« 面格子風の犬矢来。 | トップページ | 防火水槽 53 ■ 守口市小春町1-1 »

2011年5月24日 (火)

宙組公演“美しき生涯/ルナロッサ”

 本日は久々の大劇場での観賞。「今日はえらい食堂の匂い漂ってるなぁ、酢豚っぽいで」とか思いつつ先へ進みますれば…いつもはキユーピーとか加美乃素の広告が入っているあのショーウインドに公演のポスターが飾られていました。
Window やはり自粛ムードがそうさせるのか、それとも不況が深刻化しているのでしょうか。てなこと思いつつ入場、そして席へ。「入りは?」と思い後ろを見ますれば…2階席ほとんど空席で…全体では5割5分の入りかなぁって感じ。前回の宙組公演でもそんな感じだったけど…ずっとこんな感じなのか、それともこれもやっぱり“自粛”ということで客入りが伸びないのか…ま、そんなこと思いながらの1幕目『美しき生涯』を。
 うむぅ、私が歴史に疎いからもひとつ心に響かんのかどうなんか…ま、それは想像におまかせするとしましょう。何かね、その、内容の割にスケール感がなくて入り込めませんでして。やや睡魔と戦いつつ観たその劇の筋書き自体もどっかで「…そーでっか」な風にしか感じられませんで…ま、私のお気に入り“大味”の北翔海莉さんがまだ3番手ということもあって見どころが少なかったというのもありますが、そうかと言ってトップ大空さん、新2番手凰稀さんが光っていたかというとそうでもなく…あ、酷評してるかも。やめましょう。
Lunarossa  で、2幕目のレビュー『ルナロッサ』。これはまぁ、「ええなぁタカラヅカやなぁ華やかやなぁ」と純粋に感じつつも、どっか新鮮に感じられなくて。それでも北翔さんの魅力がうまいこと引き出されていて満足満足。歌うこともなくステージ上で演ずるシーンでの存在感は「やっぱり北翔さんこそほんまもんや」と思いました。
 前2番手蘭寿とむさんの花組トップ就任で、北翔さんが2番手になると思っていたのに3番手のままなんは…何かわかった様な気もしました。それは…北翔さんの持つ圧倒的な存在感と上手さが大空さんを消しかねへんからかもなとか思いました。そういう意味では蘭寿とむさんの2番手は…なかなか上質な2番手さんでしたなぁ。
 ロケットも終わりフィナーレへ。北翔さん、いつもの通り口ぱくで「有り難う(ございます)」。やっぱりええなぁ。この人観ると元気が出るわ。やのに何やねん、背負ってる羽根のちっちゃいこと!。3番手やからしょうないとわかっていても、あのダイナミックな存在にしょぼい羽根は…似合いませんで。
 とかブツクサ思いつつのヅカ観劇でしたが「やっぱりええなぁ」と思いつつ阪急電車に揺られつつの爆睡。小林一三さんは、この“うたた寝”まで考えてはったんかなぁとか思いつつヨドバシへ。地デジ対応のテレビをえかげんに買わなと思いつつも電池売場へ。「相変わらず単1単2の電池って品薄なんや…」と現実に戻り…帰路についたのでした。

人気ブログランキングへ 震災直後に北翔バウホール公演『記者と皇帝』観劇。とても良かったですが記事は“自粛”。

|

« 面格子風の犬矢来。 | トップページ | 防火水槽 53 ■ 守口市小春町1-1 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

何十年かぶりに外部の脚本家に脚本を書いてもらった(「ふたりっ子」の大石静さん)ということで話題になっているんですが・・・あきませんかぁ?
ここのところ客の入りが相当悪いようで、いろいろ企画も考えているようですけど、宝塚もちょっと危機感をもたないとあかんのかもしれません。
北翔さんの三番手留任とかね、こういう人事面での???なところもファンは敏感に反応しますからね。やっぱり順当に出世していただきたいですよね。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年5月25日 (水) 02時33分

知りたかった北翔海莉さんの観劇レポありがとうございます。今回の奇妙な人事で彼女が傷つき、お芝居を観るのに切なくなるのは楽しくないかなあと迷いがあったのですが、ここに寄らせていただいてやはりチケットを取ろうと決心しました。私は宝塚を知って日が浅く、山口祐一郎が大好きで帝劇に通って10年あまり経ちます。ちょっとした事がきっかけで宙組を観劇し彼女を知り世界が広がりました。彼女の存在感、舞台に真摯に取り組む姿、そしてあの歌声♪惚れました。これからが本当に楽しみな女優さんです。東宝観劇ですが地震が落ち着いて無事に開幕することを祈っています。

投稿: yumiko | 2011年5月26日 (木) 06時22分

●ぽんぽこやまさま
そうなんですか、そんなに気合入れて作った出し物やとは思いません…いや、思えませんでしたが。
やっぱりここ最近、大劇場の入り、悪いんですね。なんや言うてもホイホイと観に行ける金額やないというのも理由としてあるとは思うんですが…100周年までになんとかしてもらわんとと思いますわ。私自身もホンマ言うと、徐々に興味失せてきてますから。
しかしながら…何でこんな不可解な人事異動をしはるんでしょうか。緞帳まで提供して応援してはる“加美乃素”さんも、この人事に怒ってショーウインド広告から撤退したんちゃうかと思ってしまいますわ。

●yumikoさま
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
ほんまにね、北翔さんの三番手留任という不可解な人事は「…まさか」な感じでした。この公演前にあった北翔さんのバウホール公演、あれを観たときに思いましてね。幹部から「あんたはこれで辛抱しときなさい」と言われた様な公演やなぁと。
大ホール公演なみの出演者数、大掛かりなセット組み…「もうこれでヤメてしまわはるんちゃうやろか?」と思わせるもんがありました。
それでも舞台上ではいつもにこやかで…もちろん本人を知らん訳ですが、彼女をみていると、ほんとyumikoさんが言われてはる様に「舞台に真摯に取り組む姿」が伝わってきますよね。
ま、現宙組トップの大空さんも“不可解人事”で長いこと3番手やらされていっとき「くさってはるんちゃう?」な時期もありましたけど、見事にトップになりはった訳ですし…北翔さんのトップ就任を楽しみにしておきましょう。

おふたりともコメントをありがとうございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年5月26日 (木) 10時26分

気合を入れても、人気脚本家を使っても(大石さんは大のヅカファンらしいですが)、やっぱり劇場を使いこなすというのは難しいんでしょうね。
ここしばらく「不可解な人事」もありますし、音楽学校の件もあったりして、以前から真面目に応援してきたファンがどんどん離れている気がします。
がんばっているスターさんが報われる人事にしてほしいものですよね。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年5月28日 (土) 14時45分

ぽんぽこやまさま
“不可解な人事”というのは…何なんでしょ?。“大人の都合”ですかね??。それとも、外部モンには解らんだけで、ちゃんと理由があるんでしょうかね?
ま、北翔さんを冷遇せんようにお願いしたいもんです。

投稿: 山本龍造 | 2011年5月30日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組公演“美しき生涯/ルナロッサ”:

« 面格子風の犬矢来。 | トップページ | 防火水槽 53 ■ 守口市小春町1-1 »