« 南船場の梅雨景色。 | トップページ | 高圧線の鉄柱が、道路上ど真ん中にある。 »

2010年7月13日 (火)

行き先不明でやって来た市バス…怪しっ

Shiromaku1 Shiromaku2 Shiromaku3 今夜、『高倉町3丁目』で市バス待ってて「まぁ、まだ来んなぁ」と思ってたら怪しげな暗いバス登場。「“回送”の表示もないけど、何なん?」と思っていたら、降車口(前扉)が開いて「代走車両で医療センターまで行きます」みたいなこと運転手さん言わはるから乗ってみた。「次のバス停はどこかいな?」と電光表示を見れば『白幕』の文字。白幕って…外は真っ暗な表示やったけどなぁ。
 てなこと思いつつ「ふふ、レアなバス乗れたわ」と思いつつ地下鉄都島駅前で下車。やっぱり真っ暗な怪しいバスのまま次へ向かう…ええ感じやわぁ。
 ま、運行上何らかのトラブルがあって増便したバスに乗ったってことでしょうけど、夜と言うこともあって、何か「これホンマもんなん?」な怪しさ倍増。短い短いミステリーツアーを楽しんできました。
 しかし何ですね、やっぱりバスの行先表示は、発光ダイオードより、幕のヤツの方が味わいありますね。で、最終バスはやっぱりその幕が暗い赤でぼんやりと点いてないとね。ま、時代の流れですから、仕方ない話でしょうけれども。さ、今のうちにアナログな幕のヤツ、いろいろ見とこ。

(於:都島区) 人気ブログランキングへ 昔、終バスの1本前は“暗い緑”で、ぼんやり…だった気がしますが…記憶違い?

|

« 南船場の梅雨景色。 | トップページ | 高圧線の鉄柱が、道路上ど真ん中にある。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

コメント

へぇ、何も表示しないときは「白幕」なんて表示するんですか・・・ちょっと考えないと分からないですよ。
白髪橋があるんですから「白幕」というバス停あったかな?なんて思います。

ところで、あのぼやっとした最終“赤バス”の灯し火・・・何とも侘しくて風情がありましたね。確か市電も同じだったと記憶しています。
午後8時半頃そんなバスに出会うと、やけに早い終バスだななんて行き先見ると、第三突堤行きだったりして・・・仕方ないか・・・なんて納得したりしてましたね。

投稿: ファジー | 2010年7月13日 (火) 22時42分

無事、現世に戻ってこられたようで安心しました(笑)

投稿: Bassman | 2010年7月14日 (水) 09時26分

●ファジーさま
私も初めて見た表示でした、白幕。ま、実態は“黒幕”でして、でも“黒幕”では意味が違ってきて、これの方がオモロいんですけどね。
で、やっぱりファジーさんも『最終“赤バス”の灯し火』にグッとくるもんを感じはりますか!。何とも言えん、独特の侘しさが…たまりませんね。
どこ行きのか忘れましたけど、夕刻、まだ明るい中を赤い幕のバスが走行しているのを見たことがあります。第3突堤同様「どんなとこ行くヤツなんやろ?」な感じでしたね。LED化は仕方ないのでしょうけど、せめて、阪急電車の新型みたいに、オレンジ色だけではない、赤も緑も白も出るヤツにしてほしいと思います。

●Bassmanさま
そうか…現世にいるつもりでこれ記してますけど、ひょっとしたら現世そっくりの異空間にいま居るのかも…な訳ないない。
“夜”って、そんな想像をかき立てる空気が漂っていて楽しいとか思いました。

ファジーさんもBassmanさんもコメントを有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月14日 (水) 10時27分

本物の白幕を出さないからって「白幕」って書かんでも、って思うのはヤボですよね。

しかしまあ、レアな体験をなされたことで。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年7月15日 (木) 14時35分

ぽんぽこやまさま
う〜ん、ちょっと違うかも。
外の行先表示はLEDなんですが、表示されていなかったのですよ。LEDですから、そもそも“白幕”というモンがありませんでして…はい。
ま、レア体験には違いないわけで、良かったヨカッタ。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月15日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/48870571

この記事へのトラックバック一覧です: 行き先不明でやって来た市バス…怪しっ:

« 南船場の梅雨景色。 | トップページ | 高圧線の鉄柱が、道路上ど真ん中にある。 »