« 大和のうま酒「奈良うるはし」発売。 | トップページ | 木に木が突き刺さっている… »

2010年4月 4日 (日)

やっと春が来た。で、花見。

Hanami10b Hanami10a Hanami10c ようやく春が来ました。
 例年“つぼみを愛でる会”だったり“お見会”だったりとついつい時期外してしまうお花見会、今年は昨日、満開の桜の木の下で行うことができました。「やっぱり満開がええなぁ」…ではありましたが日陰は寒くて寒くて。高層マンションがなかったらもっとほっこり暖かな宴になったことでしょうが、ま、仕方ないですね。
 しかし何です、こうやって花見風景を写真に撮ると、桜の淡いピンク色がかすんで、ビニールシートの青さが目立つもんですね。ちょっと台無し。その辺を配慮した色合いのシートももっと普及したらええのにです。「ホンマはやっぱりゴザがいちばん」ってことでゴザも一応いち部分使ってるんやけどなぁ。

Daku1 Daku2 Daku3
 で、例年欠かせない奈良は香芝の“金鼓・濁酒”。今年はワン氏持参の冷蔵庫内1年貯蔵モン。活性濁酒ゆえビン内でまだ発酵し続けていた様で開栓にひと苦労。10分ほどかけて開けてこの状態。ま、これは“飲み物”というより“食べ物”でしょう。
 で、味ですが、出来立てのものより米が融けていて味もやわらかくなっていて美味しい!。乳酸菌飲料っぽい味も濃厚になってるし…活性にごり酒も熟成させたらええ様に変化するもんやなぁと知りました。その金鼓・濁酒、今月12日より“春濁酒”の仕込みが始まる様です。夏まで寝かせてキンキンに冷やして食べる…美味いやろなぁ。「日本酒はダメ」って方、一度食べてみはりはりませんか。

(於:中央区)

Kakutako ◆おまけ:S氏持参のたこ焼き。丸ないやん。フネにツメツメに入れてあるからこんな形状になったんか。ちょっと不思議な感じ。これを見た書道家KF、「こういう大きくてやわいたこ焼きもおいしいけど、あの、小さめで外がカリッとした丸いのもええな」と。あぁ、そやなぁ、たこ焼きも昔と大きくそのスタイルを変えてるなぁ。生地にダシなんか入ってなかったと思うんやけど。ま、どっちのおいしいけども、やっぱり丸かったらうれしいかも、たこ焼きは。

人気ブログランキングへ 春が来たというのに、しもやけが治らん…

|

« 大和のうま酒「奈良うるはし」発売。 | トップページ | 木に木が突き刺さっている… »

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

コメント

ポン酢なんですが いつも旭ポン酢オンリーだったのですが えびすポン酢、ちり酢一番 初めて知りました。
出来れば お勧め順位を教えてください。

投稿: パーマン1号2号 | 2010年4月 5日 (月) 22時27分

今はもう時効ですから白状(って自分がしたことじゃないですけど)、関西のお正月って雑煮が白味噌仕立てです。そのために、我が家は11月~年末毎年大忙しでした。まずは自宅で仕込む人のために米糀販売、その後12月になると、我が家で仕込んだ白味噌を販売していたからです。
この時期だけ猛烈に忙しいので、北陸から出稼ぎの人をお願いしていました。
そのおじさんたち、米糀で作って飲んでました「ど○○く」。あの味は忘れられません(なんで味を知ってるかは聞かないでください)。

たこ焼きはやっぱり丸いほうがいいですよね。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年4月 6日 (火) 17時22分

●パーマン1号2号さま
こんにちははじめまして。
う〜ん、ポン酢はねぇ。じつはそんなにソースほど研究してなくて、表題のイメージはパチもんを旭ポンズの両脇に置いてその、このブログの“二流っぽさ”、アホくささを表現しているだけでして…はい。ちなみに「えびすぽんず」も「ちり酢一番」も偽モンっぽいレッテルですが、味はよかったですよ。
返事になってませんですんません。今後とも宜しくです。

●ぽんぽこやまさま
>>今はもう時効ですから白状
…甘い甘い。「密造に時効なし」ってコトバご存知ありませんか?…いや、いま作っただけでウソなんですが。
なんかええ話ですね。造り酒屋以外にも味噌蔵などにも出稼ぎに行ってはったんですね雪国の人たちは。北陸からの出稼ぎってことは、能登杜氏とか越前杜氏と一緒に蔵入りしていた人が酒蔵で習得した技を味噌蔵でこっそりやっていたのかもですね。
それから、やっぱり“丸”じゃないとですね。
おもろい話をありがとうございました。

投稿: 山本龍造 | 2010年4月 7日 (水) 15時20分

こないだ何かのテレビで久々に「経木の舟」に盛られたたこ焼きを見ました。懐かしかったです。ああいうのに盛られているとこういう風に「四角く」なることはないんですけど。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年4月 7日 (水) 19時55分

ぽんぽこやまさま
じつは写真の四角いたこ焼きも、木の舟に盛られているんですよ、解りにくいですが。
やわいたこ焼きをツメツメに盛りすぎってことですね、やっぱり。
それより、あの“舟”、「経木の舟」という名だったんですね。お教え頂き有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2010年4月 8日 (木) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと春が来た。で、花見。:

« 大和のうま酒「奈良うるはし」発売。 | トップページ | 木に木が突き刺さっている… »