« 家屋の谷間の珍光景 | トップページ | 郊外の住宅、夕日に照らされて… »

2010年1月22日 (金)

豊中市熊野町1のキンチョール

Kuma1a Kuma1b Kuma1c 伊丹空港へ仕事で出かけ、帰りしな「江坂まで歩いてみたろ」と地図も持たんと何となく東南の方向へ歩き始めたけど、小さい新興住宅地が多く、「あんまりおもろないなぁ」という気分に差し掛かったところに…ありました、味わい深い町名看板が…見ての通りでございます。
 上部の深い青色が何とも懐かしい感じ。下部のキンチョールももちろんいい感じ。右肩には“蝿退治には…‥!”と記されています。「蚊より蝿に悩まされていたあの時代な」とか思いましたが、看板の最下部に、あの懐かしい手押し式の噴霧器が描かれていて納得。このタイプの霧じゃ、部屋では使えませんもんね、粒子が粗すぎて。そうそう、便所とかでよく使いましたわ…って、うちは“アース”でしたが。まぁこの絵と説明では、若い衆に理解してもらえんでしょうな。
 この看板、掲示板に付けられていましたがよく見ると、新しい木ネジでとめられています。元々どこかの民家の外壁にあったものをわざわざ移設し、ここで“保存”してはるのかもしれません。熊野町…石の橋があったり古い民家が残っていたりでとてもゆったりとした気分になれる町でした。
 結局江坂まではたどり着けず、桃山台の少し手前からバスに乗っての帰宅。淀川以北の大阪は、私にとってほとんど知らんところ。狭い大阪でも違うもんですね、色々と。

(於:豊中市) 人気ブログランキングへ 蝿はどこへ行った?

|

« 家屋の谷間の珍光景 | トップページ | 郊外の住宅、夕日に照らされて… »

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

狭い大阪でも・・・ですね。
5月のインフルエンザ騒ぎの時なんて、大阪北部じゃ電車の中でもみんなマスクしていて、車内アナウンスもされていて異様な緊張感でした。
で、南大阪へ戻ってきて、出かけたらちょうど女子大生4人が待ち合わせ中、誰もマスクをしていませんでした。その一人が遅れてきて、マスクをしていたんですが、「やーマスクしてるぅ」・・・
こんなにも違うのかと。

投稿: ぽんぽこやま | 2010年1月24日 (日) 09時08分

大阪府、北部と南部はかなりニュアンス違う気がしますね。
メッチャざっくりですが、淀川以北、真ん中、大和川以南…違う気がしますね。
何故か大和川以南には馴染みあるんですけど、淀川以北、北摂は昔も今も何か縁がなくて。
不思議なもんです。

投稿: 山本龍造 | 2010年1月24日 (日) 18時31分

おはようございます。

キンチョールの菱形琺瑯看板はよく見かけるのですが、この町名表示板バージョンは初めて見ました。

投稿: からす | 2010年2月 7日 (日) 08時18分

からすさまこんにちは。
これ…かなり気に入ってます。私もまぁ、はじめて見ましたが菱形モンよりええ感じやなと思いました。
東大阪市四条町のキンチョールもそれなりに好きでしたが。
コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2010年2月 7日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/47368277

この記事へのトラックバック一覧です: 豊中市熊野町1のキンチョール:

« 家屋の谷間の珍光景 | トップページ | 郊外の住宅、夕日に照らされて… »