« 業界団体の会館 19 ◆ 大阪古書会館 | トップページ | 防火水槽 13 ■ 東住吉区北田辺3−4−16 »

2009年10月31日 (土)

月組 瀬奈じゅんさん退団公演“ラスト・プレイ/Heat on Beat!”

Hob 久々の歌劇観劇。今回は瀬奈じゅんさんの退団公演ってこともあってかええ席全然取れずでS席やのに2階…ま、1列目やから良しですか。
 最近在任年数短いトップの中にあって、4年もその座にいてはったわけで、出し物『ラスト・プレイ』、退団に合わせたオリジナルということでした。その内容と演出の感じは…う〜ん。もひとつ深みのない人情話(?)仕立ての上に、所々コミカルな演出が入って…あの話にそんな笑う部分が合うかな?必要かな?とかちょっと思ってしまいました。セットももひとつお金かかってない様な…冠スポンサーの付かない出し物やと、こうなるんかなぁ。でも、まぁ、スマートでサラッとした中にちょっとユーモアのある…瀬奈じゅんさんの退団にふさわしかったんやろなと思います。最後のシーンは瀬奈さんが舞台左隅から去って行き、中央に霧矢さんが残るという…トップ交代をうまいこと演出してありましたね。
 続く『Heat on Beat!』、出だしは結構良かったんですけど…なぁ。
 ま、正直に言うと、私が好きなトップ像ではなかったみたいです、瀬奈さん。どういうか、どっか“クサ味”を感じるくらいの“どやっ”感があるタイプが好きかなぁ。ある意味“昭和的トップ像”かもしれませんが。そういう意味においてついにトップになる現2番手、霧矢大夢さんには大いに期待しています。うちのひとは今回の出し物を見て「ちょっと体型がなぁ…スーツ姿はキツイもんがあるなぁ」とか言いますが、そんなんどうでもよろしい。その持ち味で我々を魅了してくれはることでしょう。
 ちょっと遠ざかりつつあったヅカ観劇、また楽しみになりそうです。

Kiriyan  そうそう、今日の公演はどっかのカード会社の貸切公演。で、幕間に抽選会がありまして、うちのひとに、霧矢大夢さんのサイン色紙が当たりました。ま、それなりに嬉しいもんですね。その色紙には写真も貼付けてあります。しかし何ですわ、やっぱりタカラヅカの魅力はスチール写真ではさっぱり解りませんね。私も何十年とポスターでしか宝塚歌劇を知らなくて、その頃は「…ゲボいわぁ、ゲテモンっぽいけど何がええんやろ?」と思ってましたからね。やっぱり、いろいろ生で観てみんと、解らんもんです。

人気ブログランキングへ

|

« 業界団体の会館 19 ◆ 大阪古書会館 | トップページ | 防火水槽 13 ■ 東住吉区北田辺3−4−16 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

チケット取れんかった・・・
うらやましすぎる。

宝塚のトップも割合時代を反映するようで、最近は少ないですね、クサいぐらいの男役さん。アサコも割合スッキリ系というか、今で言えば草食系というか。

いよいよ、次はきりやんの出番ですか。音校主席で卒業してから長かったですね。晴れてトップとは、きりやんも大きくなったモンです。確かにちょっと「濃さ」がありますよね。

二番手からトップに昇格したら「え?」というぐらい変わる人って結構います。二番手ってやっぱりちょっと目立ちすぎないようにしないといけないですからね。それがトップとなると、デーンと真ん中に立たないといけない訳で。過去のトップさんが口をそろえて「ものすごく近いようでいて、限りなく遠かったのが、トップと二番手との差」といいます。きりやんも大きく変わると思いますよ。

きりやん、応援ありがとうございます、何のゆかりもありませんが、同じ泉州人として。

このネタに食いつくのって、やっぱり自分だけなんやろうか。ナムダーさんとか反応なさそうです。「アサコ?きりやん?それ何なんや」とか思わはるんやろか。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年11月 1日 (日) 09時49分

「アサコ?きりやん?それ何なん…知りませんなぁ。」

…てなことはありませんけど、ま、そういう愛称は濃い“通”な人たちに使うのまかせときますわ。当方にわかヅカ好きですんで…はい。

霧矢大夢さんも大空祐飛さんも2番手3番手時代が長過ぎてちょっと気の毒に感じていました。
紫吹淳さんがトップだった時代の月組好きには、そのお二人がそろってトップになって嬉しい限りです。

ぽんぽこやまさま、コメントありがとうございました。

あ、そうそう、チケットなんですが、すべてうちのひとにまかせてあるんですが、今回6枚取れたと言ってました。勿論ダフ屋系からの購入ではなくてね。残りは“定価掲示板”とかいうサイトがあって、そこで手放したとか言ってました。今度から、そこもチェックしてみはったらええのとちゃいますかね。

投稿: 山本龍造 | 2009年11月 2日 (月) 16時35分

あ、知ってます。使ったことあります。

最近は復活してるとか聞きますが、以前は劇場へ直接行っても「さばき」の人たちが並んでたんですよね。

お互い暗黙の了解で定価(それでも売れなければ安く)で売ると。どうもダフ屋が入り込んだみたいで、禁止されましたが。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年11月 3日 (火) 11時10分

うん、いましたね。禁止になってますが。プロのダフ屋はいざしらず、素人が高値で人気公演のチケットをネットで売買するって…抵抗ありますわ。ヤミの人間のやることを素人がやる…ある意味縄張り荒らしてるかもです。
ま、薬物も同様ですから、無意識のうちに素人が悪さしてる感じになってるんでしょうね。共に覚悟が…感じれません。

話それました。すんません、ぽんぽこやまさま。

投稿: 山本龍造 | 2009年11月 3日 (火) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組 瀬奈じゅんさん退団公演“ラスト・プレイ/Heat on Beat!”:

« 業界団体の会館 19 ◆ 大阪古書会館 | トップページ | 防火水槽 13 ■ 東住吉区北田辺3−4−16 »