« らくちん社の『らくちん』 | トップページ | ソース 26 ▲ ヘルメス ウスターソース »

2011年5月29日 (日)

ビルの谷間で孤立する家屋。

 ビルがなくなったら…その向こうに朽ちかけの三階建て家屋がありました。
Potsun1 Potsun2
 「こんなところに…知らんかったなぁ」と思い、しばし眺めていましたが、ふと思ったのが「で、この手前の更地に再び建物できたら…どうなるんやろ?」ということ。そう思いながら向こう側の通りを見に行きますと、やっぱりと言うか何と!というか、この建物は通りに面していない上、そこへ行く路地すらありませんでした。googleの航空写真を見ても、やはり四方をビルに囲まれて孤立しています。壊すに壊せない、建て替えるに建て替えられないこの土地…こんな空間って割とあるのでしょうか。地上げに抵抗の末、こうなってしまったのだとすれば、何とも言えんモンがあります。

(於:中央区)人気ブログランキングへ ビル陰には、もっと色々何かありそうな気もしてきた。

|

« らくちん社の『らくちん』 | トップページ | ソース 26 ▲ ヘルメス ウスターソース »

大阪市中部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 ホンマや 龍造さん 何処から入るんやろう(笑)

大阪歴史博物館から東洋陶磁美術館へ向かってブラブラと歩いてたら在りました。
此の辺り ビル、マンション、駐車場と取り残された古家がポツポツと。
ところで此処の南の街区 変ってマッセ。1つのブロックの中に一部背割りが混在。
街をわかり易く・郵便の配達をし易く等の住居表示の当初の目的はドコへいったんやろう。

ホンマ 行政のする事は解らんわ(怒)

投稿: 難波のやっちゃん | 2011年5月31日 (火) 19時11分

難波のやっちゃんさま
ほんまあちこち彷徨ってはるんですね〜この写真に写る場所にたまたま遭遇しはるやなんて。
で、この様に通りに面してない土地の場合、他人の土地を行き来する権利があるとかいうことを、つきのたぬきさんが書いておられましたが…実際にはなかなか他人の土地を堂々とはできないですよね。
で、
>>つのブロックの中に一部背割りが混在。

ん?この辺って皆“背割り”やと思ってたんですがちゃうんですね?
地図を見ますれば“東高麗橋”と“大手通三”がそうなんですね。知りませんでした。このあたりは区画整理・町名変更が実施されんかったと思ってました。

また何か発見ありましたらよろしくお願いします。コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2011年6月 1日 (水) 18時37分

周りをビルに囲まれたら
鷹の爪団みたいな組織の秘密基地にしてしまおうよ

投稿: どぼん | 2011年6月14日 (火) 13時38分

どぼんさまはじめまして。
確かに何処からも確認されんとなると、その手もありですな。我がが子供やったら…やってますやろな。秘密基地…あぁ懐かしい感覚。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2011年6月15日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/51804011

この記事へのトラックバック一覧です: ビルの谷間で孤立する家屋。:

« らくちん社の『らくちん』 | トップページ | ソース 26 ▲ ヘルメス ウスターソース »