« 東成区大今里西二丁目11の“ムヒ” | トップページ | “春入千林処々鶯”で“梅にうぐいす” »

2009年1月24日 (土)

むかし大成通2、いま玉津2-6。

Taisei2 Tamatsu2 京都の町並みでよく目にする仁丹の広告入り町名看板を東成区玉津二丁目6で見つけました。森下仁丹のサイトによると1910年に大都市から掲げはじめ全国に展開したとあります。ということは大阪にもまだまだあるはずですが、この町名看板には“東成区大成通二丁目”とあるわけで…そうか、京都に今も多く残ってるというのは、町名変更がなされていないというのも理由のひとつってことなんでしょうね。区画整理、町名変更をすすめた理由のひとつに郵便物を配達しやすくする為というのもあった様ですが、郵便番号7ケタの時代ではたいした理由とも思えません。由緒ある町名は安易に変更せん方がええと思うんですが、どうなんでしょうかね。ちなみに“大成通”という地名ですが、この地名も昔からのものではなく昭和18年までは“猪飼野大通”という地名だった様で、このあたりが松下電器発祥の地らしいです猪飼野公民館さんのサイトに詳しく記されています)

(於:東成区)

|

« 東成区大今里西二丁目11の“ムヒ” | トップページ | “春入千林処々鶯”で“梅にうぐいす” »

大阪市東部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

この記事を見てグーグルアースでこの横にあるもう一枚の仁丹表示板を見つけたときの感激。
実際にありました!!2枚写真に撮りました。ゲット!!
ありがとうございました。

投稿: ゆりかもめ | 2009年7月 8日 (水) 22時15分

ゆりかもめさま、こっちにもコメントを…有り難うございます。
グーグルアース、そしてストリートビューって、ほんま便利なもんですね。そうか、そういう探し方があたんかっていう感じです。
ま、こっちは“探す”より“出会う”的スタンスでやってまいます。今後ともよろしゅうです。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月 9日 (木) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/43882330

この記事へのトラックバック一覧です: むかし大成通2、いま玉津2-6。:

« 東成区大今里西二丁目11の“ムヒ” | トップページ | “春入千林処々鶯”で“梅にうぐいす” »