« 但馬牛まつり内“酒まつり”へ | トップページ | 続・瀬戸内国際芸術祭2010 »

2010年9月27日 (月)

“宇高国道フェリー”で高松へ

Utaka2Utaka1
 今回も“とことん船旅”。但馬で一泊のあと、岡山県は宇野港へ向かいました。“宇高国道フェリー”…昔ラジオのCMでよく耳にしたこのフェリー、高速料金割引の余波を受け、四国フェリーとともに3月26日で廃止と2月に発表したものの、何とか“暫定措置”として運航を続けているという…厳しい状況の航路のひとつであります。
Utaka4 Utaka3 Utaka5
 ちょっとひと気がなくて寂しげな待合室の片隅で見つけたのがこれ。“うた”というネコの家…ですが姿見えず。「おでかけ中 また来てね♪」かぁ。「ブログをしています♪」のコトバに誘われ調べれば“うた”というとてもなごめるええブログが。そこを見る限り、何とも言えん普通で素朴な感じのええネコで…会いたかったなぁ。そのブログ、更新が1ヶ月ほど滞っていて…ちょっと心配。
 フェリーであるにもかかわらず、この航路、何とETC割引を導入して頑張ってはります。もちろん我々もこれを使って乗船。クルマでしばし順番待ちをしていますと魚の行商をしてはる人と思われる自転車が乗り込んで行きました。瀬戸大橋+電車、バスでは…こうはいかんですね。
Utaka6Utaka7a
 クルマで乗り入れ、客室に入りますと、乗客が思っていた以上に少なく「…」。中央部に位置する売店ではうどんが売られていて「いよいよ讃岐に近づいてきたな」って感じで一杯つるつる。冷凍讃岐うどんのそれは、うん、普通にとっても美味しかったです。売れたのは我々の食した1杯のみ…でした。
Utaka8 Utaka9
 65分かけてフェリーは高松港へ進みます。確か、昔ラジオのCMでは「宇野〜高松を55分」と言ってた記憶があるんですが…。速度を落として燃料費を抑えているのか、単なる記憶違いか。ま、楽しい船旅、思っていたより10分もたくさん味わえて、ええんですけどもね。
 そんなこと思いながら船内の別スペースに行きますと、船員さんが船内の清掃をされていました。写真は金属部分をピカピカに磨いてはるところです。社員総出でこの航路を維持しようと懸命になってはるんでしょうね。
 曇り空も手伝ってちょっと湿った気分になってしまいました。何とか利潤出るかたちで存続できんもんでしょうか。他所モンながら、瀬戸内の風物詩のひとつとして残ってほしいと強く思ったのでした。

(於:宇野港〜高松港)人気ブログランキングへ 電気代も節約か、高松港のネオン広告、夜になっても暗いまま。

|

« 但馬牛まつり内“酒まつり”へ | トップページ | 続・瀬戸内国際芸術祭2010 »

旅、観光」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

瀬戸大橋が出来るまであった宇高連絡船にもうどん屋があって、それはおいしかったそうです。フェリー、残して欲しいですね。

猫のうたちゃん、こういう猫はなんともええ感じですね。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年10月 1日 (金) 20時17分

ぽんぽこやまさま
“宇高連絡船のうどん屋”の話、私もどっかで耳にした記憶がありますね。本当、何とか利潤の出る形で残ってほしいものです。
で、見にいかれました?うたちゃんのブログ『うた』。うたの姿といい、記事の緩さといい…なかなかええブログやと思いました。更新してほしいもんです。
自分に害を及ぼすネコは嫌いですが…結構好きかも、ネコ。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年10月 4日 (月) 10時40分

見てきました>「うた」。
こういうネコとか、たま駅長とかなら好きです。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年10月 4日 (月) 18時21分

ぽんぽこやまさま
見るからに「可愛いっ!!」って風情じゃないところが、いいでしょ!。駅長たまも、何とも言えん「かわいないけど、そこが可愛い」って感じ、私も好きですね…って、リアルでまだ見たことないのですが。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年10月 4日 (月) 23時31分

web shop たいやんきー open
http://sea-dream.jp

夜露死苦!!
 コラボ募集中  ブログも完成

投稿: たいやんきー(大安吉日) | 2011年2月20日 (日) 08時43分

快適。宇高国道フェリー。
北欧調のサロンで美しい瀬戸の旅。
宇高国道フェリーは宇野⇔高松を55分。
待たずに乗れる海のハイウェイ。
宇高国道フェリー。
宇高国道フェリー。

そうです。
今、聞き直してみたら確かに55分です。

宇高国道フェリーは瀬戸大橋と\1,000高速の影響で、
とうの昔に無くなってしまったと思ってましたが、
まだ健在なんですね。

ホントに無くなってしまう前に乗りたいんですが、
現在、入院中なんで不可能です。

明石のたこフェリーは廃路になってしまって残念です。

投稿: わい | 2011年6月 8日 (水) 10時22分

わいさま
うわっ、宇高国道フェリーのCMコピー、全部書き出してくれてはりますね、有り難うございます。
そうそう、こんなんでした。youtubeか何かにアップされているのでしょうか?それとも自ら録音されていたとか?

>>北欧調のサロンで美しい瀬戸の旅。

これは…ほんまに忘れてましたが確かに言ってましたね。乗った後では「どこが北欧調やったんやろ?」ですが。

高速上限1000円撤廃できっと息を吹き返してくれることでしょうから大丈夫、退院されたらぜひ乗りにいってみてくださいね。陰ながら、1日もはやい回復を願っております。

しかしなんですね。廃止が決まったたこフェリー、「3月には復活へ」という話も立ち消えになってしまって…地元民はどうしてはるんでしょうかね。気になるところです。

コメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年6月 9日 (木) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49608463

この記事へのトラックバック一覧です: “宇高国道フェリー”で高松へ:

« 但馬牛まつり内“酒まつり”へ | トップページ | 続・瀬戸内国際芸術祭2010 »