« 中央区神崎町からの夜景 | トップページ | “アイスクリン商” »

2010年4月11日 (日)

『京・植物園の春』

Kyoshun1 Kyoshun2
 さくらを愛でる家族がいて、それを景色と眺める人がいて…小鳥のさえずりも含めてすべての生物が春の到来を祝っている様に感じた。やっぱり四季があるというのは、ええもんやなぁ。素直にそう思える様になった。

(於:京都市左京区 4月6日人気ブログランキングへ 手前のユキヤナギもええ味出してます。

|

« 中央区神崎町からの夜景 | トップページ | “アイスクリン商” »

京都ネタ」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼します。

凄く良い写真ですね!

日本の四季って凄く良いですね!
日常から少し離れて「ホッ」と癒される瞬間。
だから、たくさんの人がお花見に行くのですね。

あ~~僕もお花見に行きたかったな・・・・
もう遅いか・・・・・(笑)

投稿: 空の空中散歩 | 2010年4月13日 (火) 16時18分

空の空中散歩さま、はじめまして。
写真、お褒め頂きまして有り難うございます…というか、そういうシチュエーションを愛でてくれてはるのですよね。ちょっと勘違いしてしまいました。
「大勢でBBQ」ってのもええのでしょうけど、やっぱり少人数で静かに春を実感したいなぁと最近思う様になりました。
花見は遅いかもしれませんけど、次は新緑を愛でるとしましょうか。

コメント有り難うございました。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2010年4月14日 (水) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/48075519

この記事へのトラックバック一覧です: 『京・植物園の春』:

« 中央区神崎町からの夜景 | トップページ | “アイスクリン商” »