« 土壁と枯れ樹木… | トップページ | 質素な元・理髪店。 »

2010年11月15日 (月)

このバス停、分不相応やろ。

Basutei1 Basutei2
 ご覧の通り、1時間に1本、1日計8本しか発着せんバス停やのに、こんな立派なモンに作り替えられてまっせ。赤字の大阪市営交通でこんなアホなことが許されるんかいな…って思ったけど、このどデカイ看板の広告収入考えたら、工事にお金かかっても儲かるってことなんかなぁ。何とも釈然とせんのやけど。

(於:中央区)人気ブログランキングへ イスもない“のりば”と記した棒1本みたいなバス停がこんなもんに…

|

« 土壁と枯れ樹木… | トップページ | 質素な元・理髪店。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

ムダ使いもええとこですねぇ。
広告収入頼りなら、大きな看板一つで足りると思うんですが。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年11月16日 (火) 01時48分

昔の6Pチーズみたいなバス停表示が懐かしいですね。
http://photozou.jp/photo/show/437552/57070217

このデカイ広告、最近あちこちのバス停で見受けられるようになりましたが、ちょっと気になります。派手な広告だと町並みから浮いて異様に感じることがあります。

投稿: ファジー | 2010年11月16日 (火) 07時22分

●ぽんぽこやまさま
ですよね。
でね、このバス停セット、ひょっとしたら大阪市が設置してるのではなくて、広告代理店が設置してるのかもという気がしてきました。街のAEDの装置を、広告収入でまかなってるのと同じ様な。
また調べてみます。

●ファジーさま
バス通学してはったんですか…昔からの大阪人なんですね。で、
確かにこのデカイ広告、景観を壊してるかもですね。パリとかではよく見かけたスタイルに思うのですが。
「景観に配慮」と言えば、昔のバスとか鉄道車両のカラーリングは、景観に溶け込む様な配色を心がけていたと昔、講義できいたことがありましたが、今のは…。まぁ、時代変われば考え方も変わるわけでそれでええんでしょうけど。それでも今の近鉄バスのカラーリングは、何年経っても好きにはなれませんです。

お二人様、コメントいつもありがとうございます。

投稿: 山本龍造 | 2010年11月17日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/50038366

この記事へのトラックバック一覧です: このバス停、分不相応やろ。:

« 土壁と枯れ樹木… | トップページ | 質素な元・理髪店。 »