« ソース 20 ▲ 大黒フルーツソース | トップページ | 火山の田善…読めん。 »

2010年11月 6日 (土)

京のカメレオン町名看板…

Doko1aDoko2a
 京の町名看板と言えば、“仁丹”が定番ですけど、どうも違うバージョンがご覧の通りさっぱり読めん状態になっています。ま、サビ錆になってる町名看板も時折見かけますが、ここまでサビ錆になってしもてるのは…はじめてですなぁ。
…とか思いながらよく現場を見ますれば、この焼き杉板っぽい外壁、木目を印刷したブリキ板でではないですか。
 ってことは、昔からこんな風情やった訳ではないということですが…ここに改めて設置してからこんな風に劣化したのか、すでに劣化してたのをここに掲げたのか…‥・。何となく後者の理由を想うのですが、それってよそモンの京都人に対するイメージですかね。しかしながら、何とも溶け込みすぎてますなぁ。

(於:京都市上京区下柳原南半町人気ブログランキングへ 看板には“上ル・入ル”表記の住所が書かれている様。

|

« ソース 20 ▲ 大黒フルーツソース | トップページ | 火山の田善…読めん。 »

京都ネタ」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

 こういうのをワビサビって言うのか?

投稿:  仁 | 2010年11月 7日 (日) 11時56分

この町名板は、ずっと以前からここに貼られていたのでしょうが、外壁の改装時に除去せずに再び掲げられたのでしょうね。京都人の生真面目さや行政(お上)に対する気配りを感じさせる逸品です。

投稿: ファジー | 2010年11月 8日 (月) 09時58分

● 仁さま
そう言えば表千家裏千家の庵あたりやったのでワビサビかも…って、いやいやただのサビサビでしょう。

●ファジーさま
お上に対する気配りと…なるほどです。京都人の真面目さは、いわゆる“真面目”とは、違う気もしますが、どうでしょうか?

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年11月 8日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49956018

この記事へのトラックバック一覧です: 京のカメレオン町名看板…:

« ソース 20 ▲ 大黒フルーツソース | トップページ | 火山の田善…読めん。 »