« 桂春團治落語会・三日目へ | トップページ | 牛乳と乳業、どっち本家?…いかるが牛乳のはなし »

2009年5月 7日 (木)

仁丹の町名看板 in 大阪市内

Imaichi Ikaino 京都でよく見る仁丹の町名看板、前回に続き大阪市内でもう2つ見つけました。ま、地名は無くなったりちょっと変化したりはしていますが…。探せばまだまだあるみたいです。

(於:旭区、生野区)

|

« 桂春團治落語会・三日目へ | トップページ | 牛乳と乳業、どっち本家?…いかるが牛乳のはなし »

大阪市北部」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

大阪やったら東淀川区と城東区にもありますよ。あと奈良市内もありますけど・・・仁丹よりか仁丹歯磨のバージョンのが多いような気がします。

投稿: からす | 2009年6月 9日 (火) 00時26分

こんにちは。
ご報告有り難うございました。まだまだ残ってるのですね。

投稿: 山本龍造 | 2009年6月 9日 (火) 10時10分

こんばんわ。こっちにも連投します。

市内でも古い民家とかに取り付けられて残っている物があるんです。特に奈良市内は結構残存しているみたいですよ。ただ、前のコメントにも書いたように京都にあるようなバージョンではなくてこの画像の仁丹歯磨バージョンですけどね。

投稿: からす | 2009年6月22日 (月) 23時42分

からすさま、あちこちコメント御礼です。
奈良市に行くことは滅多にないんですが、また見ときます。おおきに。

投稿: 山本龍造 | 2009年6月23日 (火) 11時04分

大阪にもまだあるんですね。
城東1東成2住吉1東住吉2あわせて6枚しか知りませんでした。
東淀川区にもあるんですか?ヒントください。探しに行きます。

投稿: ゆりかもめ | 2009年7月 8日 (水) 22時00分

ゆりかもめさまはじめまして。
何げに歩いてると気がつかないもんですけど「そう言えば…あるなぁ」って感じですね、大阪での仁丹の町名看板。
で、お探しの東淀川区の物件、これは、私は知らない情報でして、ここに書き込みを時折してくださる“からす”さまの情報でして…お力になれませんですいませんです。
よろしければこれからも気楽に書き込みして頂ければ嬉しいです。
 
コメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月 9日 (木) 14時38分

こんにちわ。

私も大阪市内に仁丹の町名表示板があったことは数年前まで知らなかったです(^_^;京都とか奈良市内は普通にあるんですがね。


ゆりかもめさん。はじめましてm(_ _)m

場所は東淀川区の下新庄です。下新庄北公園の近くの十字路の角にあります。

投稿: からす | 2009年7月 9日 (木) 17時50分

なんと貴重な情報を
惜しげもなく教えていただけるとは!!
感激です。ありがとうございました。

仁丹町名表示板、京都は昭和初期ですが、
大阪は戦後ですよね?
それにしては残っている数が少ないように
思うんですが??

投稿: ゆりかもめ | 2009年7月10日 (金) 23時31分

ゆりかもめさん。こんにちわm(_ _)m


たぶんそれはですね・・・かつては大阪市内にももっと取り付けられてたと思うんですよ。でも、市街地の開発化とか町名変更などで旧町名の表示板が必要でなくなった為に取り外されていったんではないか・・・?と考えられます。


それと、京都の物は戦前のタイプなんですが、奈良の物はですね・・・これが大阪にあるタイプと一緒なんですよ。もしかして大阪の物と同じ時期に取り付けられられたのかもしれません。

投稿: からす | 2009年7月11日 (土) 01時27分

連休の初日、一年掛りで探していた念願の猪飼野看板探し当てました。
古い地図買って猪飼野中2丁目をくまなく探しどこにもない。あきらめてタバコ屋で、もしかして知っているかも知れないと看板の写真を見せたところ、「これ弟の家や」と聞いた時には我が耳を疑いました。

猪飼野中2丁目にないはずで、弟さんは古いものが好きで自分の家のおもてに掲げたんだそうです。
人騒がせな看板!!でも見つけてルンルンな連休初日でした。

追伸今市も探しているんですが、なかなか見つからずです。

投稿: ゆりかもめ | 2010年5月 2日 (日) 21時09分

ゆりかもめさま
お久しぶりでございます。まだこのブログのこと覚えてくれてはったんですね。嬉しく思います。
で、あの猪飼野のヤツを一年も探してはったとは…しかも見つけはったとは…びっくりです。
新しい家に設置されていましたので「元々ここにあったのとちゃうかも?」と思い撮影させてもらったんですけど…ちゃいましたか。それは失礼致しました。
で、いまは今市のをお探しと…
それは商店街に面した家の北側の側面にありました。ブロック塀の中にあるのでわかりにくいかも。
また見つかったら書き込み下さいね。
ええ連休が続きます様に。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年5月 3日 (月) 09時47分

こんばんわ。しかよせです
以前京都新聞に仁丹住所表示のことが消えゆく街角博物館というふうに紹介されていましたので、街歩きするときに最近この仁丹があるかどうか気をつけるようになりました
旭区今市のは今日(2010.10.21)見ました。今市商店街の北のはずれにある○○書店という古本屋のはす向かいの大きな民家の角です。○○書店のおかみにそのことを話すと60年ここにおるけど、今初めて気がついたといって笑っていました。

投稿: しかよせ | 2010年10月21日 (木) 20時29分

しかよせさま、はじめまして。
京都の仁丹町名看板は、近々ちょっとづつ復活(http://www.jintan.co.jp/blog/2010/09/post_7.php)という記事を新聞で読みまして「大阪もやってくれたらええのに」って思ってますが…ま、ムリですかね。
今市町の物件に出会いはりましたか。誰にも邪魔されんええ場所にありますよね。ホントに溶け込んでええ感じで…だから、ご近所さんも気付かなかったのでしょうかね。ま、それでは“町名看板”として機能してへんとも言えますが。
コメントおおきにでした。八尾市にもタイプ、時代の違う仁丹町名看板がありますので、こっちもよろしくです。コメントおおきにでした。

(※頂いたコメント内に固有名詞表記がありましたので、伏せ字(○○)にさせて頂きました。ご了承下さい)

投稿: 山本龍造 | 2010年10月21日 (木) 22時48分

こんばんわ しかよせです
旭区今市の仁丹をみたあと、城東区の蒲生4丁目のもついでにいきましたが、なんと、おそらくあったであろう民家が更地になっていました。大阪の数少ない仁丹がまた一つ消えたように思います。民家もろとも粉々になったのか、万一の期待はご近所の方がとりあえず取っておいて裏にしまってあるという可能性ですが、さあどうでしょうか。仁丹レッドデータブックというのを定めて、しっかりと地域の方々で保全できるような仕組みが必要な気がします。

投稿: しかよせ | 2010年10月22日 (金) 23時01分

しかよせさまこんにちは。
えっ!、あの風情ある建物なくなってましたですか…かなりさみしいですね。建物と仁丹町名看板がじつに溶け込んでたので…残念です。
ホントせめて町名看板だけでも、どなたかが保管しててほしいもんですね。
でもそれを「それをオークションに出す」ってのだけは…そんなことついつい考えてしまう…世知辛い世の中かもですね。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年10月23日 (土) 23時57分

こんばんわ しかよせです
今日はいい天気で、外をあるいていると
少し暑いいぐらいですね
鶴橋のお好み焼きを食べにいくついでに、仁丹看板、東成のを見てきました
大成通と中道町のは隣あわせで2010.11.6現在で健在でした!周辺を少し見ると、徐々に家がこぼされ、建て替えが進行中でした。大成通のほうはどうも空家のような感じで、風前のともしびです。近くに松下幸之助起業の地の前を偶然とおりかかって、立看を読んでいるとき、隣のおじさんに仁丹のことを聞きましたが、そんなんあるんかね、という感じでした。でも、説明するとこんど見に行ってくるわと興味を持たれたようです

投稿: しかよせ | 2010年11月 6日 (土) 20時07分

しかよせさま
お好み焼食べて仁丹看板チェックして…ええ時間を楽しまれたみたいで…いいですなぁ。
で“大成通”のは、まだ健在でしたか。それは何よりです。ホッとしますね。でも、ホンマどんどんそれらの設置されている建物自体がなくなっていくわけで…所有者にも事情があって取り壊しはるのでしょうから…でもなんとかならんかなぁと思いますね。
なくなっていくからこそ、はかなくて何とも言えん郷愁をおぼえるのかもしれません。

現状レポートおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2010年11月 8日 (月) 19時09分

はじめまして 山本龍造さま 

こちらには、はじめてコメントいたします。大阪の仁丹看板を拝見したいと思いつつも、なかなか時間が取れずにいましたが、先日やっと時間が取れて、からすさまのコメントにありました下新庄町の看板を拝見しに行ったところ、建物は更地になっておりました。
せっかくここまできたのだから、大阪で唯一2枚の看板を拝見出来る大成通と中道町の看板を拝見してきました。
確かに大成通の方は空き家っぽかったですが、無事に現存しておりました。
また、時間が取れましたら都島の看板を拝見しに行こうと思います。

追伸 千林町二丁目の看板って現存しているのでしょうか?

投稿: デナ桜 | 2011年10月23日 (日) 00時05分

デナ桜さま
はじめまして、ようこそお越しくださいました。
大阪の仁丹町名看板は、京都のそれに比べてホントに少ないですし、そもそも市民にその存在が認知されていないに等しいと思います…って、私がそうだっただけかもしれませんが。
それで何ですか、下新庄町の物件は建物ごと消滅してましたか…いま調べましたらgoogleのストリートビューにはまだ残っていますね…最近まで存在していたと思うと余計に残念です。何らかの形でもいちど掲示されることを願うばかりです。
それから“千林町二丁目の物件”についてですが、まず間違いなく現存していると思われます。と言うのはお彼岸には必ずこの物件の前を通るのですが、この秋もまだ存在していましたので、まぁあると思われます。

みんなで仁丹のをはじめ、この手の歴史ある町名看板を守っていけたらええですね。
コメント有り難うございました。レスが大変遅くなりましたことお詫び致します。

投稿: 山本龍造 | 2011年10月24日 (月) 15時06分

わたしも猪飼野の仁丹将軍見てきましたよ、住所さえわかればググルストリートビューで見つけることが出来ましたわ。なんや、この近所にまだ仁丹将軍が居りそうなんで、もうチョッと調べてみます。

投稿: あのまのかりす | 2012年2月 9日 (木) 10時19分

あのまのかりすさま
googleのストリートビューは、部屋にいながらバーチャルな散歩を味わえる様な感じですね。撮影地がよくわからなくなった時に、とても重宝しています。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年2月 9日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/44949260

この記事へのトラックバック一覧です: 仁丹の町名看板 in 大阪市内:

« 桂春團治落語会・三日目へ | トップページ | 牛乳と乳業、どっち本家?…いかるが牛乳のはなし »