« 街角で…せんやろ。 | トップページ | 防火水槽 27 ■ 都島区内代町3−7 »

2010年3月17日 (水)

アサヒの王冠いろいろ〜アサヒの話、瓶ビールの話。

Ab1 Ab2 Ab3 Ab4 Ab5 Ab6
 ちょっと探し物をしていたら…あったあったアサヒの王冠いろいろ。懐かしいなぁ。旭マークのもいい感じなんですが、「コクがあるのにキレがある」のC.I後のも、色合いが上品できれいな感じで好きですね。ただ、スーパードライの王冠はねぇ…ちょっとキライですねん。と言うのは、デザインがとかではなく、王冠の色が“”というのが不便なんですょ。いわゆる“冷暗所”に保管していると、この王冠が目立たなくて入ってるヤツと空瓶の違いが判らんという…その点キリンの赤い王冠は判りやすい。何とかしてぇなアサヒさん…てな不満感じつつも私の定番はアサヒのスーパードライ。なぜ?って、そらぁ…大阪人ですからね。
 私が学生だった頃ですから四半世紀ほど前、アサヒのシェアはどんどん低下していてもう「サントリーに抜かれ4位になるのは時間の問題」って言われていました。で、「これは…飲まな」とせっせとアサヒを飲んだもんです「アサヒはうまいわ」とか小言いいながら…ね。ある時、連れの下宿にビール持って行こと思って大家さん経営の酒屋へ行ったら…アサヒがない。で「アサヒないのん?」て訊いたら「アサヒっ?なんでそんなマズいビール置かなあかんねん」って。これ富田林での話。ガラっぱちやねぇ、南河内は。そのお店はサッポロ贔屓でした。発祥の地大阪の酒屋ですらこの有様…さみしかったですね。
 ま、それからしばらくしてC.Iと同時に味変えて持ち直し、続くスーパードライが大ヒット。以降は皆さんご承知の通り。もう私が飲まなくてもアサヒは大丈夫…って、私が飲んだから復活した訳ではありませんけども、ま、そんな気分にもちょっとはなるもんです。

Kb Sb Cork
 ご覧の皆さんの中にはキリン好き、サッポロ好きの方もたくさんおられることかと思いますのでここにそれらの懐かしい王冠も載せておきましょう。サントリーは…プレミアムモルツがごっつ美味しいですが、最近“サントリー酒類”と名を変え、大阪から東京に移ってしまいよったのでちょっと裏向きにしといたろ…ってウソ。持ち合わせがなかっただけです。まぁ、昔の王冠の裏はコルクやったなぁと想い起こして頂ければさいわいです。ジュースもサイダーもみなコルクでしたが、ビールだけは割と遅くまでコルクを採用してましたが、あれは開栓時の「ポン!」って音にこだわってたからかもですね。(栓抜きで)王冠を3回ほど叩いてからポン…あぁ、ええなぁ瓶ビールの世界。「バイクKawasaki、車はランクル、カメラはNikon、フイルムKodak、パソコンはMac」な連れが同業者にいてね。丸ちゃんって言うヤツですが、丸ちゃんもちろん「ビールはキリン」しかも瓶。その彼が言うに「瓶でもな、あの水冷式の水槽みたいなんで冷たくしたヤツ、あれがいちばんウマいわ」と。わかるなぁ、何となくね。(丸ちゃんの好み、Macだけ路線違いかも…)

人気ブログランキングへ スーパードライ好きを上から目線で見るヱビス党…やな感じ。

|

« 街角で…せんやろ。 | トップページ | 防火水槽 27 ■ 都島区内代町3−7 »

懐かし…」カテゴリの記事

レッテル類」カテゴリの記事

コメント

あー、王冠の裏側、コルクでした。
自分ところで一升瓶に醤油を詰めて手作業で王冠してましたから懐かしいです。
キリンが一位になった裏話というか噂なんでしょうけど、社員があちこち営業に行って、ついでに飲みに行って、「キリンビール!」と注文したとか言います。「置いてません」というと、「え、キリンビールが一番うまいのに置いてないとは?」と言い返すという営業作戦をしたとか言いますが、真偽のほどは定かではありません。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年3月17日 (水) 17時20分

私が学生の頃住んでいたのは吹田のアサヒビール工場近所だったので、どの居酒屋・酒屋行っても、これでもかっちゅうくらいアサヒビールばっかりでした。
たまにはキリンも飲みたかったのに。

投稿: Bassman | 2010年3月17日 (水) 17時51分

ブログの方へコメントありがとうございます
裏がコルクの栓は懐かしいですね〜
私の友人が以前アサヒの瓶を作ってる会社におったんですけど、今は瓶より缶の方メインなんで会社も業績が落ちてやめちゃいました。
キリンの瓶は自社の瓶だけでリサイクルしてるですけど、アサヒとかは他のビール会社と共用でリサイクルしてるって言うてましたわ

投稿: miz0001 | 2010年3月17日 (水) 19時51分

●ぽんぽこやまさま
醤油もその昔はコルク栓でしたか。まったく記憶がないですわ。覚えてることと言えば、今みたいに1Lのペットボトルではなく、一升瓶っぽいけどちょっと太った感じの2L瓶で購入していたことでしょうかね。いま思えばきっと最後の方は淡口が濃口に、濃口がたまりに…って感じに変色していたのでしょうね。
で、キリンの話…というか、どこの社の何だったかは忘れましたが、そんな話を聞いたことがありますね。最近は例の“つぶやき”を営業に生かす人もいるみたいですが…つぶやきやってないのでホンマんとこは、知りません。

●Bassmanさま
吹田ってやっぱりそうなんですね。Bassmanさんには悪いですがその話ちょっと嬉しかったり。
で、やっぱり吹田で他社のビール置くと、なんとなく具合悪いのでしょうね。目に見える部分でも見えん部分でもいろいろと。「外国のビールしか置かん」とかまでしたらオッケーかもですね。

●miz0001さま
書き込みのお礼でこっちにも書き込み頂いて…かえって手を煩わせてしもたみたいでスンマセンです。
で、瓶の話。
そう言えばアサヒ大躍進の陰に“缶ビール市場に強かった”という理由もあると昔読んだことがあります。キリンは“瓶”というものを大事にしてはりましたもんね。
そう言う意味においては瓶派の私はやっぱりキリン飲まなアカンなぁとも常々思っています。
話戻してアサヒは缶にチカラを入れて結局、自社系列の瓶会社“アサヒビールパックス”を他の瓶会社に売ってしまったんでしたよね。そこにお勤めやったんですかね、お連れは。なんと気の毒な…ん?何かアサヒキライになってきたぞ…ちょっとだけ。
キリン以外は色んな銘柄の瓶が使われてましたね…懐かしい。子供の頃「うわーこれ何や?」って思たのが“タカラビール”の瓶に入ったアサヒでした。その頃の瓶の形状は今のよりもっと肩はっててアースとかの農薬入ってるヤツとよく似ていて…あ、話尽きません。

お三人さん、コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月18日 (木) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサヒの王冠いろいろ〜アサヒの話、瓶ビールの話。:

« 街角で…せんやろ。 | トップページ | 防火水槽 27 ■ 都島区内代町3−7 »