« pallalinkの…今度のもええわぁ | トップページ | えっ、近鉄?全員ブライアントやん? »

2009年6月13日 (土)

昭和なプラ看板 30 ● さくらカラー

Konishi6 フイルムの存在自体がもう「はぁ?」な時代、“さくら”と言ったらコニカミノルタコニカサクラ、そしてさくらやから…随分前のブランドやね。きっともう「あれ何の看板なん?」という世代も出てきてるんやろなぁ。桜の花の中に六と書いてあったマークも味わいあったわ。あぁ懐かしわ。

(於:東成区 2002年)

|

« pallalinkの…今度のもええわぁ | トップページ | えっ、近鉄?全員ブライアントやん? »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。ひさしぶりに連投します。


サクラカラー ・・・私がカメラ使い始めた頃には既に名称がコニカカラーになっていて間に合いませんでした・・・(^_^;


ちなみに、さくらカラーと言う名称は六桜社(1902年に設立された写真感光材製造部門)から来ているんでしょうね。

投稿: からす | 2009年7月15日 (水) 01時53分

さくらカラー・・・いや、懐かしすぎ。
コニカカラーになってからでもずいぶん久しいですからね。

これもいかにも大阪っぽいコテコテのネーミングなんですけど、今はなき和光デンキで「富士桜」というネーミングでフジカラーとさくらカラーを一本ずつセットにしたパック品が売ってました。力士の絵が描かれていたのはいうまでもありません・・・

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月15日 (水) 22時28分

からすさま、こんにちは。
オレンジ色のパッケージを知らない世代なんですね。お若いお若い。これからでっせー、人生は…ってなんのこっちゃですが。

ぽんぽこやまさま、毎度でございます。
おっと!、そのネタ知ってはって、ちゃんと記憶にある人がいたなんて…いや、和光電気で売っていたフイルムの「富士桜」パック。買ったことはありませんでしたが、「ふっ、こんなんあるわ」と見た記憶は鮮明にあります。
ぽんぽこやま様も幼少の頃より結構妙なモン見つけては愛ででおられたんじゃないですか?
また、オモロネタあったらよろしゅうです。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月18日 (土) 18時49分

うへぇ~、「富士桜」パックを知ってる人がいたんだ~!なんか新鮮な感動・・・・。

>買ったことはありませんでしたが、「ふっ、こんなんあるわ」と見た記憶は鮮明にあります。

全く同じです。チラシだけ見てました。

意外と同じベクトルの人間なんでしょうか。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月19日 (日) 01時36分

ぽんぽこやま様

>>意外と同じベクトルの人間なんでしょうか。

いや、“意外”ではなく、ほぼ同じ人種なのかもですね。
インターネット普及時代ならではな繋がりを感じます。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月19日 (日) 22時29分

こんにちわ。

サクラカラーの頃はカメラとはまだ縁の遠い時期でした(^_^;


フジ+サクラ=富士桜・・・なんか高砂部屋チックな名前ですね~組み合わせを考えた人は絶対相撲ファンやったと思う(笑)

投稿: からす | 2009年7月20日 (月) 19時15分

からすさま、

そうですね、きっと相撲好きの人がつけたんだと思いますけど、こないだこの「さくらカラー」のところを見て、ふっとそういうのあったな~と思い出して、軽い気持ちで書いたんですよ。

覚えている人って・・・少ないだろうな(笑)、ね、山本さん。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月21日 (火) 00時49分

>>覚えている人って・・・少ないだろうな(笑)、ね、山本さん。

そうかもです。

「フジとサクラ、両方足したら富士桜でしこ名やん」と頭ン中で思ってた人は当時多くいたと思いますが、その発想で企画商品にまでしたという点においては…四半世紀後に起こる和光電気倒産の前触れやった様にも思えてきますね。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月22日 (水) 18時48分

こんばんわ。

山本さん、ぽんぽこやまさんコメントありがとうございます。フジ+サクラ=富士桜て・・・あまりにも安易と言うか思いっきりベタなネーミングなんでちょっとウケてしまいました(笑) こういうノリ一発的発想で企画商品にしてしまうところが大阪らしいと言えば・・・そうなのかも(笑)


和光電気 懐かしいですね。昔、関西テレビの日曜朝のアニメ再放送枠のスポンサーをやってました。

投稿: からす | 2009年7月22日 (水) 21時49分

和光電気といえば、ただで作れた会員カードが「アメリカンエクスプレス」のゴールドカードのぱちもんみたいなデザインやったのを覚えています。・・・あー、やっぱり倒産の前触れやったのかも。

>関西テレビの日曜朝のアニメ再放送枠のスポンサー

リスかなんかが一円玉を転がしてたCMでしょうか。私たちの世代だと、「パルナス」でしたね。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月22日 (水) 22時33分

立て続けにすみません、身内ネタなんですが、急に思い出しました。

私んところは、大阪でもものすごい田舎で、「地元民」が固まって暮らしているんで、祖父母の代の兄弟姉妹の家でもかなり「濃い」つきあいをしております。

父の従弟がフジカラーの現像所に当時勤めていて、職場結婚しました。奥さんの名前は「さくら」さんです。両親がかなりネタにして笑ってました。「さくら」という名前の人を雇ったフジも太っ腹・・・っていうか、名前を理由に不採用できないとは思いますけど。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月22日 (水) 22時39分

ウソっぽいけどホンマなおもろネタですね。ナイスすぎです。

>>私んところは、大阪でもものすごい田舎で

泉州の山間部と想像して楽しませてもらってます。ええとこですね…って、ぽんぽこやまさまがとこにお住まいなんかを決めつけてますが…

投稿: 山本龍造 | 2009年7月22日 (水) 23時09分

さくらカラー、戦前の時刻表にも広告が出てくるぐらいですから古い企業やったんですな。元の名前は「小西六」、後のコニカです。ここから出ていたフィルムが「さくらフヰルム」(読めますかな?)戦前からこのブランド名をつこうてはりました。「富士桜フィルム」ですか、ちょっと見たことは有りませんな。

投稿: あのまのかりす | 2012年2月15日 (水) 23時44分

あのまのかりすさま
我が家ではかなり長い間、カメラはコニカでしたね。幼少の頃の私の写真は、ほとんど全部、コニカで撮られたものやないかと思います。フイルムは…コニパンよりネオパンの方が多かったと記憶しています。
そんな写真文化に深く関わっていた同社が写真事業から撤退を決めたとき、ちょっとがっかりと憤りを感じたもんですが、今となっては「あの決断は…正しかったんやなぁ」と最近思う様になりました。
古い記事にもコメントを…有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年2月17日 (金) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/45349261

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 30 ● さくらカラー:

« pallalinkの…今度のもええわぁ | トップページ | えっ、近鉄?全員ブライアントやん? »