« お行儀よき人々とイヌ2匹。 | トップページ | 月組公演“ジプシー男爵/Rhapsodic Moon” »

2010年9月14日 (火)

ソース 19 ▲ 羽車ウスター・熟成ソース

Haguruma Haguruma3  “熟成”の文字、パッケージの見た目からして、ちょっといわゆる“地ソース”の範疇に入らない風情の羽車ウスター、今回は“ソースカツ丼”に使って試してみました。
 まずは、そのままで。前回のブラザーソースと比較した結果、ま、ひとことで言えば「大人なソースやなぁ」って感じ。スパイスのよく効いたシャープな味わい。酸味が前に出ることのなく、旨味がそこそこ感じられるのに、ドライな印象が残ります。こう書けばどこか「馴染めないのか?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。沈殿物もそこそこあって、自然なとろみも心地よく…レッテルのイメージ通りの本格派っぽいソースです。ある種“男のソース”って感じ?って、何が“男の”やねん。
Haguruma2 で、次にカツとキャベツにかけて食してみますと、揚げモンの香ばしさとええハーモニーを…って、大体、どこのウスターでもそうですわな。グレードは違うと思いますけど、ここハグルマのウスター、「2度づけおことわり」で知られる新世界はジャンジャン横丁の有名な串カツ店2店でも使われているみたいで、ここのソース瓶を確認しています。ま、そのまま使ってるのかどうかは、解りませんが。
 今は和歌山県下に工場を置くハグルマ。元々は大阪南区に生まれ、戦後堺で発展した会社みたいですから、これはやはり“大阪のソース”といえるでしょう。“JAS特級”と王道を行く大阪ゆかりのソース、今度はここの業務用を試してみたいと思います。ま、そのうち見つけることができたらの話ですが。

名称:ウスターソース 原材料名:野菜・果実(トマト、りんご、たまねぎ、その他)、醸造酢、砂糖、食塩、香辛料、たんぱく加水分解物、カラメル色素、調味料(アミノ酸) 製造者:ハグルマ株式会社 和歌山県紀の川市西三谷…

人気ブログランキングへ この“熟成”の2文字、カゴメが“醸熟”、イカリが“熟味”を名乗り始めたときの名残りでは?。

|

« お行儀よき人々とイヌ2匹。 | トップページ | 月組公演“ジプシー男爵/Rhapsodic Moon” »

ソース」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

南海本線や阪堺線に、いろいろと広告出てましたね。
泉大宮のホームのベンチには、今でもあると思いますよ。

投稿: ファジー | 2010年9月14日 (火) 14時33分

ファジーさまこんにちは。
そうですね、南海本線で何度か目にしたことありますね。あと、堺あたり、車窓からやはり“ハグルマ”の広告が見えます。元本社かもしれません。
で、何故か京阪電車のベンチにもここの広告入ってるのを見たことがありますが、今もあると思いますが。
今度“羽車とんかつ”の回で、広告ベンチのこと、それと社章の紹介したいと思います。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年9月15日 (水) 10時02分

やはりウスターソースは男のロマンですな。

「ドライな印象」ってのに惹かれます。
見つけたら即購入リストに入れておきます〜!

投稿: Bassman | 2010年9月15日 (水) 10時29分

Bassmanさま
そうそう「ウスターソースは男のロマンやっ」…って、何となくですが、絶対そうですわ。
この“ドライな印象”の表現が正しいのか否かってのがちょっと書いてから気になってたんですが…。決して“うすっぺらい”ではないのでご理解よろしくお願い致します。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年9月15日 (水) 10時39分

会社が合併したりしたんですかね。
それでも昔からの「羽車」のロゴもブランドも残っていて、泉州人としては嬉しいものです。
ファジーさんの仰るとおり、南海本線の駅のベンチでよく広告見かけますね。
それだけによけいに「泉州」と結びつくのかなと。
京阪では見た記憶はないです。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年9月15日 (水) 18時48分

ぽんぽこやまさま
この社、昔に“三ツ矢ソース”と合同してはりますね。「羽車」マークは、当時の南海電車社長から「うちのマークと使うたらよろしい」とのひと言で決まったとかが、社のHPに記されてました。
その辺のことは、また“羽車とんかつ”の回で改めて記すこととします。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年9月16日 (木) 10時37分

ハグルマ製品は、僕は、「ごまだれ」を愛用。

化学調味料を使っていないので、味はサイコー!

保存料も甘味料も使っていないので、安心でおます。

投稿: Anthony | 2010年9月16日 (木) 19時23分

Anthonyさま
ハグルマの「ごまだれ」、化調も保存料甘味料も使うてへん商品を出してはるとなると、ここはもう完全にいわゆる“地ソースメーカー”とは別モンですな。
一度味わったことある気はしてるんですが記憶定かではなく…今度、また気合いれて食してみますわ。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年9月17日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49443994

この記事へのトラックバック一覧です: ソース 19 ▲ 羽車ウスター・熟成ソース:

« お行儀よき人々とイヌ2匹。 | トップページ | 月組公演“ジプシー男爵/Rhapsodic Moon” »