« 17時36分、城運橋より西を眺める。 | トップページ | 日本酒ゴーアラウンド2011へ »

2011年9月30日 (金)

ソース 27 ▲ ビクトン お好みソース

Vos1 Vos2 Vos3  『ソース1 ▲ カガヤソース“お好み焼”』や、『ここが…ビクトンソースの『大阪蛇ノ目』か!』で触れておりました『ビクトンソース』ですが、今回、“お好みソース”が入手できましたのでここに味の印象など記しておくことにします。
 かつて大阪で造られ、強力な支持者が多くいたとされるビクトン。見た目はご覧の通り、割とプルンとした感じのトロミがあり、いわゆる“地ソース系のとんかつソース”といったところでしょうか。色合いは案外黒くなく、使用した焼うどんも思いのほか赤く薄い色合いに仕上がりました。味わいは…これまた地ソースの王道というか何と言うか、甘味が全面に出ております。その甘味は、姉妹ブランドとも言える“カガヤソース・お好み焼”に通じる果Vos4実由来というより、原材料の糖類由来の甘味といった感じです。カガヤ印のそれと今回のビクトン印のこれと、味がどう違うか?…同時に味見した訳ではないので正確な判定はできませんが、あやふやな印象で語れば、今回のビクトン印の方が、酸味やスパイシーさがカガヤ印よりも少し感じられる様に設計されている様にも思えますが…ま、読み流してください。原材料の点で見ると、カガヤ印には“合成酢・サッカリン・ステビア・酵母エキス”が使われており、ビクトン印には“しょうゆ・醸造酢”が使われています。詳しくは解りませんが、ビクトン印のお好みの方が、カガヤ印のそれより“格上”なのかもしれません。
Vtgs  今も密かに大阪で親しまれているらしいこのビクトンのソース、製造元がいつの頃からか海を渡り、加賀屋醤油という徳島の食品会社に移ってますが、それでもやはり“なにわの味”であることに違いないでしょう…と書いて思い出したことひとつ。今夏、玉造稲荷神社の夏まつりへ行った際、境内に出ていたいか焼きの屋台の横に置いてあったP箱に入っていたPETボトルに“ビクトン”の文字を発見しました。大阪のテキ屋に使われているというだけで充分“なにわの味”ですね。ま、ここに写っているのは『ビクトン とんかつグリーンソース』ですけれども。
 なお、“ビクトンソース”や、昔の醸造元『大阪蛇ノ目』の事について興味のある方は、以下の記事も併せてお読みください。記事以上にサンダーさんというお方のコメントが「関係者かも?」と思われるほど詳しく記されていて、“蛇ノ目ソース”にも興味が湧くと思います。

名称:濃厚ソース 原材料名:砂糖・ブドウ糖果糖液糖、野菜・果実(トマト、リンゴ、たまねぎ、その他)、食塩、澱粉、しょうゆ、醸造酢、香辛料、カラメル色素、酸味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む) 製造者:加賀屋醤油株式会社KA 徳島県名西郡石井町浦庄字国実247-2

※参考記事:
ここが…ビクトンソースの『大阪蛇ノ目』か! 2009年10月 5日 記
ソース 1 ▲ カガヤソース“お好み焼” 2007年12月20日 記
ソース 2 ▲ 蛇ノ目ソース ウスター 2007年12月25日 記

人気ブログランキングへ ジャンキーな食べ物にはそれなりの品質のヤツの方が王道なんかも。

|

« 17時36分、城運橋より西を眺める。 | トップページ | 日本酒ゴーアラウンド2011へ »

ソース」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

ソースは、大阪の文化やと思います。子供の頃、
お腹が空いたら、台所でソースをなめてました。
あんどんの油をなめる「ろくろくび」のように。
余談ですが、親に隠れて「クリープ」も、よく
頂いてました。貧乏やったなあ。

投稿: がんさん | 2011年10月 2日 (日) 23時13分

がんさんさま
「お腹すいたら何なめる?」って、私はもっぱらチューブの“練り歯磨き”でしたね。あれはおいしかったぁ。こどもライオンは王道のうまさ、どこのか知りませんが当時あった“スーパ−”とかいう名のも好きでしたねぇ。あ、話それまくり。
確かに何か“ソースは、大阪の文化”みたいなところがありますよね。淡口文化の大阪に、どうソースが馴染まれていったのか…不思議な感じもします。ま、関西はウスター、関東は中濃という差に“淡口文化”を見ることができるともいえますがね。
コメントいつも有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2011年10月 3日 (月) 22時22分

ひさしぶりに連投で書き込みます(笑)


大阪蛇ノ目と言えばタウンページがまだ職業別電話帳という名称の頃(まだ電電公社の時代でしたから27~29年前)にソースの欄に小さな囲み広告が出ていたのを記憶してます。当時ソースと言えばカゴメ、イカリ、コーミ、オリバーくらいしか知りませんでしたから「ビクトンソース?こんなブランドかあるんや」と社名と共に後々まで印象に残りました。ネットの時代になって検索してみるとブランドはあるものの発売元が変わっていたので「?」となったのですが、以前このブログに来てらしたサンダーさんの書き込みで経緯が判りました。このソース一度使ってみたいんですけど・・・私の住んでる近くには扱ってる店がないんですよ(^^;)

投稿: からす | 2011年11月20日 (日) 23時58分

からすさま
私、幼少の頃“職業別電話帳”を見るのが好きでして、やはりからすさん同様オリーブソースの浪速醸造とかパロマソースとかパパヤソースの広告見て「へぇ、こんなんあるんや」と思ったことを思い出しました。あの頃、電話帳なんか見んと、辞書でも見とったら…こんな人生やなかったやろなぁと時々思います。
やっぱり勉強は大事ですね…とか何とか。
連投書き込み、有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年11月21日 (月) 23時14分

さらにこちらにも連投しますm(_ _)m


山本さんもそうでしたか。実は私もそうなんですよ。子供の頃ホントに職業別電話帳を見るのがマンガよりも好きでして(笑)あのころの職業別電話帳の大阪市内版は今みたいに地域別に別れていずに上下2冊合わせて2000ページくらいありましたのでかなり読み応えがありましたよ。ビクトンソースの大阪蛇ノ目の他にもヒシ梅ソースの池下商店や、当時まだ全国区ではなかったオリバーソースも囲み広告を出してましたね。それとおっしゃってるパバヤソース!懐かしすぎます(笑)宇治の大洋産業ですね。中河内版にも囲み広告があったんですか~初めて知りました。掲載されていたのは大阪市内版だけかと思ってました(^^;)


いやいや、その頃に辞書よりも電話帳を見てらしたおかげで今こうやって色んな話題のお話ができるんですから・・・良しとしましょうよ(笑)


なんかビクトンソースからかけ離れた話題になってしまいましてすいません(^^;)

投稿: からす | 2012年1月 5日 (木) 01時51分

からすさま
そうそう、層言えば大阪市内版はごっつくて、父親に古い電話帳を会社から持って帰ってもらったのを思い出しました。
で、パパヤソース。確か「野菜を生のままソースにすることに成功しました!」とか書いてましたね。それで、そこそこの年齢になったとき、パパヤを見つけて買いましたが…私の好みではありませんでした。レッテルもですかね。
職業別電話帳を絵本、漫画、辞書代わりに生きてきたとなると…マニアック話はなかなかつきそうにありませんね。

コメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年1月 8日 (日) 18時48分

生まれた時からビクトンソースを愛してきました。今も、我が家はおとりよせしてます。あなたのブログを自分も自転車こいで、守口まで出掛けた気分になりました。ポン酢もちろん、旭です。いまは大阪から芦屋に移り住んでいますが、旭ポン酢はあちこちで入手できます。ビクトンはようやくAmazonで購入できますが、大阪の小さな酒屋さんが廃業後も、マニア向けにビクトンソースを取り寄せてわけてくれています。で、わたしが調味料マニアになるきっかけは、ビクトンソース。いまや、出汁、調味料と納得できるあじでなければ、と妥協なく探し求めています。
ということで、最近であった料理酒をひとつ紹介します。石見の料理酒。
島根県のものです。これ最高の酒蒸しできあがります。
さて、私は趣味人倶楽部にて日記を書いたりしています。よかったら覗きに来てください。それではまた、
http://smcb.jp/_ps01?post_id=6644952&oid=176070

投稿: かきたまさみ | 2015年9月14日 (月) 15時13分

●かきたまさみさま
こんにちははじめまして。ようこそアホげへ。
“大阪蛇の目”時代からのビクトン愛用者なんですね。徳島産に変わってもビクトン一筋ですか。やはり幼少期から慣れ親しんだモンとは、そうかんたんには切れないってことでしょうか。
わざわざ取り寄せてはるということは、製造元変われど味変わらずってことですしょうか。やっぱり徳島産でも“なにわの味”なんですね。
調味料全般にマニア級とか。お酒で言えばこっちはもっぱら月桂冠の料理酒ですね。お酒で味が変わる…いっぺんためしてみよかなぁ。
趣味人倶楽部は、会員登録してませんのでお邪魔できませんでした。
コメント御礼です。

投稿: 山本龍造 | 2015年9月17日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/52872528

この記事へのトラックバック一覧です: ソース 27 ▲ ビクトン お好みソース:

« 17時36分、城運橋より西を眺める。 | トップページ | 日本酒ゴーアラウンド2011へ »