« 何やオモロてホッとする。3 | トップページ | 防火水槽 28 ■ 旭区大宮 »

2010年3月27日 (土)

『衝破除』の石碑、見〜つけた。

Kishumichi Shohayoke 先日堺で歩いた紀州街道。その道がY字路になっているところで、久々に…というか、ついに2カ所目でこの『衝破除』を見つけました。
 『衝破除』…これをはじめて見たのは、竹内街道に面した羽曳野の造り酒屋さんでのこと。ここの酒蔵のまわりにはこの“衝破除”と記された石碑がやたらとたくさん設置されており、その置かれている場所は、たいてい敷地がL字形になったところで、何かその「置く必要のある場所というのがあるんやな」と思って見ておりました。
Shohayoke0 ←こんな感じのがたくさんあって、「ま、何かの魔除けやろな」とは思いつつ明確な答えを知らないままかなりの月日が経ってたのですが、10年ほど前、この石碑の話をある方から伺うことができました。それは、

「昔からT路路には行き交う人々の怨念が溜まると言われていて、それを除くものとして“衝破除”と記された石碑を置いた」

という説明。L字形のところにまで置いてあるのは、「きっと徹底的に衝破の溜まる可能性のあるところに置いてあるのではないか」ということでした。では、その「“衝破”とは何か?」ですが、それは、どうやら“怨念”のことを指すという様な説明をされてました。
 「そういうことやったんか」と思ったものの、その造り酒屋さん以外では見たこともなくて「あの銘醸家だけの信仰(?)みたいなもんなんかなぁ?」と、その後もちょっとモヤモヤしていたのですが、今回、T字路ではないものの、Y字路でこの“衝破除”の石碑を見つけることができまして、「やっぱり南大阪一帯でそうする風習があったんや」と理解しました。
 とは言うもののネットで“衝破除”を検索してもあんまり出てきません。あの、沖縄でよく目にするメジャーな『石敢當』と同じ様なものと思うのですが、なんで『衝破除』は、こないマイナーな存在なんでしょうね。「よし!、ちょっとずつお金貯めて『衝破除』作って置こ!」…って、どこに置くねんな…

(於:堺市堺区 白黒写真:羽曳野市 1998年人気ブログランキングへ 他でも見つけたら、教えてね。

※関連記事:
“衝破徐”の向かいにやっぱり“衝破除”』 2014年12月 記
“衝破除”…違う、“衝破徐”や。』 2014年8月 記
久々に『衝破除』発見。藤井寺の酒屋さん横で』 2012年6月 記
『衝破除』の石碑、見〜つけた。』 2010年3月 記

保存

|

« 何やオモロてホッとする。3 | トップページ | 防火水槽 28 ■ 旭区大宮 »

小発見」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

いやー こんなんあるんですね?初めて見ました。
南河内や泉州の風習ですか?「怨念」が溜まるって言うのがちょっと怖い感じがしますが。
私の自宅近くに「祟りの石」って言う、自然石があるんですけど、この「衝破除」より霊的なものは少なく感じます。
他でも見つけたらすぐお教えします。

投稿: ナムダー | 2010年3月28日 (日) 21時01分

そうそう、ナムダーさんの得意分野ですからパトロールよろしくですょ。
やっぱり小銭貯めて“衝破除”作って勝手に“そういう場所”に設置して社会貢献しよかなぁー
コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月28日 (日) 23時13分

沖縄は「琉球王国」でしたから、檀家制度もなく、伝統信仰は独特なものらしいです。仏教以前の中国の宗教の流れを汲むものだと思いますが。
そのうちの一部が本土に伝わっていったのかもしれません。

泉州では「衝破除」って見ませんね。ちょっと気をつけて見るようにします。昔はもっとあったのかも知れませんけど。とはいえ、こういう「どけると祟りがありそうなもの」を簡単には撤去しないと思いますけどね。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年3月30日 (火) 00時27分

山本龍造さん、こんばんは。
ここの『衝破除』分かります。湊の近くですよね?
河内長野で坂道を下りきったT字路にあるのも見たことがあります。

『衝破除』は風水的な考え方で置かれているのかなと思っていました。
おっしゃるように『石敢當』と同様の考えで。
T字路の突き当たりのように、「気」がぶつかってくる場所はよくないので、「散らす」意味で置かれているのではと。
素人考えなのですが。

投稿: びんみん | 2010年3月30日 (火) 00時35分

びんみんさま

>河内長野で坂道を下りきったT字路にあるのも見たことがあります。

ってあそこのことかな・・・。

我が家は河内長野まで10分もあれば行けるところなので。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年3月30日 (火) 18時07分

●ぽんぽこやまさま
沖縄には檀家制度がないんですか。漠然と「沖縄は別の文化圏やな」とは思っていましたが、そういう風に具体例をあまり考えたことなかったので「へぇ、そうなんや」という感じで読ませて頂きました。
で、泉州では見かけませんか“衝破除”。で、確かにそんなややこしいもん、勝手に撤去しませんね。と言うことはやっぱりごくごく限られた人だけに信じられてきたもんなんでしょうかね。

●びんみんさま
そうです、この写真のは“湊”あたりです。で、河内長野にもあるんですね。きっとあちこちでひっそりと“怨念”をチラシてるんでしょうね。
で、きっと“気”ですね。ちょっと“怨念”は大袈裟かも。説明してくれたお方も“衝破”をそんなたいそうには考えてはれへん風情でしたので。
てなわけでびんみんさんの説明の方が正しい説明やないかと思います。

お二人ともコメント有り難うございました。また見つけたら御一報くださいます様、宜しくお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月30日 (火) 20時12分

そうですね、檀家制度ってキリスト教禁教令に伴って出来たものですから、当時の琉球では実施されなかったようです。

ですから、言い方は悪いですけど、沖縄のお寺のお坊さんって放っておいても仕事がある訳じゃないですから、真面目で熱心なんだそうです。いえ、別に本土のお坊さんが不真面目という訳じゃないですけど。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年3月30日 (火) 21時41分

>ぽんぽこやまさま
 河内長野の『衝破除』は高野街道沿いで、天野酒の西條酒造のちょっと南にありました。その後、なくなったような気もしますが・・・

 また、新たに発見しましたら報告します。

投稿: びんみん | 2010年3月31日 (水) 01時29分

●ぽんぽこやまさま
>>檀家制度ってキリスト教禁教令に伴って出来たものです
これも知りませんでした…無知ですね。で、そういうことでしたら、私も沖縄のお坊さんに会ってみたいですわぁ。

●“天野酒”醸造元あたりですか…。と言うことは、造り酒屋さんが特に信じていたというのも考えられますね。他の酒蔵のまわりもチェックしてみます。

おふたりさん、コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月31日 (水) 22時09分

衝破除の話が載っていましたのでちょこっと参加させてください。私が最初に衝破除の石碑に遭遇したのは日本武尊陵近くの軽羽迦神社付近でしたその後気にしてみていると羽曳野市に多く存在しているようです。で古老の話ではいろいろな悪いことが道路を転がってきてT字型の道路で突き当りエネルギーが溜まりそこの家に災厄をもたらすから衝破除の石を置いて魔よけにしているらしいですよ

投稿: けんじいー | 2014年10月 2日 (木) 09時01分

●けんじいーさま
こんにちははじめまして。
軽羽迦神社近くではじめて衝破除を見られた…これってきっと私がはじめて見たそれと同じもんやないかと思います。当時まだやっておられたオキナ酒造のまわりにあるやつではないでしょうか。最初はその蔵元さん独自に信仰してる何かかと思いましたが、そやないみたいですね。
で、何の為に?ですが、私が聞いたのとまったく同じ理由ですね。やっぱりと言った感じです。羽曳野、藤井寺、堺…あと河内長野にもあるというコメントも頂いております。
書き込み頂き有り難うございました。よろしければ今後ともお付き合いください。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月 4日 (土) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47933709

この記事へのトラックバック一覧です: 『衝破除』の石碑、見〜つけた。:

« 何やオモロてホッとする。3 | トップページ | 防火水槽 28 ■ 旭区大宮 »