« 巨木、ぴったりブロック塀に収まる。 | トップページ | 今度は飛び出し小坊主か »

2011年8月25日 (木)

昭和なプラ看板 50 ● 大阪質屋協同組合“電話金融”

Denkin2 Denkin1
 劣化が進むプラ看板、夕日に照らされ赤み増し、ドラマチックでええ感じ。よく見ると『電話金融』の文字。黒いシルエット…これがまたなかせるなぁ。
 しかし何ですな、あの黒電話の受話器、あれってなんであないに重たかったんでしょうかね。中にオモリ入れてあるのとちゃうかというくらい重く感じたもんですが…まぁ「受話器置くと切れる」という構造上、一定の重さが必要やったんかもしれませんが、ねぇ。
 電話加入権の価値もめちゃ下がり、マルフクも廃業している現在、ほないったいいくらくらいで業者に買い取ってもらえるのか? 調べてみますれば500〜数千円程度とか。これではもう…質屋の担保にはならんでしょうなぁ。

(於:東大阪市)人気ブログランキングへ 『質屋』を“Quality Bank”と訳してる質屋さんあるけど…ちゃうんちゃう。

|

« 巨木、ぴったりブロック塀に収まる。 | トップページ | 今度は飛び出し小坊主か »

プラ看板」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

昨今の金融業界を考えれば、確かに町のQuality bankなのかもしれませんね。(なんちゃって)

ちなみに、質屋は”しちや”なのに、なぜか「ひち」と書いてある質屋を見かけます。ちょっと気になります。

投稿: 雀のお宿 | 2011年8月26日 (金) 00時17分

ダイヤル式の黒電話なつかしいです。ダイヤルの戻りがもどかしいので指に力を入れて戻すと違うところに電話が掛かったりしました。プッシュフォン式が登場したときには、SF映画をみているような気がしたモノです。

投稿: ファジー | 2011年8月26日 (金) 08時00分

 いやあ コリャまた懐かしい(笑) 

電話加入権…僕らが結婚した頃は高かったんですよ。
給料5万円位の時に電話引くのに確か7~8万掛かった記憶が(汗)。
故に重い黒電話様はカバーをかけて玄関に鎮座(大笑い)。

今は携帯だけですわ(汗)

投稿: 難波のやっちゃん   | 2011年8月26日 (金) 18時09分

 マルフク、黒電話レトロでんなあ。ホンマに黒電話の重さったらなかったですよね。それとコードが、なんかアホみたいになって、変な絡み方して収拾がつかんようになりました。そう思ったのは私だけでしょうか。アホげやなあ、私って。それにしても昭和って、ええなあ。

投稿: がんさん | 2011年8月26日 (金) 19時46分

●雀のお宿さま
ほんまや!質屋は“しちや”やのに『ひち』ですね!。
“痔”の『ぢ』、“頭痛”の『づつう』の『づ』も…って、ちょっと違いましたね。

●ファジーさま
ダイヤルの戻りが遅くてイラつく…あぁ、ラジ関の電リクに必死で電話していたあの頃を思い出しました。便利と引き換えに味わいを失った…そんな風にも思えますね。

●難波のやっちゃん  さま
ひぇ〜月給より高かったんですか加入権って。その上、その頃って、2年待ち、3年待ちって感じやなかったですか? 思えば“呼び出し電話”というコトバも…死語になりましたね。
ちなみに携帯電話ですが、私の時で10万円かかりました。それでも14万よりも安くなったと思ったもんです。それがのちのち1円になるとは…

●がんさんさま
受話器と本体と繋いであるコードのことですね。あれはいまだにグルグルぐちゃぐちゃになりますね。ま、それをどうしようもない状態までほっとけるか途中でねじれを取るか…これの個人差は大きいかと。とは言え時代は携帯電話であり子機の時代ですね。

皆さんコメント有り難うございました。
レスが激遅になりまして失礼致しました。

投稿: 山本龍造 | 2011年8月29日 (月) 08時34分

 成る程 Quality(質)Bankね…

“しち屋”でシチィ→City Bankなんてどうでしょう(汗)

ああ アメリカのんは“Citi Bank”ね…こっちの方がエエな(笑)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年7月24日 (水) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/52558632

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 50 ● 大阪質屋協同組合“電話金融”:

« 巨木、ぴったりブロック塀に収まる。 | トップページ | 今度は飛び出し小坊主か »