« 『生ビール蔵置所』 | トップページ | 『虹』、昨日18時50分玉造で東の空を見上げる。 »

2011年7月12日 (火)

生国魂神社の夏まつり 太鼓、神輿の巡行。

 昨日と今日は、生国魂神社の夏まつり。今は天王寺区は谷九あたりのあるこの神社、元々いま大阪城のある地にあったものが、秀吉に移転させられ、1585年に遷座したという歴史があるからか、その受け持ち範囲というのか…信仰圏がやたら北、即ち大阪城の方に長く、うちも生国魂さんの氏子になります。そんなわけで、まつりの午後になると神輿やこども太鼓から発せられる太鼓の音が町に響き渡ります。
Itmt1 Itmt2 Itmt3 Itmt4 Itmt5 Itmt6
 初日、宵宮にやってくるのが『枕太鼓』。暑い中担ぎ手も大変…ではなくご覧の通りトラックで街のあちこち移動しはります。いつ頃からこんなスタイルになったんか…風情ないなとも思いますが、時勢に合ったヤリ方でこれもええでしょう。
 それより…このトラックに「ははっ」な文字を発見。“車載専用車”と書かれてます。「そう言えば…トラックの荷台に人乗せて走ったらアカンのちゃう?」とか思いましたけど、「そうか、このトラックの荷台には神輿が載せてあって、それをだんじりよろしく“クルマ”と見立てて、その上に人が乗るからオッケ〜という解釈なんか」と思ったんですけど、どうでしょ?
Itkt1 Itkt2
 2日目の本祭、今年はあいにくの雨の中、こども太鼓などの祭列が町を隅々練り歩き。「よいしょ〜よいしょ」のかけ声が街中に響き渡ります。その声が「よいちょ〜よいちょ」と聞こえるところが何ともかわいい感じ♡。ご祝儀を出した家にだけ(?)玄関先で大阪締めの手打ちをしてもらえるのですが、その手打ちが、

 "うちましょ (パンパン) もうひとつせ〜 (パンパン)
  祝おうて三度(パンパンパン)
  めでたいな (パンパン) 本決まり (パンパン)"

と、“めでたいな(パンパン) 本決まり(パンパン)”という普段聞き慣れんフレーズが入っていて元々他所モンの私には「妙な感じ」。まぁ「“めでたいな”は、ま、祭りやしわかるけど、最後の“本決まり”の意味は何なん?」とずっと思ってましたが、調べてみますとこの五節からなる大阪締めの方が元々の形とか。北浜の米相場の取引成立に端を発しているそうで、だから“本決まり”なんですな。知らなんだ。けど…まつりには関係ない気もしますなぁ。
 農村部の近くに生まれ育った私には、まつりと言えば『秋まつり』でしたが、街では『夏まつり』なんですね。このことも当初はちょっと驚きでした。この時期になると市内あちこちの神社が街中にノボリを立てていて、その神社の信仰圏がわかって面白いもんです。しかしながら何ですなぁ、やっぱり生国魂さんは遠くて…氏子意識低いかも。あの神社もこの神社ももっと近いのに不思議な感じ。400年以上前の遷座前のしきたりが今も生きる…歴史あるところなんやなぁ上町台地って。夏が来る度にそう思います。

(於:中央区)人気ブログランキングへ マンション林立しても、変わらん世界があるもんや。

◆ 追 記 ◆

Inm11a Inm11b
 夜は生国魂さんへお参りに。ぎょーさんな人出な割に何とも涼しくて快適。昼間の雨のせいでしょうかね。で、その様子、テキ屋いっぱいで見ての通り昭和のまんま。この感じは…平成も23年になっても変わりませんなぁ。きっとこれからもこのまんまでしょうな。売っている食べ物の価格がちょっと昔より安めに設定されている様にも感じましたが…ちゃんと調べた訳ではありません。やっぱり…今はまつりとは言え、お金使いにシビアやもんね。

|

« 『生ビール蔵置所』 | トップページ | 『虹』、昨日18時50分玉造で東の空を見上げる。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

生国魂さんの氏子エリアは広くて驚かされます。職場のある内平野町にも廻ってきましたが、手打ちの最後のフレーズ聞き逃しました。あったかなあ? 昨日は雨の中ちょっと気の毒でした。

投稿: ファジー | 2011年7月13日 (水) 08時57分

ファジーさま
ですよね、ほんまに強力な勢力を誇っているって感じがします。中之島の南半分くらいまでそのエリアやという様な話を聞いた様な。
来年はふたつの最後の2フレーズもちょっと気にかけて聞いて見てくださいね。
コメント、いつも有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2011年7月13日 (水) 15時26分

こんばんは。
やっと昨日のことをブログの記事にしました。
大阪城の元宮で大阪締めが最後に行われたのですが、
この時に初めて、あれ?続きがある!と気づき驚きました。
ここまで動画を撮っておけばよかったと後悔しました(^-^;
このことで、こちらの記事にリンクをさせて頂きました。
お許しを頂くのが後からになって申し訳ありません。
いつか、夜の部を、夜店とともに楽しみに行きたいです。

投稿: | 2011年7月13日 (水) 19時42分

蓮さま
こんにちは。御ブログ、拝見拝読させて頂きました。
いやぁ、そうやったんかぁ。勉強になりましたわ。私なんか何も知らんも同然、はっきりと“氏子失格”ですわ。
興味片寄ることなく、何事にも興味持って接していかなあきませんね。
これからも私の知らん大阪を、色々お教え頂きます様、よろしくお願いします。
…って、ホンマにそう思ったもんで。
書き込み有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年7月14日 (木) 18時01分

お初です・・・
今はもう仕事の関係で広島にいてるんですが。。。

生玉の祭り!なつかしーーー
小学校中学校まで
写真にもあった太鼓にものってました。。。

生玉の夏祭りが夏が来たなぁーって幼いながらに思わせる出来事でしたね

そのほかにも懐かしい写真がいっぱいなんで以前からのぞいてましたがいてもたってもいられなく
コメントしてしまいました。。。。

今後も懐かしい写真をお願いします!

投稿: ryousuke | 2011年7月26日 (火) 23時27分

ryousukeさま
はじめまして。ようこそ拙ブログへ。
で、何ですか?!小中校生時代に、あの太鼓叩いてはったと!それはそれは…気分良かったことでしょうね。ということは…生粋の生国魂さんの『氏子』やと…わっはぁ、色々深いお話しを聞かせてほしいですわ。
広島での日々も楽しいことかと存じますが、こっち大阪の日々も気になることかと存じます。梅田や難波、阿倍野の今日的光景はなかなかお伝えできませんが、地味なネタと写真でお楽しみ頂ければさいわいです。これからも琴線に触れる写真や話題ありましたら、お気軽に書き込み頂ければさいわいです。
今後とも宜しくお願い致します。
初コメント、有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年7月27日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/52188404

この記事へのトラックバック一覧です: 生国魂神社の夏まつり 太鼓、神輿の巡行。:

« 『生ビール蔵置所』 | トップページ | 『虹』、昨日18時50分玉造で東の空を見上げる。 »