« “サン”の“ノ”だけ残してある… | トップページ | 花紀京さんの隣、原哲男さんやん…とか何とか »

2009年6月17日 (水)

火の見櫓。むかし鐘、いまサイレン。

Hinomiyagura Siren まぁ上に登って火事が起こってないか監視するってことはやってへんでしょうけど、まだまだあちこちに“火の見櫓”って残ってますな。で、そこにはたいてい“鐘”が吊ってあって…金属が高騰してた去年はあちこちで盗難にあったりしていましたけど、この火の見櫓も鐘がない。まぁ盗まれたんではないと思いますが、鐘のあるところにサイレンが取り付けられています…いやたぶんサイレンやと思ってるだけですけど。
 ほとんどの火の見櫓がトマソン化してる中、これは街の異常を住人に知らせるという役目を今も果たしてるんやなぁと思うと、ちょっと嬉しいなと感じまして。

(於:東大阪市)

追記:よく見たらこの火の見櫓、電信柱より低い。これでは上から監視は…できんねぇ。

|

« “サン”の“ノ”だけ残してある… | トップページ | 花紀京さんの隣、原哲男さんやん…とか何とか »

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/45369716

この記事へのトラックバック一覧です: 火の見櫓。むかし鐘、いまサイレン。:

« “サン”の“ノ”だけ残してある… | トップページ | 花紀京さんの隣、原哲男さんやん…とか何とか »