« コンクリごみ箱いっぱい残る街道。 | トップページ | 東大阪に見る衛星都市の住環境(の、ひとつ)。 »

2010年3月 2日 (火)

阪堺電軌のチン電に乗って応援しょ。

 南宗寺でのお茶会、行きも帰りも…阪堺電気軌道のチンチン電車に乗りました。

Hk1 Hk2 Hk3 Hk5 Hk4
 阪堺の上町線は幼少の頃、母方の実家に行くのによく乗った路線でとてもなじみがあります。当時は車掌さんも乗っていて、沿線の駅名が印刷された薄い紙がきっぷで、乗った駅と降りた駅、そして小人のところに穴をあけてもらうスタイルでした。
 ワンマンになり、塗装も広告入りなど随分変わりましたけど、車輌はその頃のままのもまだまだたくさん走っていて嬉しい限り。それでも当時「これ新しいやつやわ…」とつまらん気分で乗っていた車輌が今では古い部類に属しています。それらの製造年を見ると昭和32年とか38年とか。もう半世紀も前に作られた電車なんかと思うと…自分も歳をとったもんやわと改めて思うわけです。
 そんな阪堺電車ですが、今、ご存知の様に一部の路線が存続の危機にさらされています。阪堺電気軌道が大和川以南の堺市域での運行を「やめよっかな〜」と考えているという…

Hk09a Hk09b Hk09d Hk09c Hk09e
 一時期は堺市の東西を結ぶLRT路線を新設し、それと一体運営をするとされていたものの、市長が変わってそうはいかなくなってしまい、このままでは堺市域での運行はムリということらしいです。
 「廃止反対」と言うのはカンタンなことですが、民営会社が手掛ける以上、ある程度収益が上がらんとどうにも存続は無理な話でしょう。もう、こうなったらみんなで乗るしかない。ある種のトラスト運動と思ってみんなで時々生活に支障のない程度に乗りましょうや。ま、その程度で経営状況良くなるんか否かは知りませんが、なくなってしもてから「あぁあ〜」では遅いですしね。
 味わいある喫茶店や居酒屋へ足を運ぶのも同じことですよね。そのノリで日帰りの小旅は阪堺電車で大和川超え。何回行っても乗っても楽しいオモロいでっせ。

(撮影:前半5枚:2010年、後半5枚:2009年)人気ブログランキングへ モーター音までええね。

|

« コンクリごみ箱いっぱい残る街道。 | トップページ | 東大阪に見る衛星都市の住環境(の、ひとつ)。 »

大阪市南部」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

阪堺電車の存続問題も堺市長選挙の影響ですか。
存続問題も、乗らないことには何も言えませんけど、焼け石に水でも乗らないよりマシですから乗った方がいいですよね。無責任ですが、なくなると寂しいです。

貸切で宴会とかいうプラン、以前はあったように思いますが、今もやってますかね。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年3月 2日 (火) 23時20分

宴会向け電車、まだやってはりまっせぇ〜。
>>料金: 55,200円(税込) (備品使用料・ゴミ処理費を含む)
全時間130分、35人まで参加可能。
これなら全然借りれるのでは?
ま、いっぺんやってみましょか宴会@チン電。
コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月 2日 (火) 23時43分

僕は小学生の頃、帝塚山4丁目駅の近くに住んでました。
もっと小さいときは宿院が最寄り駅でした。
なくなるのはさみしいですね。
エコロジーかつエコノミーな乗り物だけに時代のパイオニアのような気がしますが。

投稿: かわさき五一 | 2010年3月 7日 (日) 13時02分

かわさき五一さま、お久しぶりです。
“帝塚山4丁目”ですか! だったら“若草模型店”もご存知ですよ…ね!
母方の実家は姫松あたりでして、4丁目とか住吉大社とかもよく行きました。
どっかですれ違っていたかもです。
で、阪堺電車(の堺エリア)、まだ、無くなったわけではない!わけですから、寂しがるのはまだはやいですよね。
ま、難しいかもしれませんけど、ちょっとずつでも乗って応援したいもんです。

今後とも何かおもうことあったら、コメントよろしくです。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月 7日 (日) 19時42分

はじめまして、ひろ009と申します。
びんみんさんのブログからたどってきました。

現在は大阪市内在住ですが、実家は堺の諏訪森で最寄り駅は阪堺電車の船尾です。
高校時代(30年以上前ですけれど)は毎日チンチン電車に乗って通っていましたし、お墓が南宗寺にあるので今でもお盆や暮れの墓参りには毎回利用しています。また、初詣も年末に実家に戻って、そこからみんなで住吉さんに詣るので、阪堺電車はとても重宝しています。

帝塚山三丁目の叔母の家にもよく遊びに行ったのですが、大和川を越えて我孫子道の車庫を上から見る景色が昔から大好きでした。今でもときめきますし。以前、ランニング仲間と10周年記念(?)の宴会を宴会列車で楽しみましたよ。

阪堺電軌は大阪&堺の誇りだと思います。これからもせっせと乗って応援しなくては!

投稿: ひろ009 | 2010年3月14日 (日) 23時25分

ひろ009さま
ようこそ拙アホげブログにお越しくださり、コメントまで…有り難うございます。
高校時代が30年以上前…ってことは、ほぼ同世代でしょうかね。だとすると、オムロン立石電機の広告がさりげなく記された雲デザインの車輌が多く走っていた頃とかもご存知なんですよね。いま思えば、なかなか洒落たデザインで粋なスポンサーの取り組みでしたよね。
私は天王寺駅前〜姫松間、遠出して住吉駅前までしか幼少期は体験してなかったのですが、大人になってからその向こうにも行く様になったら…確かにあの“我孫子道の車庫”は楽しいですね。あの前を通るたびについつい見を乗り出して隅々まで見てしまいます。で、いつも「アレは元・京都市電のやな」って思うのを見つけて妙に安心して…
宴会列車も体験済とは羨ましい話。いつかご一緒できたらうれしいなぁとか。
これからもお気楽にコメント頂けたら嬉しいです。有り難うございました。
それから、リンクを貼ってくださってるびんみんさまにも厚く御礼申し上げます。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月15日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47706083

この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電軌のチン電に乗って応援しょ。:

« コンクリごみ箱いっぱい残る街道。 | トップページ | 東大阪に見る衛星都市の住環境(の、ひとつ)。 »