« 日本タクシー、“日本”だけ自粛か? 否々 | トップページ | コンクリ壁の白墨文字に神戸の地震思い出し、雑感。 »

2011年3月24日 (木)

ソース 23 ▲ ポパイ とんかつソース

Ps1 Ps2  先日行ったコノミヤ で見なれんソースを見つけました。“ポパイソース”…聞いたこともありません。ちょっとボトルの形状とラベルの持つ雰囲気がもひとつかもと思いつつも“赤ワインビネガーをブレンドして…”のフレーズに惹かれて購入、いつもの様に焼きそばにして食べてみました。
 トロミはやや弱めで澱粉っぽいプルンとした風に感じられます。味わいは、“赤ワインビネガー”の成せる技なのでしょうか、酸味が前面に出ている感じがします。奥行きというか、深みはあまり感じられません。その印象は色合いにも表れている様で、見ての通りかなり薄めの茶色です。
Ps3 次に焼きそばに使って味わってみました。写真の様に麺に絡めてもソースの色が全面的に支配することなく料理がキレイに仕上がりやや塩焼きそばの様な印象です。味わいもやはり「どやっ!」なこってりさはなく麺をはじめ、具材本来の味を引き出す様なおとなしい味わいでした。これは、化学調味料不使用の成せる技なのかもしれません。
 「ちょっと普段使うソースと勝手が違うなぁ」…それもそのはず、このソース、東京発祥で今は茨城県で造られるソースでした。味覚の文化の違いがソースにも現れているのでしょうかね。
 今回の大地震で茨城県もとんでもないことになってる訳で、このソース会社も大丈夫なのか少し心配です。たとえ社屋が大丈夫でも、放射能汚染のことがこれから深刻化する可能性もあるわけで…農業だけでなく、食品産業も先が見えない状況なのかと思うと、心が痛みます。茨城から遠く離れた大阪のスーパ−で縁あって大震災後に出会った茨城のポパイソース、こころして使わせてもらうことにしよ。

名称:濃厚ソース 原材料名:醸造酢、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、野菜・果実(トマト、りんご、タマネギ)、食塩、でん粉、香辛料、カラメル色素、酸味料 製造者:ポパイ食品工業株式会社 茨城県筑西市宮後19-16

人気ブログランキングへ ある意味“淡口醤油”の様なポジションのソースとも言えるかも。

|

« 日本タクシー、“日本”だけ自粛か? 否々 | トップページ | コンクリ壁の白墨文字に神戸の地震思い出し、雑感。 »

ソース」カテゴリの記事

コメント

コノミヤ、こちらにもできたので一回行って探してみます。

関東方面の地ソースってあまりこちらでは見かけませんね。おっしゃるとおりやはり味覚の違いがあるからでしょうか。

茨城はあまり報道されてませんが、かなりの被害が出ていますよね。茨城のソースを買うのも支援のうちかもしれません。

投稿: ぽんぽこやま | 2011年3月25日 (金) 02時11分

ぽんぽこやまさま
放射能汚染のこともやっぱり正味の話、気になるものがありまして。…福島あたりの農産物を避ける国民の気持ちもわからんことはありません。
大打撃を受けている自治体が多いということもあって茨城県や千葉県のことはあまり報道されてませんが、ここらも大変な日々を送っておられる様ですね。
御当地もんの特産品を買うことも復興支援のひとつのあり方かと思いますので、ここのソースをはじめ、いろいろ買いたいなと思っています。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2011年3月25日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソース 23 ▲ ポパイ とんかつソース:

« 日本タクシー、“日本”だけ自粛か? 否々 | トップページ | コンクリ壁の白墨文字に神戸の地震思い出し、雑感。 »