« 防火水槽 45 ■ 東住吉区針中野1-4-19 | トップページ | 2010年もお世話になりました。 »

2010年12月30日 (木)

古都にできた広大な更地

Kt1 Kt2
 京都市繊維技術センターが取り壊されて、古都の市中に広大な更地になりつつあり、ちょっと不思議な景色になっててええ感じ。
 ここに同志社大が新校舎を建設して京田辺とここに分かれていたキャンパスを2013年から集約するとか…って、京田辺キャンパスはどないなるんでしょうかね。まぁ、大学は市中にあるべきやと思いますわ。少子化時代となってはなおのことでしょう。思えば…自分も市中の大学へ通いたかったなぁ。

(於:京都市上京区)人気ブログランキングへ ここにはええ桜が植わっていたのになぁ…

|

« 防火水槽 45 ■ 東住吉区針中野1-4-19 | トップページ | 2010年もお世話になりました。 »

京都ネタ」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

大学って、やっぱり京大の時計台のようなシンボリックな建物がほしいですね。
あとは少々使い勝手が悪くても歴史を感じさせる校舎とか。
そういう意味では同志社の今出川キャンパスなんてすごくいいんですけどね。
うちの大学もあんまりそういう校舎はなかったです。

一年間どうでもいいような「茶々」を入れまくりでした。お相手どうもありがとうでした。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年12月31日 (金) 13時47分

ぽんぽこやまさま
そうですね、やっぱり大学って“歴史”ですよ。そう言う意味では新興の大学にそんなん求めても仕方ない訳で…つまるところ「もっとマジメに勉強して“名門”を目指すべきやったなぁ」とか思ったりもするんです。ないもんねだりかなぁ。

ホンマにあんなネタにもこんなネタにも食いついてくれはりましてとっても感謝です。時間的余裕ありましたら、これからもお付き合いのほどよろしゅうです。

ほんといつもコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2011年1月 1日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/50447844

この記事へのトラックバック一覧です: 古都にできた広大な更地:

« 防火水槽 45 ■ 東住吉区針中野1-4-19 | トップページ | 2010年もお世話になりました。 »