« 昭和なプラ看板 25 ● 清酒 都菊 | トップページ | まるでセットかテーマパークの様な宿場町『関宿』 »

2009年4月 9日 (木)

トヨタの産業技術記念館で感動する

Toyoda Toyota 今週所用で名古屋へ行った折、ついでにちと観光も兼ねて…ということで“トヨタテクノミュージアム産業技術記念館”へ行ってきました。
 何げに見たガイドブックで「こんなんあるねんなぁ」程度のノリで行ってみたら…感動の連続でした。
 まずは繊維機械館より。産業革命以前の糸紡ぎ、織りのスタイルからどう装置化、産業化していったかがすべてすばらしい解説と実演で見せてくれはります。そんな流れの中で豊田佐吉はどう工夫したか、どう難問を解決していったかというのがもう面白くて面白くて。こころの中で「へぇ〜!」と連発し続けでした。トヨタグループの本家として、今も新しいアイデアと改良を重ねて自動織機を作っているというのも大きなおどろきでした。最新設備の織機では写真データを元に写真の図柄を編んで行くという…しかも高速で。技術の積み重ねというのはすごい事ですね。途切れずに続く事の大事さを思い知らされました。
 繊維機械館で感動しすぎてすっかり「もう時間ないで」状態で“自動車館”へ移動したものの「これはまた仕切り直しや」とサクサクっと見ただけで時間切れ。ちゃんと見なければ判りませんけど、自動車はハイテクすぎて、素人が見ても面白みも感動も少ないかもしれんなぁとか思いつつ、またの機会にすることにしました。
 こんな面白くて感動的な施設なのに「名古屋では案外穴場かもな」とのこと。どうりでゆっくり観ることができた訳か。ほんまええ一日になったなぁ。おおきにトヨタさん。
 あ、それから、2枚目の写真、何ともミニチュアっぽいですけど本物です。

|

« 昭和なプラ看板 25 ● 清酒 都菊 | トップページ | まるでセットかテーマパークの様な宿場町『関宿』 »

小発見」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/44628061

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの産業技術記念館で感動する:

« 昭和なプラ看板 25 ● 清酒 都菊 | トップページ | まるでセットかテーマパークの様な宿場町『関宿』 »