« 昭和なプラ看板 46 ● アイデアル折畳洋傘 | トップページ | “梁”残る空地。 »

2011年3月28日 (月)

なごむ落書き

Morido
 たいがいの落書きはうっとしいもんですけど、この落書きはね、何かええ感じに思えまして。めっちゃ上手い訳でもヘタな訳でもなく…その辺のバランスが見るモンを穏やかな気分にさせるんかなぁって、ま、「けしからん!」という感情をお持ちの方もいてはるでしょうけど。ここは淀川貨物駅へ行くための線路跡、盛土の持つ暖かさもまた、和ませられるなぁ。ただ、地震には脆いということらしいので…

(於:城東区)人気ブログランキングへ 夕やみに映える散髪屋のクルクルも味わいに花を添えてるなぁ

|

« 昭和なプラ看板 46 ● アイデアル折畳洋傘 | トップページ | “梁”残る空地。 »

何げな」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

落書き」カテゴリの記事

コメント

この壁にリアルなトンネルの絵を描けば、そのままスーッと吸い込まれてしまいそうな妄想が・・・。

落書きよりも、その横にある”散髪屋のクルクル”のほうが気になりました。

投稿: 雀のお宿 | 2011年3月29日 (火) 18時54分

こんばんは~♪

ホンマ、何やこう~ホンワカさせてくれまんなぁ~♪
しかし、やっぱ、散髪屋のクルクル・・・
気になりまんなぁ (*⌒m⌒*)ププッ♪

投稿: 啼兎 | 2011年3月30日 (水) 03時13分

●雀のお宿さま
ほんまですなぁ、それは吸い込まれそうに私も想像しますわ。あ、今思いついたんですが、ここをスクリーンにして映画上映したらもっと吸い込まれそうかも…って、小学生時分、校舎に白幕吊って上映会あったことを思い出したんですが。あれってどこの学校でもやってたのかなぁ。古い話でスンマセン。

●啼兎さま
何がホンワカなのか…の分析こそ無粋でしたね。で、何ですか、雀のお宿さんどうよう“クルクル”に気を取られると。やとしたら散髪屋さんの狙い大当たりですね。店自体はこの写真より右にあって、わざわざここに立ててはりましたし…

お二人ともコメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年3月30日 (水) 11時05分

校舎に白幕張って映画ですか。
当然どこでもやってます。
田舎ですから、子ども会主催で近所の公民館での映画会もそんなんでした。
「ちびまる子ちゃん」でもネタになってましたよ。風が吹いたら登場人物が揺れるっての。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年3月30日 (水) 15時11分

ぽんぽこやまさま
ははっ“当然”ですか。これはどうもどうも。しかしそれが全国的に普通やったとは知りませんでした。お教え頂き御礼です。

投稿: 山本龍造 | 2011年4月 1日 (金) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/51246093

この記事へのトラックバック一覧です: なごむ落書き:

« 昭和なプラ看板 46 ● アイデアル折畳洋傘 | トップページ | “梁”残る空地。 »