« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

ソース 11 ▲ 金紋ソース お好み焼

Okokin 前回の『金紋ソース とんかつ』に続き、今回は姉妹ソースと言っても良いでしょう、金紋のお好み焼です。書くべきことはもうその時に書いてしまった感が強くて…てなわけで、おさらいを。
 金紋の“とんかつ”と“お好み焼”はどう違うか?これが難しい。ほとんど一緒に思うんですが、その違いは、甘さにある様です。“とんかつ”はそのままかけておいしい味。“お好み焼”はジュっといわせてナンボの味…で、焦げ付き緩和の為に砂糖少なめ甘味料多めにしてあると言うことらしいです。確かに昔、ネット上でここの社長さんかどなたかが、商工会か何かのインタビューか講演で言っておられたのを読んだことがあるんですが…いまは見つけられませんので「この違い、絶対です」とも言い切れないんですが。
 で、お味ですが、期待通りの甘口でコクのある…やはり大阪地ソースの王道的味わいで、好きですわ。
 前回の『金紋ソース とんかつ』も合わせてお読み頂ければ幸いです。なお、今年春より金紋ソース本舗さん、HPを開設されています。

名称:濃厚ソース 原材料名:野菜・果実(トマト、りんご、たまねぎ、その他)砂糖、 食塩、醸造酢、香辛料、でんぷん、酸味料、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(タマリンド)、甘味料(甘草)、保存料(パラオキシ安息香酸) 製造者:株式会社 金紋ソース本舗 大阪市旭区太子橋…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

できちゃった領域

Ryoiki 「ええか、ここだけは入ったらアカンで」とちゃうちゃう。
 まぁよく見かける光景。配慮なき作業の果てにできた作為なきこの領域。ナンダカナーと思い見つつも、花が侵蝕するとそれなりに意味がある様に見えてくるもんやなぁ。

(於:天王寺区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

アホげの原点。小学館『交通の図鑑』の“超巨大かぼちゃ”

 幼稚園の頃でしたか、小学館“学習図鑑シリーズ”を何冊か両親に買い与えてもらっていました。動物、植物モンなんかには全然興味なっかたのですが、この『交通の図鑑』だけは、本当に好きで、よく見てました。
Koutsuu Mirai  “エア・カー”というタイヤのない自動車が描かれた未来図…にはなぜか興味が湧かなくて、「ええなぁ」といつもずっと見ていたのが、「自動車のはたらき」という町の鳥瞰図。“都市・町・農村・漁村の四つの地域がかかれています”と記されていますが…う〜ん?。
Fukan_3  子供の時にはそんな風に感じてなくて「何とものどかな田舎まちの景色やなぁ」とこれを見ながら和んでいたわけです。もちろん色んな“働くクルマ”が描かれており、全体を見て和み、部分を見ては“働くおっさん”になり切って…空想で遊んでいたという、まぁ、今と変わらんなぁとか思いますね。
Cow Dotekabocha  で、です。その頃ホンマに気に入ってたのは、この、トラックに積まれたドデカいカボチャ。荷台から推測するに直径2メートル以上あります。大根も長さ3〜4メートルある様で荷台からはみ出しています…って、どういうつもりでこの絵を描きはったんでしょう? 「子供やったらわからんわからん」てな感じだったのかなぁ。まぁ、しかし今も昔もこのカボチャは何ともかわいらしく見えるから、これでええんですけどね。それと…トラックと比較して改めて見ると、牛もごっつ巨大に描かれていたんですね。

 日々の生活の中で「けったいなもん」を見つけ、愛でるという感覚は、この図鑑のこのページから始まった様に思えてなりません。三つ子の魂百まで…もうちょっと学術的な方面に興味もっていたらよかったかなぁ…って、ありえん話ですが。

学習図鑑シリーズ9『交通の図鑑』●(株)小学館発行
昭和31年11月初版発行、昭和36年6月改訂新版発行、昭和45年10月改訂23版発行、定価350円

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

業界団体の会館 15 ◆ 大阪酒販会館/酒業会館

Shuhan Shugyo 看板には“大阪酒販会館”とあり、建物には“酒業会館”とあるのでどちらが正式名称かが不明。大阪酒販協同組合以下、大阪府小売酒販組合、大阪府小売酒販組合連合会、全国小売酒販組合中央会近畿支部、全国酒販生活協同組合大阪支部、大阪府調味食品販売組合連合会…とまぁ、何がどう違うのかよくわからん組織の名前がずらっと玄関横に記されてました。要するに“街の酒屋さんの会館”ということでしょうな。

(於:天王寺区)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

第二寝屋川を渡る玉串川にも水が流れてる!

Dainineya Tamakushi ちょっとローカルすぎる話題ですんません。
 この写真、大阪は東部、東大阪市で第二寝屋川に注ぐ玉串川です。玉串川は大和川の付け替え以前の川のひとつで、主に農業用水として使われています。今はもうここが玉串川の終点みたいになっていますが、昔は城東区まで流れ、楠根川に合流していたそうです(第二寝屋川は1969年に掘削されできた川)。
 で、この左側の水路は第二寝屋川を渡る玉串川ではあるんですが、私が見るときはいつも水が涸れていて、もう第二寝屋川越しに水を流すことがないのかと思っておりますと、先日、この水路橋に水が流れているではありませんか。どうやら田植えの時期にはやはり第二寝屋川より北側にも水を流す必要があるということなんでしょうね。今でも時期によっては使われているとは…知りませんでした。ただこの場所より下流(北部)の玉串川は、暗渠になったり下水道と化してたりで、ここより上流(南部)の桜並木の美しい川並との風情とは全く違った形になってしまってます。それでも年に何度か水路として使われていて、何だかホッとしました。
 なお、“万華鏡 〜無音の爆走〜”のナムダーさんが、旧大和川の名残を訪ねてはブログに書いておられます。旧大和川のことほか、中河内の身近な歴史に興味ある方にはおすすめのサイトです。

(於:東大阪市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

防火水槽 4 ■ 天王寺区夕陽丘町 - 愛染さん

Suiso4a Suiso4b 半年ぶりの防火水槽発見は、ありそでなさそなお寺の境内にて。横に蛇口とこれまた昔っぽい洗面台があって、肝心の防火水槽には蓋がされていてその上にタワシとスチールウール、そして墓石に立てる卒塔婆が置いてありました。ま、流し台代わりに使われているということでしょうかね。で、蓋を開けて中がどう使われているかを確認せなんだのが残念。やっぱ所詮ひと様の真似事なわけで、真剣味に欠けてますわ。反省。
Aizensan  この物件、大阪三大夏祭りのひとつ、愛染祭で知られる愛染さんにありました。正式には“愛染堂勝鬘院”というそうですが、ほとんど知られてない様に思います。てなわけでここに入る通路にもお寺が設置したであろう看板に“愛染さん”と記されています。普通は自分とこを説明するのに“さん付け”では書かんと思うんですけど…何や変わってる気がするなぁ。“四天王寺さん”とか“天神さん”“住吉さん”なんて看板ありえへんもんね。けど…“ビリケンさん”は…ありかもな。

(於:天王寺区)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

中卯橋 松屋橋 吉野屋橋 数寄屋橋…

Kente1_2 Ossanbeer いつもの新歌舞伎座裏、Beers&Bar“N○L△”のマスターが受検したということで、“なにわなんでも大阪検定”の2級問題を見せてもらい、挑むも「こらあかんわ」。さすがに難しいもんですね。ひっかけ問題とかおちゃらけ問題は絶無…と思って見ておりましたら1問、ありました。第62問。
「四ッ橋に実際にあった橋の名は」…の四択、全部牛丼屋やん。“松屋”以外は微妙に変えてあるから最初は気付かなんだ。この程度の遊び心は、心地よいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

堅ぶつ v.s がんこ餅

Kataganko Katabutsu Gankomochi こんなふたつの商品がスーパーに並んで売られてて、同じ商品やと思って見たら…ちゃうやん。
 左の亀田製菓の“堅ぶつ”、右のぼんちの“がんこ餅”。ちゃうけど一緒やんこのふたつ。こんなに似ててええの?って感じ。おかき自体は堅ぶつの方が小さくて淡い色、がんこ餅は大ぶりで香ばしっぽいきつね色…とまぁ差はあるけど、味、味もやねぇ一緒、いっしょやん…って、違いがわからない男ってだけのことか。
 どっちが先に売り出したんかなぁ。“堅ぶつ”は亀田のサイトでは2008年2月の新製品の様で、ぼんちの“がんこ餅”は少なくとも2006年には売り出してはるみたいなんで“がんこ餅”の方が元祖の様ですが、このパッケージに関しては、どっちが先かはわからんまま。まぁ、大阪人として、大阪の会社、ぼんちの“がんこ焼”を贔屓することにしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

朝日のラジオ、夜の番組自社制作から撤退て…えぇ?

Couger やっぱりラジオ、しかもAM。電波状態悪くてジュワジュワの雑音にまぎれて聞こえてくるその風情が、これまたええなぁ。テレビと違ってまだ地方色が残ってて…とか思ってたら何々?“朝日放送、夜のラジオ番組自社制作から撤退”?しかも改編期ではなく来月から?景気悪化の速度がはやすぎて秋まで待てんということか? で、在京3局より番組をネット放送するて…つらいなぁ。で、つまらんなぁ。
 朝日放送と毎日放送だけは自社制作を減らすとは思わんかったし、そう思い込んどったけど、時代の流れかねぇ。「おれヤンタン」「わたしヤンリク」「わしは…ぬかるみ」な時代も遠くになりにけりや。
 メディアの東京一極集中の流れは変えられへんのかねぇ。「大阪発サブカル(死語か…)文化の火を絶やしてはいかん!」とか言うてますと、うちのひと「そんなんはな、もうブログとか、そんなメディアが担ってるねん、今は」と。確かに。そや、これもブログやん。さ、せっせと大阪発サブカル文化を発信せねば…とか何とか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

“お好み焼スナック”あるョ

Okonomisunakku Okoodesu お好み焼スナック…どんなママがお好み焼はさんでお相手してくれはるんやろ?屋号はどこか中華っぽいから“姑娘”かね? で、行ってみる?
「いや…よろしわ」。

(於:京都市中京区)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

立ち呑み屋ごっこ

Tachinomiya Wakiwaki 一夜限りの立ち呑み屋ごっこ。いつもの濁酒、わっき湧き…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

この電柱、私有地に立ってるわ

Kandenchu Kandenchu0 信号目の前で赤に変わって横断できんで「ちッ!」とか思いつつ何げにいつもの光景見たら、あれっ?この電柱、私有地に立ってる。マンション角のいち部分だけが電柱用に凹んでるわ。自宅引き込み用のポールはまぁ見かけるけど、こんなごっついトランス付いてるやつが私有地にあるって珍しいと思いますねんけど、電柱は公道にあるもんやとの思い込みが間違いってことなんかなぁ。

(於:中央区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

花紀京さんの隣、原哲男さんやん…とか何とか

Hanakitetuo_4 TechanHanaki 何げに自転車乗ってたら“花紀”という飲み屋があった。「おっ、花紀京さんみたい」と隣見たらこれまた居酒屋で“てっちゃん”。同じ棟に二軒飲み屋があるというのも変わってるけど、やっぱり「花紀京とくれば原哲男。てっちゃんは原哲男のことかも」とか思い出したら「…そうそう、この人らの掛け合いはサイコーにおもろかったわ」てな気分に。“花紀京”さんと言えば“岡八郎”って人も多くいるみたいやけど、やっぱりわしは「誰がカバやねん」の原哲男さんとのやりとりが一番面白かったわ。もう生ではふたりの掛け合いも見られそうにないなぁ。古い話になってしもたもんや。

(於:東大阪市)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

火の見櫓。むかし鐘、いまサイレン。

Hinomiyagura Siren まぁ上に登って火事が起こってないか監視するってことはやってへんでしょうけど、まだまだあちこちに“火の見櫓”って残ってますな。で、そこにはたいてい“鐘”が吊ってあって…金属が高騰してた去年はあちこちで盗難にあったりしていましたけど、この火の見櫓も鐘がない。まぁ盗まれたんではないと思いますが、鐘のあるところにサイレンが取り付けられています…いやたぶんサイレンやと思ってるだけですけど。
 ほとんどの火の見櫓がトマソン化してる中、これは街の異常を住人に知らせるという役目を今も果たしてるんやなぁと思うと、ちょっと嬉しいなと感じまして。

(於:東大阪市)

追記:よく見たらこの火の見櫓、電信柱より低い。これでは上から監視は…できんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

“サン”の“ノ”だけ残してある…

NoSun  これ、同じ看板の表裏。右の写真にうっすらと“サン”の字が残ってる。“”に屋号変えはった?でもなさそう。なんで“”だけ残さはってんやろ。“盧さん”のお宅…ってことも考えられるな。

(於:生野区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

朝顔似。けど似て非なるもの“オーシャンブルー”

Oceanb Ryukyuasagao 朝顔似のこの草、ちょっと尋常じゃない繁殖力で…ちょっと苦手。6月の中旬にしてこの状態。朝顔が持つ“儚さ”がないねんなぁ。似て非なるものやと思うんですけど別名“琉球朝顔”とも言うらしいから、やっぱり仲間なんかなぁ。これが繁殖しすぎて街路樹が枯れてしもてるのもみたことある。暑苦しすぎ。涼しさが感じられへんねん。なんぼオーシャンブルーって名前で売られていてもな。

(於:中央区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

えっ、近鉄?全員ブライアントやん?

Buf_2  自転車でうろうろしてたら…「えっ?近鉄バファローズ」な光景が。ホンマかいなと近づいて見るとやっぱり近鉄バファローズ”のユニフォーム。しかも先代のいかにも「猛牛いてまえ」なデザインのやつですわ。たとえ草野球チームでもこういう光景を目にできるのは何ともうれしいなぁとか思いながらよくみると
Bryant Bryant0 Brya  全員“ブライアント”やん。“ローズ”ちゃいまっせブライアントでっせ。“10.19”とか…懐かしいなぁ…は、ええんですけど、えぇみんなBRYANTっておもろいなぁこのセンス。やりまんなぁ。さすが大阪の草野球チームはちゃいまんなぁ。
 で、帰って調べるとここのチーム名が“BRYANT”ということやとか。“ネットで知り合ったメンバーばかりです”とのことですから、興味ある人は調べてみてください。

(於:東成区…たぶん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

昭和なプラ看板 30 ● さくらカラー

Konishi6 フイルムの存在自体がもう「はぁ?」な時代、“さくら”と言ったらコニカミノルタコニカサクラ、そしてさくらやから…随分前のブランドやね。きっともう「あれ何の看板なん?」という世代も出てきてるんやろなぁ。桜の花の中に六と書いてあったマークも味わいあったわ。あぁ懐かしわ。

(於:東成区 2002年)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

pallalinkの…今度のもええわぁ

Pallalink 唯一無二やわぁこのpallalinkの人らのやってはる事は…って知識ないだけかも知らんのですけど、ほんまおもろいわ。考え方がしっかりしてはるんやろね、毎回違う事してはるんやけどブレがないというか、完成度が高い。“展覧会で見てもらう”とういうことの重みを解ってはると言うか…参りました。
 時代の空気感にも合ってるんやろなぁ…ビジュアルといい音といいプロジェクター(4台!)から出るファンが風切る雑音もみな一体化してると感じたなぁ。そんなこと思いながら見てたら、色んなこと思いついて、色々考えた。うまくは書けんのですけど、既存のものと今と言う時代と我がの心地よさと…その辺を再構築してモノづくりしていかんと意味ないかも…みたいなことかな。
 今回の彼らの展覧会では“万華鏡”的な作品もあって…まぁ、理屈抜きにそのまま楽しいと思ったのが正直なところ。大阪市の端っこ、ちょっと遠い会場ですけどどないです? 夕刻時に行ってちと寂れた駅前商店街の酒屋で一杯呑んで帰る…ええと思うなぁ。

●PALLALINK EXHIBITION REFLECTIONS 5
 “REFLECTIONS 5 CROSSING/CRASHING

 会場:海岸通ギャラリーCASO space C
     大阪市港区海岸通2-7-23(地下鉄大阪港駅下車徒歩6〜7分)

 会期:6月9日〜6月21日(11:00-19:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

米朝、次の手思案ー上方落語界に激震か…

Beicho 米朝、次の手思案 やっぱ米朝一門は上方落語協会にちょっと距離置いてる雰囲気があるしなぁ…とかではないですが、ついつい新聞の見出しに“米朝”のふた文字を見ると、勝手にわざと意味変えて読んでみません?…大阪人の性かなぁ。

 

荒川防火水槽研究会さんは、数日前のブログでテニスの全仏オープンの“全仏”に反応してはりました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

宝塚の『美ゆ輝』…ええ店やわぁ

Miyuki_1 Miyuki_3 Miyuki_4 Miyuki_5 Miyuki_6 Miyuki_7 Miyuki_2 昨日の観劇の後は、JR宝塚駅北の割烹“美ゆ輝”でええ夕べを過ごしました。
 今回でまだ二回目の訪問でしたが、ちゃんと覚えてくれてはったかして、入店と同時に「あらぁ〜」と店主。味も雰囲気もたいへん上質、その上この若い大将のキャラがまたええ感じで、何ともゆったりとした気分の会話が弾みます。関東圏出身というのもちょっと氏の普通とは違うニュアンスの要因になっているのでしょうか?もちろん良い意味での話です。
 こういう人を見る度に最近「関西へようこそお越しくださいましたっ!」って気分になるね。
 お酒は広島は賀茂鶴の別チャンネルブランド“五大天”の純米吟醸と奈良、春鹿・純米吟醸“しぼりばな”。“五大天”は広島の酒とは思えない少し辛口な味わい。春鹿は濃醇甘口てな感じでした。あともうひとつ置いてはりましたが「おすすめできませんで…」とのことで…。
 夜の部は17時からとやや早めからやってはるのも有り難いところ。しばらくすると常連さんと思われるお客さんも来店でますます居心地よくなって…「ヅカ観劇後以外でも、わざわざ行きたくなるなぁ」てなことを思いつつ、店を後にしました。

●美ゆ輝:兵庫県宝塚市川面 JR福知山線 宝塚駅下車北へ約3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

月組公演“エリザベート”

090609_1  青樹泉さんのルドルフ役を観ようということで今日は…SS席。ちょっと偉そーな席で楽しんできました。
 “エリザベート”…今回で観るの4回目らしいんですが、最初観た時はこの出しモン嫌いでね。何とも陰気な話やでと思っていたんですが徐々に「ベルばらより“通ウケ”する世界ちゃう?」と感じはじめ、今回も改めて「ええな、これぞタカラヅカやな」と思った次第。出演者の多さに迫力あるし、心地よい旋律の中に適度に毒気ある不協和音があったり…お子様な感じがなくて大人な深みがええと思いました。贔屓の豚まん(失礼!)、霧矢大夢さんがフランツ・ヨーゼフ役で「ちょっと…なぁ」という不満もありましたが、ひと通り芝居が終わった後に舞台左より登場してテーマ曲を歌う霧矢さんをみて「あぁ、やっぱりこの人迫力あってほんまもんやわ」と。「どんな役でも(たとえ冴えんオッサン役でも)ごっつ上手いことこなさはるわぁ」…って、当たり前すぎて失礼ですね、ごめんなさい。ルドルフ役の青樹さんは、しゅっとしたスタイルの中にさみしさも感じられええ感じでしたが、ちょっと線の細さが気になるところではありました。まぁ、あのバウホール公演“大坂侍”での目に焼き付くあの間抜けな演技が光っていただけに、これからも期待して見させてもらいましょう。
090609_2 で、次作で退団か?と囁かれている(らしい)瀬奈じゅんさんですが、何だか久々にかっこええ役の氏を観た様に思いました。やっぱり長いことトップやってはるだけスマートな中にもダイナミックさ光る…って書けば何とも薄っぺらい感じなんでヤメときます。あと、双方のファンの方々に怒られそうですけど瀬奈さんのトートの中に…若き日の大槻ケンヂ氏が見えました。そうか、オーケンは死神のイメージやったんか。いや、そんな単純なことではないでしょうけど。彩輝直さんなどのトートには…見えなかったんやけどなぁ。
 今回の公演でもまたひとり「ええんちゃうん」なひと発見。真愛涼歌さん。今回の発見は、初の娘役…って、まぁ、我がの趣味ってことかも。美人な娘役もええんですけど、やっぱり映美くららさん的かわいい娘役トップをそろそろどうなんでしょ…って邪道ですかね。
 観劇も終わってお手洗へ。用を足したふたつ隣の人がボソッとひと言「…キッチュ」。思わず言うてしもたんやろなぁ。わかるわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ソース瓶はお酒用に再利用できないそうです

Saucebin Takara_s “うまい酒”でお馴染み香芝の酒蔵へお酒買いに行ったら敷地の隅にソースのレッテル貼った一升瓶の山を発見。何や知らんブランドのんいっぱいあって興味津々でしたがそれより、なぜソースのだけ別にされてるのか蔵元に訊いてみますと「ソースに使われた瓶は洗ってもニオイが残ってて使えませんねん」と。それでも1本5円で引き取ってはる言うから気の毒な話。たぶん瓶回収業者から中古瓶仕入れたらソースのヤツも混じってくるんやろね。てなわけでソース瓶は処分されるそうです。知らんかった。
 知らんかったと言えば、奈良県桜井市にも“タカラソース”ってあるというのも知らんかった。というか奈良にも地ソースあるんですね。どこに売ってるんやろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

東大阪市四条町のキンチョール

Chomeikinchol 青とも緑ともつかん色合いと赤で書かれたキンチョールのロゴ…住所表記の部分はさておき、広告の部分が何ともキュンとくるわぁ。
 東大阪市が誕生したのは1967年ということですから、そんな古いモンではないのでしょうけど、雰囲気がある逸品です。ちょっと古い写真ですし、おまけにブレてるけど、まぁこれからハエ、蚊の季節ということでひとつお許しを。

(於:東大阪市 2002年)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

ソース 10 ▲ キッコーマンデリシャスソース ウスター

Kikkoman_s_2  今回はナショナルブランドのソースを。
 キッコーマンのソースって、幼少の頃は竹村健一が「デリシャスちゃいまっせデリーシャスでっせ」みたいなテレビCMもやってたし、イカリやカゴメと同じくらい売ってたのに、何故か気がつけば、大阪ではほとんど見かけなくなって…。その頃このキッコーマンのソースが格段に美味しく思ってたなぁ。
 で、久々にあるスーパ−で見つけて購入してみました。食してみましたところ…嗜好が変わったんかなぁ、普通に美味しいと思うだけであの幼少の頃の感動がなかった。でも、いや、さすがは大手企業のソースというか、信頼のブランド?JAS特級やからか、旨味分の沈殿物がたっぷりで、本格派って感じの味。後からグッと効いてくるスパイシーさがまた“大人な味わい”。こんな味が幼少の頃に好きやったって…ただの“背伸び”で、大人ぶった嫌なガキやったってことなんかなぁ。まぁ「嫌なガキ」やったことには違いはないけども。
 ちなみに1936年からキッコーマンはソースも手掛けてはるそうですから、70年ほどの歴史があるわけですが…何でシェア伸びないんでしょうかねぇ。不思議な気がします。

品名:ウスターソース 原材料名:野菜・果実(トマト、たまねぎ、りんご、その他)、醸造 酢、砂糖、食塩、香辛料、カラメル色素、香辛料抽出物、調味料(アミノ酸)、甘味料(カンゾウ) 販売者:キッコーマン株式会社 千葉県野田市野田…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

美味い大阪のお米、近江米に化ける…なんてことないよねぇ?

 先の食博にあった大阪の農産物のブースで「1合升3杯盛り放題100円早い者勝ち!」なイベント系販売があって、すかさず参加で購入できました。
 思わぬところで大阪のお米が入手できて…しかも超安値で嬉しい限り。常々できる範囲で“地産地消”を心がけてはいるんですが、どうもお米だけは「大阪府産」を米穀店やスーパ−で見かけなくて…日頃は隣県奈良のを買っています。
 で、ブースの人に「大阪のお米って…どこで売ってますの?」と訊きましたら「とりあえず近くの農協へきいてみてください」とのこと。やはり普通に流通しているものではないんでしょうかね。
Osakamai 大東、四条畷あたりで穫れたお米(銘柄は…忘れました)、さてどんな味かな?と食べてみましたら…炊きあがりも光ってて美味しいお米です。ほんの少し淡白な味わいにも思えなくもないとはいえ、全然欠点的レベルではなく、ホンマに美味しいお米でした。
 少なくなったとは言え、大阪にも田んぼはまだまだたくさんありますが、いったい大阪産米は…何処へ行ってしまうんでしょうかね。実家が河内長野で農業をされてる知り合いに訊くと「たぶん…銘柄米のブレンド用になってるんやないかなぁ」との事。やはり“大阪産”ではイメージがもひとつで売れないってことなんでしょうか?
 そこで昔、父親が鳥飼(摂津市)で農業をしてる友人から聞いたという話を思い出しました。それは「稲刈りの時期になったら、滋賀県の農協が米を買いに来る」というという話。少なくともその父の友人が収穫した大阪のお米は『近江米』に化けて市場に流れていたのでしょう。ひと昔前の“地酒蔵に大手メーカーが原酒を買い付けに来て、その原酒は灘酒に化ける”と同じ構図ですね。
 その話をきいたのはもう10年以上前の話。今はどうなってるのか…一連の米偽装事件以降、ちょっと状況は違ってきているかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

オドメーター、液晶で10000km達成…オモロないわ

9919 10000 自動車の距離計の話ですが、この液晶表示のヤツって、何ともデジタルって感じでおもしろないですね。今日父から借りたクルマ、10000キロ達成したけど、感動ゼロ…に近いです。やっぱり距離計はあの、旧式のコロッと回るヤツやないとダメですわ。
 9999.9から10000.0になるあの、どっちともつかん読めん時にね、何とも言えん達成感というか、車に「ご苦労さん!」と言いとなる感じがええかったんやねぇ。オプションで旧式の選べるとかないんかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

上町台地、あちこち凸凹凸凹

Uemachidaichi 最近まで家が一軒建ってたけど、更地になったらそこに段差が。やっぱり上町台地はスポンジの凸凹みたいに起伏が至る所にあるのがようわかるわ。

(於:中央区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

建物の裏に漂う生活感

Ura Ura0 もひとつなモンは建物の裏側に追いやられてて、けど、そのモノらから何とも言えん生活感が醸し出されていてええ感じやなぁと思う事もあります。アンテナとかエアコンの室外機とか灯油缶ドラム缶等々…

(於:京都市中京区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

6月1日に思う。 2009

Img_0808_2  昨年の今日も思った事やけど、やっぱりデジタル技術を軸としたカメラの進化は素晴らしいもんがある。何でも撮れる、ほぼ。しかも三脚も使わずに高品質なものがサッと撮れる。のに…何を撮ったら、何をテーマに撮ってどうまとめたらええんかというそこの根本の部分が…見えてこん様になってしもた。
 技術的な可能性が広がれば広がるほど表現者である自分は制作の方向性を見失うってのはどういうことや。「自由に生きろ」と言われたら困惑してしまう様なもんで、表現者としていかがなものでしょうかねぇ。ま、そんな時はとにかく撮ることしかない様に思いますが今までの経験則では。けどね、もっと思考思想に裏付けされた作品を作っていかんとね。ここ半年ほど「あ、もう全然時代とシンクロしてへんなぁ」と思う事多くて。6月1日、今日は“写真の日”。

(於:福井県敦賀市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »