年9月14日 (水) 00時34分

●ぽんぽこやまさま
ニュアンスがお解り頂けたみたいで嬉しいです。ホンマはどうか解りませんが、鋳型職人さんのセンスが感じられるんですよね、右下以外のヤツには。
ま、これからそんなモンは出てこんでしょうね。
で、“逆に書いて”はりませんでしたのでご安心を。

●荒川防火水槽研究会さま
そらぁ“消火”“防火”と来れば“荒川さん”ですよね。反応頂き嬉しい限りです。
で、ホンマ、おっしゃる通り“防”の形が何とも妙で渋いですね。さすがは本家本元、視点が違いますわ。そのとなりの字も“大”みたいな“火”ですが…これもええと私は思っていますがどうでしょう?

お二人ともいつもコメントを有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2011年9月14日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/52722659

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市“消火栓”鉄蓋コレクション:

« 判読困難…流町4-5の町名看板。 | トップページ | 昔ながらな店舗に『完全飼料・マルエイ』の琺瑯看板。 »