« “パンション”て、何なん? | トップページ | フレッシュなファイト  …? »

2008年12月19日 (金)

当時フイルム今回デジタル、同じ現場。で、雑感。

081202 今月初旬、丹波にある造り酒屋さんへ7年ぶりに撮影に出かけました。以前はポジフイルム、今回はデジタルで撮影…杜氏さんや蔵人さんが変わったとはいえ7年ぶりに同じ環境(酒蔵)で撮影させてもらったわけですが、写真を取り巻く環境はほんとに激変したなぁと改めて思いました。私的には様々な点において、35mm判のフイルムカメラよりデジタルカメラの方が勝っていて、写真のデジタル化を肯定的に捉えていたんですが、今回、改めて7年前の写真と今回撮った写真を見比べたところ「…これはまるで、フイルム制作時代の“水戸黄門”とVTR制作の現在それとの差ともいえるなぁ」とも思いました。
 今回の写真の方が(高感度設定でも)ざらつきもなく細部も暗部もきれいに描写され、色補正もほぼ完璧でブレも少なくピントもシャープな写真(=これはオートフォーカス、手ぶれ防止機能というカメラ、レンズの進歩のおかげ)なのですが、どうでしょう、見る側からしたら、フイルムで制作されたものの方が「味わいがあるなぁ」と感じるのではないのかと。「あのザラザラ不鮮明感があってこそ水戸黄門やん」と同じ意味において。
 最近特によくクライアントさんに「やっぱりデジタル写真って味わいがないね」と言われて「何を根拠に言うてはるんやろ?、単なるデジタルのイメージがそう思わしてるのとちゃうか」と思っていましたが、今回の撮影で、ちょっと皆さんが何を言われてはるのかが解った気がしました。ある編集者がこんなことを言ってはりました「デジタル写真データにちょっとだけ、わからん程度に画像処理ソフトで“ノイズを加える”と味のある写真になるょ、こういう発想はカメラマンにはないでしょ」と。これの意味も今回鮮明に理解できた気がします。ただ、一生懸命やってもノイジーな写真にしかならんと言うのと、きれいな写真をノイジーにするのは意味が違うことで、やっぱり私としてはノイズを加える様な加工はしたくないと思ってしまいますが(=古風な動画にするために、わざとスクラッチを入れる様な感じかなぁ)
 解りません、ほんとはわかりませんけど、お酒でも料理でも陶芸とかでもそやないかと思うんですけど、100点を目指して日々励むけどなかなか100点にならん。けど飲み手や鑑賞者は適度に完成されていない部分を愛でたりする。ほなそれでええんかとわざと80点目指して作っても、飲み手や鑑賞者の胸に響かない。そんなニュアンス。
 ま、これからも普通にフイルムが入手できるのだったら、フイルムとデジタルは使い分けする必要があるなと感じました。ただ、フイルムがほとんど流通しなくなったら…“ノイズを加える”も必要に応じてやらないかん処理になってくるんかも…しれませんね。

|

« “パンション”て、何なん? | トップページ | フレッシュなファイト  …? »

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/43465178

この記事へのトラックバック一覧です: 当時フイルム今回デジタル、同じ現場。で、雑感。:

« “パンション”て、何なん? | トップページ | フレッシュなファイト  …? »