« 激雨で真田幸村の抜け穴跡(?)から水噴出。 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 17 ● 奈良県平群町富貴畑 »

2011年8月28日 (日)

昭和なプラ看板 51 ● ナショナル雨とい

Amatoi1 Amatoi2 先の激雨では、雨どいもキャパ超えで…「どこの雨どいやねん?」って、はい、もちろんナショナルの雨といでして…って、決してナショナルが悪い訳ではないんですけどね。
 しかし何ですわ。この看板って今も昔もマイナーというかひっそりとあちこちで存在してますけど、何でか昔から古めかしい感じに私には思えまして、幼少期でさえ、懐かしい気分になったのを覚えています。コンパクトな大きさと丸型というのがそう思わせたのかなぁ。そんな昔の気分に戻らせてくれるナショナル雨といの看板です。どぉってことないんですけどね。

(於:旭区)人気ブログランキングへ 日向と日陰でその劣化具合が全然ちゃうもんですな。

|

« 激雨で真田幸村の抜け穴跡(?)から水噴出。 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 17 ● 奈良県平群町富貴畑 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

コメント

 今となっては、ナショナルという商号も思いっきりレトロですよね。私の家の家電は、ほぼ全部松下電器でした。何か一流ブランドやでと連れに自慢してました。でも、裏では「マネシタ電器」とか言われてたんですよね。パナソニックは、ピンときまへんなあ。ところで、ナショナル自転車は、どこ行ったんやろ。

投稿: がんさん | 2011年8月28日 (日) 23時14分

がんさんさま
「みんな家中♪何でもナショナル」でしたもんね。だから“雨どい”まで手掛けてると。SONYとも東芝とも違う路線ですね。
で、ナショナル自転車ですが、今は“パナソニック サイクルテック(株)”とこれまた馴染めん今日的名前でやってはりますよ。

投稿: 山本龍造 | 2011年8月29日 (月) 09時03分

超耐火物のやまにんです。
私の乗っている自転車はナショナル自転車。
現役バリバリ。
28年乗り続けております(笑)
タイヤ交換、ブレーキ交換、サドル交換、カゴ交換はしていますが、本体はそのまま。
すごく頑丈です。
子供が小さい頃は必殺4人乗りまでしていたので、かなりこき使いましたがびくともしません。
やっぱナショナルはすごい。

投稿: やまにん | 2011年8月29日 (月) 12時57分

えっつ!なんとまだ自転車を作ってはるんですか。びっくりや。おんどろいたなあ。「みんな家中♪何でもナショナル」。そです。うちは言われる通り、何でもナショナルでしたもん。龍造さんの言うとおりですわ。さらに、びっくりしたんは、やまにんさんです。28年って、すんごいですねえ。びっくりや。

投稿: がんさん | 2011年8月29日 (月) 14時39分

●やまにんさま
初の書き込み有り難うございます。
で、何ですか?ナショナル自転車、28年現役のままですか!。それはそれは…ウエルビー号並みですね。
自転車が頑丈というのも凄いですが、それだけの年月、大事に乗ってきはったという事実、これこそがもっと凄いことではないでしょうか。
昔と違って今は価格が下がったというのもあって「何となく古っちなったから買い替えよ」ってモンになりましたよね、自転車って。
ええモンを長く使う…飽きの来ないもんを見極めて買って大事にしていく様にしたいもんです。

●がんさんさま
うちは…父親が“マネシタ”と嫌ってる雰囲気でしたので「何でもナショナル」ではありませんでしたね。でも自転車は…初めての変速機付のを買ってもらったのが、ナショナルでした。嬉しかったなぁ。のに、いつのまにか廃棄して…ちと今、心傷んでます。

お二人ともコメントを有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年8月30日 (火) 13時31分

 「ナショナル雨どい」これも、「デリカパン」同様、懐かしい看板です。
 この看板は、「町のブリキ屋さん」に、よく掲げられていました。
 昔は、雨どいといえば、「ブリキ屋さん」で、ブリキあるいはトタンの板を加工して、職人さんが手作りしていました。
 板金を雨どいの形に曲げ、両端を折り込んでギザギザ状にしていました。
 その後、ブリキやトタンの雨どいは、サビ易いこと、それに、職人さんの後継者不足もあったのでしょうか、
「ナショナル雨どい」のような、工場で大量生産される、プラスチック製の雨どいを、ブリキ屋さんでも扱うようになり、取り付け工事だけを行っていました。
 ブラスチック製雨どいのメーカーは、ナショナルの「松下電工」と、セキスイ(当時は「積水化学工業」という社名だったと思います)の2社が大半でした。
 松下電工も「パナソニック電工」と、社名変更しましたから、今では「パナソニック雨どい」になっているのでしょうか。

投稿: 18まで西区民 | 2011年10月20日 (木) 19時44分

●18まで西区民さま
そうそう、うちに使われている雨どいも勿論“ナショナル”なんですが、それを取り付けてくれはったんは、やっぱり『板金屋』さんでした。同じ様なノリで、壁紙貼りもする左官屋さんがいると聞いたことがありますが…これは少ないでしょうね。
で、
>>板金を雨どいの形に曲げ、両端を折り込んでギザギザ状にしていました。

これ、懐かしいですね。何げにしか見ていませんでしたが、あの仕事もなかなか味わいあるものですね。
雨どいメーカーは、おっしゃる様にナショナル、セキスイほか、タキロンなどもあるみたいですが、ナショナル製がかなりのシェアを持っていると電工に勤める人が言ってはりました。
電工ももうじきパナソニックに完全集約されますね。ハイテクなもんから雨どい、床材、便器までパナソニック…何でもパナソニック、凄い会社やなと改めて思わされました。

デリカパン以外にもコメントを…有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年10月20日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/52591394

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 51 ● ナショナル雨とい:

« 激雨で真田幸村の抜け穴跡(?)から水噴出。 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 17 ● 奈良県平群町富貴畑 »