« 昔“ピカール”、今“テガール”。 | トップページ | 珍酒票 10 “千代乃鶯” »

2009年3月 8日 (日)

かつての大阪酒 5 『雲井桜』 岡田酒造(株)

Kumoi Kumoi2 近鉄道明寺線、柏原南口駅ホームから立派な蔵が見えます。いかにも酒蔵という風情のこの建物、ここでその昔『雲井桜』という銘柄の酒を醸していた様です。
 手元にある酒造家名鑑では昭和30年のものには載っていますが、昭和49年のものには掲載されていませんので、随分昔に廃業された様です。幼少の頃、この敷地で何かボーリング工事をしているみたいな光景を見たんですが…あれは井戸掘りだったのかも…と、勝手な想像をしております。
 数年前、東大阪の酒販店で『雲井桜』の木製看板を見つけたことがあるだけで、ここのお酒がどんな味で、どんなレッテルだったのかもまったくわかりません。
 元々ほとんど造り酒屋の存在しない中河内にもかつては蔵元が存在したというのはうれしい事実。しかも蔵がそのまま残っているとなると…復活しないかなぁと淡い期待を抱いてしまいますが、まぁ絵空事ですかね。

雲井桜:岡田酒造株式会社
    大阪府柏原市古町

|

« 昔“ピカール”、今“テガール”。 | トップページ | 珍酒票 10 “千代乃鶯” »

かつての大阪酒」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。ひさしぶりに来ました(笑)

柏原市の古町と言うと「錦虎」があるのは知ってましたが、他にも蔵元さんがあったんですね。

投稿: からす | 2009年3月14日 (土) 21時48分

からすさま毎度でございますお久しぶりでございます。
コメント頂き有り難うございます。

柏原と言えば「錦虎」…ってこれまたレアな話ですねぇ。さっすがからす様です。

近々この「錦虎」のことも記したいと思っています。

(八尾で醸していない)長龍以外、中河内にあるORあった酒蔵は知らないのですがからす様ご存知ですか?。昔からなかったのではないかと思っているんですが。
これは大和川の付け替え以前は湿地やったからではないかと考えているのですが…どうなんでしょうかね?。

何かご存知でしたら、いろいろお聞かせくださいね。

投稿: 山本龍造 | 2009年3月14日 (土) 22時55分

こんにちわ。メルより先にこちらにレスさせていただきます(笑)

柏原の錦虎は山本さんの書き込みで知ったんですよ。

長龍以外の中河内の酒蔵は、図書館に行って1955年と1969年の醸造家年鑑を調べてみたのですが・・・この柏原の2蔵しか見当たらないようですね。後は果実酒(ワインなど)の醸造家が大半を占めてました。

投稿: からす | 2009年3月28日 (土) 12時04分

からすさまコメント有り難うございます。

やはり八尾や柏原では清酒より葡萄酒の方が盛んにつくられていたんでしうかね。確かに昔の…いや、つい最近の名鑑を見ても個人名の果実酒醸造家がたくさんおられましたよね。ま、実態は免許を持っているだけで醸造されていないみたいでしたけれど。
まとその辺の事もわかる事があれば記してみたいと思います。

投稿: 山本龍造 | 2009年3月29日 (日) 18時08分

八尾の長龍は、昔から瓶詰工場で、酒蔵は奈良の広陵町にあります。柏原市の酒蔵は、明治時代は、5件ほどあったみたいです。岡田酒造さんの蔵でボーリングしていたのを、載せておられましたが、近所にお住みになっていたのでしょうか?

投稿: 杉本清造 | 2013年1月22日 (火) 10時25分

この2月1日・2日に柏原のサンフィルで、錦虎が飲めますよ。イベントがあって、夕方5時から10時までの時間ですが。

投稿: 杉本清造 | 2013年1月22日 (火) 10時28分

からすさま。柏原で錦虎をご存知のことありがとうございます。

投稿: 杉本清造 | 2013年1月22日 (火) 10時55分

杉本清造さま
こちらにも書き込み有り難うございます。
>>近所にお住みになっていたのでしょうか?
ですが、私はお隣、長龍のお膝元の市に当時住んでおりまして、父親が運転するクルマの窓から見たのか、自転車で遠出をした折に見たのか…今となっては定かではないのですが、古町界隈の住人ではありません。ですが、了意川、旧街道、元酒蔵、柏原南口の駅舎含め、あの界隈がとても好きです。柏原駅前の再開発は…よそモンにとってはちと残念ですが、便利さも必要ですね。
それで、イベントの情報も有り難うございます。
この様に地元柏原において今も呑まれている“錦虎”いつまでも…

投稿: 山本龍造 | 2013年1月22日 (火) 13時34分

道明寺線柏原南口のあたりを、蒸気機関車が走ってる写真があります。

投稿: 杉本清造 | 2013年1月31日 (木) 00時13分

杉本清造さま
あの路線に汽車が走っていた時代があるんですね。想像もしませんでした。その頃は近鉄南大阪線とも乗り入れていたんでしょうかね。
情報有り難うございました。レスの激遅、申し訳ありません。

投稿: 山本龍造 | 2013年2月 4日 (月) 08時22分

あけましておめでとうございます・・・って遅いですね(^_^;)

大阪の生野区にお酒の王冠やキャップなどを戦前から作っている「きた産業」さんと言うという会社があるんですが、こちらのホームページ内に「酒 王冠博物館」というコーナーがありまして、1930~1980年代に同社で作られた全国各地の王冠の銅版が展示してあるのですが、その大阪編の中に、この雲井桜の王冠の銅版がありましたよ。

投稿: からす | 2014年1月16日 (木) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/44302344

この記事へのトラックバック一覧です: かつての大阪酒 5 『雲井桜』 岡田酒造(株):

« 昔“ピカール”、今“テガール”。 | トップページ | 珍酒票 10 “千代乃鶯” »