« 昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール | トップページ | 月組バウ公演“二人の貴公子”…ええねぇ、紫門ゆりやさん »

2009年3月23日 (月)

ソース 9 ▲ 三ッ矢ソース とんかつ

Mitsuyas Mitsuyas2 Mitsuyas3 お好み焼屋さんで見かけず、関西のスーパーではよく目にするという点においてはいわゆる“地ソース”とはちょっと違うポジションに位置しているナと言う感じの“三ッ矢ソース”のとんかつを、例によって焼きそばにして食してみました。
 色合い、粘度、味わい…どの点においても大手のそれと大差がない印象があります。酸味もしっかりあり…レッテルを見れば“JAS-日本農林規格 特級”の印が。王道の味、本格派のとんかつソースという感じです。地ソースと言えば、どこかジャンキーな魅力があるんですが、そういうニュアンスが全くないという点においては、完成度高いソースと言えるのではないでしょうか。地ソースの味わいをどこか警戒し、大手のソース好きのうちのひとも「これはおいしい」と。ジャンキーな方がオモシロいと思う私は…口が安モンってことか、も。
 三ッ矢ソース…今は和歌山県下で作られハグルマのいちブランドになり下がっていますが元々は大阪で1894年に生まれた日本最古の現存するソースブランドとか。歴史的な詳細は多くの人々が色々と記してはるのでそっちにおまかせしておきます。

名称:濃厚ソース 原材料名:野菜・果実(トマト、りんご、たまねぎ、その他)、醸造酢、糖類(砂糖、ぶどう糖加糖液糖)、食塩、発酵調味料、コーンスターチ、香辛料、たんぱく加水分解物、カラメル色素、贈粘多糖類、調味料(アミノ酸等) 製造者:ハグルマ株式会社 和歌山県紀の川市西三谷…

|

« 昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール | トップページ | 月組バウ公演“二人の貴公子”…ええねぇ、紫門ゆりやさん »

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

ソース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソース 9 ▲ 三ッ矢ソース とんかつ:

« 昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール | トップページ | 月組バウ公演“二人の貴公子”…ええねぇ、紫門ゆりやさん »