« アポロマークでグラデーションや | トップページ | 古都の小屋風自販機 »

2010年7月29日 (木)

昭和なプラ看板 42 ● 三菱重工パッケージエアコン

Pla42 かなり経年変化激しいプラ看板。たぶん西日のきびしさがこういう風合いにしたのでしょう。ここまで劣化すると、もう看板としての効果は期待できんと思いますが、まぁ、プラ看マニア(?)には、往時をしのぶええアイテムやないかと思います。
 これ、三菱重工の看板ですが、三菱重工から“ビーバー”、三菱電機から“霧ヶ峰”と、同じグループ企業でも別々に開発してるのが不思議に思ったもんですが、つい最近まで松下電器と松下電工が同じジャンルの商品を各々作っていたことを思うと、素人には同じ“三菱”でも、まったく別モンなんでしょうね。
 そんなこと思ってましたら、三洋電機も含めて『パナソニックに一本化』が決まったみたいで“SANYO”ブランドも廃止…ですか。それこそ今の内に撮っとかなければサンヨーのプラ看板。
 で、パッケージエアコンって何なんかいなと調べても、その説明文が理解できませんで。すんません。

(於:中央区)人気ブログランキングへ 空堀商店街で映画のエキストラ…明日も。

|

« アポロマークでグラデーションや | トップページ | 古都の小屋風自販機 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

グループ企業で別ブランドというと同じ「積水」なのに「積水ハウス」がありながら「積水化学」からは「積水ハイム」が出てるのをずっと変やな~と思ってました。

あちらは「積水ハイム」は完全にプレハブというか半完成品を組み立てる工法で違っているみたいですけど。

プラスチックって劣化しますよね。こういう巨大なものはコレクションできませんし、外しても劣化してますから、すぐにバリバリ割れていきそうです。今のうちにこうやって写真におさめておくのもいいかもしれません。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年7月30日 (金) 10時17分

ぽんぽこやまさま
そうそう、確かにセキスイハイムと積水ハウスは全くの同根会社ですもんね。両方で稼ぐ…たいしたもんです。
で、劣化プラ看板の件。
ホンマこんなんこそ、写真で映像化して残すのが最良やないかと思いますね。コレクションできる大きさやないという以上にね。

ほんまいつもコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年8月 2日 (月) 22時47分

こんばんわ。物凄くひさしぶりに訪問しました(笑)からすです(^^;)


この三菱重工パッケージエアコンのプラ看板は初めて見ました。しかし・・・この劣化具合がなんともいえないですね。味があるというか(笑)


投稿: からす | 2010年8月 5日 (木) 22時37分

からすさま
お久しぶりでございます。まだここを覚えてくれてはったとは…おおきにです。
で、でしょ、ええ味出てますよね。でも、プラ看板ってその味わいが益々深まって…ではなくて、どこかで見るに耐えないものになってしまう儚さがありますよね。こうやってええ頃合いに写真で残す、これしかないですわ。

コメントおおきにです。また時々訪問してくださいます様、よろしゅうお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2010年8月 9日 (月) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/49009836

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 42 ● 三菱重工パッケージエアコン:

« アポロマークでグラデーションや | トップページ | 古都の小屋風自販機 »