« 太田順一展“父の日記” | トップページ | 上京区愛染寺町の町名看板、ナショナル »

2009年4月28日 (火)

宙組 大和悠河さん退団公演“薔薇に降る雨/Amour”

Takasago95 大和悠河さん退団ってことでまぁ、観に行ってまいりましたが、う〜ん、ちょっとかなしいものがあったかなぁ。
 星組、安蘭けいさんの退団公演とは違って、2番手が次期トップになるわけでないから仕方ないんですけど、その辺の掛け合いもなく、次期トップの大空祐飛さん(祝!!)が出てくることもなく“退団公演”っていう“特別さ”もない内容で…何となく気の毒な感じがしました。
 てなわけで“大味”北翔海莉さんは次からも三番手…で、ちょっと残念と言うか、まぁトップになる時期が遅くなるなと思いますが、元、月組の大空祐飛さんとどんな掛け合いを演じてくれはるんか楽しみ楽しみ。勿論蘭寿とむを含む三人三様にめちゃ期待しています。
 そうそう特記事項と言えば“高砂熱学”の緞帳…今回初めて見る様に思いまして、調べてみますと今月新調されたばかりとか。タカラヅカと高砂熱学…珍しい取り合わせの様にも思います。が、なかなか今日的な中にもタカラヅカ的品の良さ(?)でかなりいい感じ。で、この劇場に緞帳っていったいいくつ吊るされているのでしょうかね。3つまでは記憶していますが、どのように使い分けされているのかとか、知りたいところです。
 オープニングで第95期初舞台生のあいさつもありました。ま、当たり前ですけどまだまだ子供な風情…そんな皆さんがいずれ堂々と風格ある演技をしはる様になるわけで、まさに「行く河の流れは絶えずして…」なんですねー。よし、わしも生まれ変わったら女に生まれてここに立つでぇ…とか何とか。

|

« 太田順一展“父の日記” | トップページ | 上京区愛染寺町の町名看板、ナショナル »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙組 大和悠河さん退団公演“薔薇に降る雨/Amour”:

« 太田順一展“父の日記” | トップページ | 上京区愛染寺町の町名看板、ナショナル »