« 昔ながらな街角に、郷愁誘う街路灯… | トップページ | 家屋の谷間の珍光景 »

2010年1月20日 (水)

春の様な陽射しで緩む? 納屋

Hottate1 Hottate2 本日は『大寒』やと言うのに「もう春か?」という感じの暖かで穏やかな1日でしたね。そんな気候の中、柚子の里で知られる京都の山間部で、何とも言えん緩んだ納屋を見つけました。
 自力で建ってるのも無理って感じの弛緩具合。四方からつっかえ棒で支えられ…何かいい感じ。この状態で悲壮感を漂わせていないのは心優しいオーナーに温かく見守られているからでしょう…って、勝手な解釈ですね。いつものことですが…

(於:京都市右京区) 人気ブログランキングへ ホント今日は温かったわ

|

« 昔ながらな街角に、郷愁誘う街路灯… | トップページ | 家屋の谷間の珍光景 »

京都ネタ」カテゴリの記事

何げな」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

悲壮感というよりのどかさ加減が・・・
生まれも育ちも泉州の人間には、懐かしい「タマネギ小屋」を彷彿させるものがございます。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月20日 (水) 20時03分

ぽんぽこやまさま毎度です。
今回もニュアンスお解り頂けた様で嬉しいです。

>>懐かしい「タマネギ小屋」を…

とのことですが、最近はもう見かけないのですか?
それは、たまねぎ畑が減ったということなのか、近大的な倉庫で吊るしてから出荷する様になったということか…どうなんでしょうかね。

コメントいつも有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月21日 (木) 19時41分

たまねぎ畑が減ったような気がします。
我が家の裏にも以前はなかった外環状線が走りましたし。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月21日 (木) 21時24分

ぽんぽこやまさまこんにちは。
私は“泉州たまねぎ”と聞くと、どうも沿岸部に近い泉州を思い浮かべるんですけど、山間部の泉州でも、たまねぎ畑はあるんですね?。知りませんでした。
外環状線ができて、ちょっと様変わりしてしまった気もしますが、ちょっと中へ入りますと昔な風情はまだまだ健在ですよね? 今は…違いますかね?
コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月21日 (木) 23時17分

そうですね、昔な風情はそのままなところも多いですけど、建物はさすがに新しい建物が増えました。
子供の頃はまだ茅葺きの家もあったし、我が家はまだ「おくどはん」で煮炊きして、五右衛門風呂でした。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月22日 (金) 00時22分

>>子供の頃はまだ茅葺きの家もあったし、我が家はまだ「おくどはん」で煮炊きして、五右衛門風呂でした。

…って、びっくり。
そんな体験してはる40代って、滅多にいてはれへんのとちゃいますか。
ドンドン自慢してくださいよ。ほんま。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月22日 (金) 00時26分

え”え”え”~~~~~!
そんな珍しいですか、40代じゃshock・・・

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月22日 (金) 16時44分

私のまわりでは、めちゃ珍しいんですけど、泉州では普通やったと。なるほど。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月23日 (土) 14時26分

いえ、単に「山奥」だったからかと思われます。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月23日 (土) 17時08分

ま、いずれにせよレアな経験をされてるわけですよ。
伝えてくださいね若い衆に。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月23日 (土) 21時51分

家に入ったら、まず「土間」で。
今みたいにデジカメがあったら、たくさん写真を残しているんですけどね、ほとんど自宅の写真が残っていないのが残念です。
でもね、おくどはんで炊いたご飯って、やっぱり美味しかったなと、今でも思います。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月24日 (日) 09時12分

「おくどはんで炊いたご飯って、やっぱり美味しかった」な話は、よく耳にしますね。今の炊飯器テクノロジーをもって炊いても勝てん…すごいことですね。
話それますが、私は普通のガス炊飯器からIH炊飯器に変わったとき、結構感動したんです。その炊きあがりに。おくど飯を知らんというのも幸せなもんです。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月24日 (日) 18時36分

あー、でもIH炊飯器になって、ずいぶん近づいたと思いますよ。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月27日 (水) 17時23分

やっぱりそうですか。
あと「おこげもできたらなぁ」と思って調べてみますと、ちゃんとあるんですね。
“炊飯器”って…その便利さを考えると有り難い家電製品やなと改めて思いました。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月27日 (水) 18時05分

ウチも副業で米屋やってたんですが、思いつかなかった方法です。
新聞で読んだことがあるんですが、どこかのお米屋さん、鍋を使ってガスコンロで米を炊いてるんだそうです。
いろいろ試した結果、それが一番おいしいという結論だったとか。
もちろん方法は、「はじめチョロチョロ、中パッパ。赤子泣いても蓋取るな」を忠実に守ってるそうですけど。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月27日 (水) 20時53分

なるほど、その方法がいちばん美味しいと。
さすが専門家の仕事ですね。
素人には…やっぱり炊飯器かなぁ。

時々“ご飯(白飯)が売り”の飲食店ってありますね。そんなご飯、いっぺん食してみたいもんです。

ぽんぽこやまさまコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月28日 (木) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47345759

この記事へのトラックバック一覧です: 春の様な陽射しで緩む? 納屋:

« 昔ながらな街角に、郷愁誘う街路灯… | トップページ | 家屋の谷間の珍光景 »