« 「大阪書籍」、消滅していたのか… | トップページ | “かくれたええとこ”入選。授賞式へ »

2010年3月23日 (火)

大阪市の市章入り杭が、豊中の道にある。

Osa1 Osa2 Osa3 Osa4
 道路上に大阪市の市章の入った境界線を示す杭が何本も打ち込まれています。ここが大阪市内ならさほど不思議はないんですが、写真にあるこの場所は豊中市。病院の横手の道ですので最初は「大阪市立の病院が豊中にあるということか」と思いましたが、その病院“刀根山病院”という国立病院機構の運営する施設。大阪市所有の土地の上に国立病院があって、その土地の一部を道に提供してるということなのでしょうか。それともこの道の下に大阪市営の水道管でも埋まっているということなんでしょうか。ちょっと不思議。北摂方面のこと詳しい方、ご存知ないですかこの杭の訳。

(於:豊中市) 人気ブログランキングへ 昔は大阪市もかかわっていた病院なんやろか?

|

« 「大阪書籍」、消滅していたのか… | トップページ | “かくれたええとこ”入選。授賞式へ »

小発見」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

隣の吹田市民です。
杭のことはわかりませんが、豊中市HPによると、

『大正6年(1917)9月、全国初の結核予防法による公立療養所として開所されました。当初は大阪市によって建設されたものですが、昭和22年(1947)4月に国に移管。現在は、独立行政法人国立病院機構が運営しています。 』

ということらしいです。

土地はまだ大阪市が所有しているのかも知れませんね。

投稿: Bassman | 2010年3月24日 (水) 17時04分

Bassmanさま
スッキリっ。そういうことですかなるほど。結核の療養所として大阪市外に建設ということは…あのあたりは住宅のない鄙びたエリアだったということでしょうかね。
きっとまだ、土地だけは大阪市が所有してるんでしょうね。
解らんことあったら今度からここに書こかなぁ。Bassmanさんが何でも教えてくれはるやろし…とか。

謎解き有り難うございました。今後とも宜しゅうです。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月25日 (木) 13時19分

刀根山病院の敷地やその周辺は、大阪市の所有だったようです。平成18年に国に売却されています。現在は大阪市所有ではありません。
売却前の境界確定した杭が、そのまま残っているだけみたいです。ところで、八尾のゴミ焼却場も大阪市所有という事に
なるのですよね。最近 地図を見ていて初めて知りました。

投稿: なおき | 2010年4月22日 (木) 12時27分

なおきさま
ひょっとして調べてくれはったんですかね?
Bassmanさま同様、お教え頂いてこれまたスッキリ。
有り難うございました。
で、八尾のゴミ焼却場も大阪市所有と。なら大阪市交通局の守口車庫もそうなんでしょうかね。

コメントおおきにででした。

投稿: 山本龍造 | 2010年4月26日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47895470

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市の市章入り杭が、豊中の道にある。:

« 「大阪書籍」、消滅していたのか… | トップページ | “かくれたええとこ”入選。授賞式へ »