« 昭和なプラ看板 42 ● 三菱重工パッケージエアコン | トップページ | どやっ!とモービル風独立系 »

2010年7月30日 (金)

古都の小屋風自販機

Tsukiyomi 先の“キリンと近大の産学協同自販機”には、何とも“産学協同ですねん”だけで終わってる感漂う中途半端なモンでしたが、それに対し、びんみんさんより「だんじり自販機というものがある」(氏のブログ内記事「古市のだんじり」)とコメント頂きました。なかなかだんじりな町に合いそうな心躍るデザインのヤツでして…で、この自販機のことを思い出しました。
 ご覧の様に「徹底的に環境に配慮してますえぇ」な構え。結構本格的っぽい屋根付の小屋に覆われ、その環境にじつに溶け込んで…るか?。気合入りすぎて余計目立ってるかも。
 いや、それは穿った見方ですな。ここは京都、松尾大社近くの月読神社。そんなメジャーな観光地ではない(と思う)ところでひっそりとこういうことをして…伊藤園さんもなかなか粋(すい)な会社やことで。

(於:京都市西京区)人気ブログランキングへ 空き缶入れにもひと工夫ほしかったかも

|

« 昭和なプラ看板 42 ● 三菱重工パッケージエアコン | トップページ | どやっ!とモービル風独立系 »

京都ネタ」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

ここの自販機にお金を入れたら「おみくじ」が出てきそうな気がします。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年7月31日 (土) 11時57分

記事でのご紹介ありがとうございます。
あれあれ?と思いました。
京都らしい環境配慮型の自販機ですね。
屋根の葺き方も多少近い、かな。

投稿: びんみん | 2010年7月31日 (土) 23時53分

●ぽんぽこやまさま
ほんまや!、そんな雰囲気がこの自販機にはありますね。
これは伊藤園さんにおみくじ付き缶飲料を作ってもらいましょう…って、そんな商品、もうすでにありましたっけ?

●びんみんさま
御ブログのだんじり自販機に触発され、お蔵入り寸前のネタを出してきました、って、まぁその、ネタ切れ寸前という理由も…ですが。
きっとあちこちに存在するんやないかと思っています。

おふたりともコメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年8月 2日 (月) 23時06分

そうですねぇ、思い切って「おみくじつき缶飲料」というよりは「お~いお茶」の缶そのものに大きく「大吉」とか「小吉」とか「凶」とか書いてもらうってのはどうかと・・・。

たまに「はずれ」とか書かれた空っぽの缶が出てきたら・・・やっぱりイヤですよねぇ。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年8月 4日 (水) 02時19分

ま、マジックで書いてあったら、なおオモロいかもですね。
コメントおおきにぽんさん。

投稿: 山本龍造 | 2010年8月 9日 (月) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49016446

この記事へのトラックバック一覧です: 古都の小屋風自販機:

« 昭和なプラ看板 42 ● 三菱重工パッケージエアコン | トップページ | どやっ!とモービル風独立系 »