« 胡麻豆腐、チルド室で高野豆腐に | トップページ | あぁ懐かしのサンヨー・ネガカバー »

2009年7月 2日 (木)

樹木に呑み込まれた記念碑

NomikomareMoji “狛虎”があることでタイガースファンがよく参拝する(?)大江神社で、見事に樹木に取り込まれている石碑発見。“御大典紀念” “帝国在郷軍人會 ”の文字からすると1915年の大正天皇・即位の礼か1928年に行われた昭和天皇・即位の礼の時に植樹された木ということか。100年近く経てば木ってこんなに立派になるんですね。当時の人たちはそこまで想像…できんわな。
 余談ですがこの石碑にある“念”ってどういう意味なんでしょう? “念”の間違いでは…と思ったりするんですが…

(於:天王寺区)

追記:“念”とは「特定の日時に起こったことを、特定の期間に念ずること」と説明してあるサイトがある一方、「“念”の誤用」と角川書店の漢和辞典「角川新字源」には記されていました。

|

« 胡麻豆腐、チルド室で高野豆腐に | トップページ | あぁ懐かしのサンヨー・ネガカバー »

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/45517663

この記事へのトラックバック一覧です: 樹木に呑み込まれた記念碑:

« 胡麻豆腐、チルド室で高野豆腐に | トップページ | あぁ懐かしのサンヨー・ネガカバー »