« くわい、宇宙人風。 | トップページ | シュロと電柱とオッサン。 »

2010年1月13日 (水)

長屋の鬼瓦に“高等学”とある…

TakasegawaKoto1  平野川の最上流あたりは了意川とも呼ばれていてまるで京都を流れる高瀬川の様…は言い過ぎでしょうかね。ま、とにかく何とも言えん昔ながらな街並が川とともに残っていて好きな場所です。
 そんな川沿いにいい感じの長屋がありました。“親水長屋”とでも呼びたくなる風情のこの民家、残念ながら一部の屋根が抜けてしまって痛々しい限りですが、まだまだ数軒は住んでおられる様子でホッとしました。
Koto3 あちこちから「ええ感じやなぁ」と見てふと鬼瓦を見ますと何やら文字が。よく見ると“高等学”と記されています。高等学…って、昔の高校みたいなもんなのでしょうか。と言うことは…ここはむかし学校だったのでしょうか?。そうとも見えますが…そうは見えんとも。ひょっとしたら学校に使われていた瓦を再利用したのかもしれませんね。
 もし、柏原市は古町にあるこの建物や鬼瓦について詳しい方、おられましたら、お教え頂ければ幸いです。

(於:柏原市) 人気ブログランキングへ 今が見納めかも…

|

« くわい、宇宙人風。 | トップページ | シュロと電柱とオッサン。 »

小発見」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

よく見つけられるものです。さすがです。川に面した学校とはすばらしい。高等小学校とかそんな感じではないでしょうか。

投稿: つきのたぬき | 2010年1月14日 (木) 02時04分

拝見させていただきました。
応援ポチポチ!

投稿: アシュトン | 2010年1月14日 (木) 21時00分

●つきのたぬきさま こんにちは。
これはやはり川に面した学校だったんでしょうか?。そう見ればそうとも見えはしますが…どうなんでしょうかね。普通瓦だけを再利用するってことは、あまりないのですか?。素人には解りませんが。
抜け落ちた屋根も修復されてこれからも残ることを願うばかりです。
毎度まいどコメント有り難うございます。

●アシュトンさま
ご覧頂きおおきにです。
複数のパソコンからポチポチよろしゅうです…とか何とか。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月15日 (金) 00時05分

すばらしい水辺の風景ですね。
ここに高瀬舟でも走っていたら
・・・と思ったら柏原船というのが走っていたみたいですね。
瓦は分かりませんが、私も高等小学校かなという気がします。

投稿: びんみん | 2010年1月16日 (土) 01時45分

わたしもすばらしい風景だと思います。龍造さんおっしゃるように移築はありかも。瓦ごと建物をもらってきた。

投稿: つきのたぬき | 2010年1月16日 (土) 09時14分

●びんみんさま
●つきのたぬきさま
この風景が気に入って頂けて嬉しいです。ただ建物の劣化がちょっと気になりますので、本当に今のうちに見て感じておいた方が良さそうに思います。
この写真の場所近く出身の知り合いにこの建物のことを訊いてみましたが…さっぱり知らないとのこと。で、両親や親戚の人にも訊いてみてもらう様に頼んでおきました。解りましたらまたアップします。

お二人ともコメント有り難うございました。

※せっかくの風景ですから、写真を大きくしました。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月17日 (日) 18時50分

私もここ好きで何度も訪れてるんですが、鬼瓦には全く気が付きませんでした。さすが龍造さんです。
この川沿いの町家は、かつて船運が盛んだった頃の名残で、船の往来が見易い様に水際で中二階だと言う事でした。なので、それにたずさわる人達が住んでいたのだと私は思っていました。
この下流に小学校がありますね。歴史はかなり古いみたいですが、何か関係あるんでしょうか?
あと、柏原関係の手持ち資料を調べてみましたが、分かりませんでした。
参考になりませんで…

投稿: ナムダー | 2010年1月17日 (日) 22時17分

ナムダーさんもお好きなんですよねこのあたり。
なんせね、私が小学校時分に感じた印象とほとんど変わりありませんもんねここらは。大和川の土手とそこにある交通標語みたいなんのニュアンスまで。
で、色々お調べ頂いたみたいで…有り難うございます。
で、
>>かつて船運が盛んだった頃の名残
とのことですが、昔はもっともっと川底が深かったということですよね。所々に船着き場跡を見ますがもひとつリアリティがなくて。

>>船の往来が見易い様に水際で中二階だと言う事でした。

さすがに色々ちゃんと調べてはりますね。
ということは、やっぱり屋根瓦だけ移設したということなんでしょうかね。
やっぱり「歴史ウォーク」的なヤツに参加するべきかなぁ…

コメントおおきにでした。
それからこのあたりのネタ、こすいですが何回かに分けて掲載予定です。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月17日 (日) 22時54分

ひょっとして、ものすごく古いのではないかという気がしてきました。ナムダーさんのおっしゃる下流の小学校の校舎を移築したものではないか。当時の写真と現況をつきあわせれば分かるかも知れません。

投稿: つきのたぬき | 2010年1月17日 (日) 23時41分

つきのたぬきさまこんにちは。
何とかしてこの長屋の歴史を知りたい気分になってきました。
今度、長屋パトロールに忙しくされている建築の先生に訊いてみることにします…って、そのお方は大阪市内専門ではありますが。
いつもコメント有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月18日 (月) 18時25分

昔の明治時代の尋常高等小学校の建物です。
柏原の今の黒田神社の北側にありました。
小学校は黒田神社の前に引っ越しましたが、建物は古町の今のところに移築されました。

投稿: 杉本清造 | 2013年1月22日 (火) 18時17分

昭和37年卒業のアルバムAsiatoに表紙をめくると絵が出てきます。明治18年になってます。

投稿: 杉本清造 | 2013年1月22日 (火) 18時23分

この建物の載ってる絵を、送りたいのですがどうすればいいですか?

投稿: 杉本清造 | 2013年1月23日 (水) 00時09分

杉本清造 さま
こちらのコメント欄にも詳細を書き込み頂きまして有り難うございます。
それで…この絵の画像データをお送り頂けるということでしょうか?
有り難うございます。
昨日コメント頂いたときに、メールアドレスをお書き頂いてますので、そちらに当方のメアドを後ほど送らせて頂きます。

投稿: 山本龍造 | 2013年1月23日 (水) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47284981

この記事へのトラックバック一覧です: 長屋の鬼瓦に“高等学”とある…:

« くわい、宇宙人風。 | トップページ | シュロと電柱とオッサン。 »