« 府営 寺山住宅 | トップページ | 『ゴミ捨110番』 »

2010年7月 4日 (日)

廃屋とサラ金看板。

Loans Loans1 「何で?」って思うくらい廃屋にはサラ金系の看板が見られます。
 この手の看板、経年変化で生じる建物自体の味わい、そして哀れみを、見事に引き立てているとも言えますが、そういった情緒的な気分に浸っている鑑賞者をグッと現実に引き戻すという…スパイス的(?)役割も果たしている様にも思えてきました。
 ま、世の中あれこれ渾然一体ってことですかね。

(於:生野区)人気ブログランキングへ セイタカアワダチソウの存在も…色々思うなぁ。

|

« 府営 寺山住宅 | トップページ | 『ゴミ捨110番』 »

大阪市東部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

路上観察」カテゴリの記事

コメント

先日、和泉市でこの手の広告で埋め尽くされた家屋を見つけました。見つめていると広告主へ電話しなければならないような強迫観念にかられましたhappy02

投稿: ファジー | 2010年7月 5日 (月) 12時43分

いつも楽しませてもらっています。ひとつ気になったのですが、真ん中の小さな窓ですが、ひょっとして小窓が開くのでしょうか。もしそうなら珍しいかも。

投稿: つきのたぬき | 2010年7月 6日 (火) 06時56分

●ファジーさま
広告主に電話せんならん気分に…さ、どこの事業者にかけましょう?
この手の看板見て電話しはる人にとって、数ある中から「ここ!」っとなる決め手は何なんでしょうか…そっちが気になってきました。

●つきのたぬきさま
さすがは目の付けどころがちゃいますねー。
で、何ですか?開くか開かんか…ですか?
言われてみまして改めて写真見ますと…これは開閉不能の様に思いますが、如何でしょう?
…ってことは珍しくないということですね。
追記:“たぬきのまちさがし/大型装置産業の浮沈 メモ”、興味深く拝読させて頂きました。納得です。

おふたりさま、コメント付けて頂き有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月 6日 (火) 22時10分

いやぁ、ファジーさんが見かけられた家屋ってどのへんにありますんやろ。泉州人としては気になります。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年7月14日 (水) 12時12分

「いかにも泉州っぽい廃屋やで」なヤツ、見つけてくださいね、ぽんぽこやまさま。
で、どんなんを指すのかな?「泉州っぽい」って。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月14日 (水) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/48802348

この記事へのトラックバック一覧です: 廃屋とサラ金看板。:

« 府営 寺山住宅 | トップページ | 『ゴミ捨110番』 »