« スーパ−玉出、チラシのティッシュにフタがない… | トップページ | 昭和なプラ看板 41 ● 全国理容環境衛生同業組合連合会 »

2010年7月 7日 (水)

平成OSAKA天の川伝説2010

Inoriboshi1 人の集まらんとこ専門みたいな拙ブログですが今日は別。「川に光の玉をいっぱい流して“天の川”」っていうイベントが七夕の夜にあるということをルイスさんの大阪市の北区をグルグル巡るブログで知ったので「雨もやんだし、行ってみよ」と八軒屋浜から淀屋橋あたりまで歩いてこの催しを楽しんできました。
 このイベント、正式には『平成OSAKA天の川伝説2010』というもの。“光の玉”、正しくは『いのり星』という名で発光ダイオードで輝いているそうです。ひとつ1,000円で願いを込めて流すというスタイルのこの玉、50,000個を流したそうで「すごいキレイやなぁ」と思って見ていたのですが、横にいたハタチくらいの兄ちゃん「なんや、一面光ってるんとちゃうんか…」とがっかりモード。ねぇ、そんなん、一面光ってたら…どうかなぁ。
Inoriboshi2 Inoriboshi3
 ええ感じで青色LEDが光りながら大川を流れます。青色のLED…この夜を彩るこの光の玉も日亜化学と当時社員だった中村修二氏の開発成功があってのことやねんなぁとかあれこれ思いつつ下流へ。あ、この玉自体は、パナソニック/パナソニック電工製みたいです。
Inoriboshi4 Inoriboshi5
 天満橋を過ぎたあたりから、岸に打ち上げられた玉などの引き上げが徐々に行われていました。最後はどこまで流れていくのかと思っていましたら、淀屋橋あたりでオイルフェンスの様な浮きをしかけて一網打尽…のはずが、そこに観光船がやってきてその目論見がパーに。作業船と観光船、それぞれの乗組員が言い合いになってました。それより、取り損ねた玉はどこまで流れたんでしょうかね。
 小さい船での引き上げられた玉を見ると、何となくホタルイカの漁みたい…って、ホンマもんの漁、見たことないんですが。
 とまぁ、見た目にも涼しげで心地よい、水都らしいイベントでした。こんな良いイベントが、主催ではないことにちょっと驚きました。さすが大阪、民衆のチカラ…とか思いましたが、どうなんでしょ。
Inoriboshi6 Inoriboshi7 Inoriboshi8
 この日は、写真の様に看板を消灯しているお店が時々ありました。最初は「故障か?」とも思いましたが、これはきっとこのイベントに賛同しているのでしょう。調べればこれ、大阪市が推進するライトダウンキャンペーンの一環とか。それにしては賛同するお店が…少ないなぁ。もうちょっとを消灯するお店が増えると、街のイメージもコロッと変わって面白いのになぁ。
 たまにはやっぱり人が集まるところにも出向いてみるもんやなぁと思う一夜でした。ま、すぐにそのことは忘れてしまうでしょう、きっと。Inoriboshi9

 (於:中央区、北区)人気ブログランキングへ デジタルで夜景…ラクやなぁ。
 

 

|

« スーパ−玉出、チラシのティッシュにフタがない… | トップページ | 昭和なプラ看板 41 ● 全国理容環境衛生同業組合連合会 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

私は、昨年見学しました。
http://fuzzyphoto.blog120.fc2.com/blog-entry-889.html
なかなか上手く広がってくれないのでヤキモキしてましたが、今年も川岸に集まってしまったようですね。
昨夜は比較的涼しい宵だったのでなによりでした。

投稿: ファジー | 2010年7月 8日 (木) 12時42分

ファジーさんの昨年の記事、見せて読ませて頂きました。
“天の川”というものに対する感じ方や想いのレベルの違いに…はは、参りました。
そうなんか、どう流れるかで天の川になるか否かなんですね。
そういう観点で撮られた写真はどれも納得いく叙情性たっぷりの世界でした。
(正確には年度が違いますが)同じ事象や場所をみんなそれぞれに記事にすると、その辺の違いが見られて面白いですね。

これからもよろしゅうお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月 8日 (木) 14時37分

ルイスです。
いやいや、リンクまで張っていただいて恐縮です〜。
しかも、僕んところよりも詳しいし(笑)
僕も、作業船が網ですくってるところを見てたんですが、焼け石に水とはこのことではないか、と(笑)まあ、すくってたのは、どーしても川岸にたまっちゃうんで、真ん中に持っていってもっかい放流する、という役目もあったみたいですが。
リハーサルんとき、逆流してしまって、あらまどーしましょう!なんてことも、あったらしいです。
なんにせよ、本チャンは無事に成功だったと思います。

50,000個×1,000円…、なんぼほど儲けるねん!ってやっかみも聞こえてくるけど、こうやって大阪が盛り上がっていくのは、単純にいいことやと思います〜。

投稿: ルイス | 2010年7月 8日 (木) 15時41分

ルイスさまこんにちは。
初の書き込み有り難うございます。

詳しい…というより、ついつい本筋やないところに気が行く性分なもんで、ついついどおでもええ細部を記しただけで表層的であるという伝統(?)上に乗った記事ですよ、ホンマ。

あの光る玉、1,000円で願いを込められるというのは知ってましたが、自分で投げ込めるんかとか思っていました。「持って帰ってバスクリン風呂に浮かすのもええな」とか思ってましたが…甘かったです。で、確かに1,000円×50,000個…すごい金額ですが、それだけのお金を扱えるイベントをようやりはったなぁとも思いますね。

ルイスさんのブログのお陰で、ええもん見せてもらいました。おおきにです。

今後ともよろしゅうお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月 9日 (金) 10時55分

これ、よさそげなイベントでしたね。見たかったです。

何しろ「田舎モン」ですから、夜に市内までは行けませんでした。情けな・・・。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年7月13日 (火) 21時37分

ぽんぽこやまさま、毎度でございます。

へへっ、ええイベントでしたでっせぇ。
ま、そっちにはそっちで、金ちゃんラーメンしか売っていないよろずやもあって、それもそれでよろしいですやん…とか何とか。

いつも色々とコメント、おおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年7月14日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/48825649

この記事へのトラックバック一覧です: 平成OSAKA天の川伝説2010:

« スーパ−玉出、チラシのティッシュにフタがない… | トップページ | 昭和なプラ看板 41 ● 全国理容環境衛生同業組合連合会 »