« 江州音頭が夜空に響く暑い夏の終わり | トップページ | そうなんやけど、堂々と言われると、苦しい。 »

2010年8月29日 (日)

スペィシーな銅板壁面

Doban1 Doban2
 空堀あたりの民家の壁面、銅板にホコリがのったりの経年変化か、スペィシーな世界をまるでエアブラシで描いたかの様な美しい状態になています。
 この手の仕様、何げに今まで見てましたけど、類焼から身(建物)を守るためのモンなんやそうですね。木造でも木材を表に出さない…木造モルタルというのも、同じ考えの元に考案された工法なのかも、とか思いましたが、知りません。

(於:中央区)人気ブログランキングへ 昨日再結集。“バスの車掌さん”ふたたび。なんのこっちゃ。

|

« 江州音頭が夜空に響く暑い夏の終わり | トップページ | そうなんやけど、堂々と言われると、苦しい。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49286809

この記事へのトラックバック一覧です: スペィシーな銅板壁面:

« 江州音頭が夜空に響く暑い夏の終わり | トップページ | そうなんやけど、堂々と言われると、苦しい。 »