« 但馬杜氏“酒まつり”へ 3 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 12 再登板待つも »

2008年10月 1日 (水)

10月1日「日本酒 ゴー★アラウンド」へ

1001 1001a  10月1日は日本酒の日やっちゅうねん。のに、いつもの日めくり、お酒の蔵元から頂いたヤツやのに書いてないやん。認知度低いなぁ。どないなっとんねん…とか何とか思いつつ毎年この日を迎えておりましたが、今年は「日本酒卍固め」なる集団主催『日本酒 ゴー★アラウンド』という企画があり、いつものご近所さん、にゃあさんとワンさんに連れて行ってもらいました。
Sakazukin  1個500円で購入のこのバッヂを付けてさりげなく「今日は日本酒の日でっせ」とアピールしながら参加7店舗へ行くとお酒を一杯呑ませてくれるというスタイルのこの企画、「七杯は…無理」ってことで南側の3店に絞る事にして“蔵朱”で待ち合わせ。Kurasshu
 いきなり大賑わいでさっさと食べて呑んで出ななぁな感じ。店の隅で奈良、久保本家の蔵元さんが“お燗番”。“どぶ”というにごり酒や“睡龍”という貼るの難しそうなレッテルのお酒を頂きました。どれもキリッと締まった感じで美味しく頂きました。久保本家と聞くと“初霞”を思うって…古いですな。そうそう、ここのお店、初めて寄せてもらいましたけど、どれもごっつ美味しいかったですわ…って2〜3品しか食してませんけど、絶対どれも美味しいに違いないと思わせる味でした。ごちそうさん(写真は久保本家の蔵元さん)
Usagi 続いて“うさぎ”さんへ。しゃべりまくってるベツカム似の人がいて「この人が店主なんや」と思い「まぁこちらのお店も初めてやしな」と伏し目がちにしておりますと「何で…目合わせてくれないんですか!」と。よく見たら、奈良は大倉本家KMYさん。やっぱり…しゃべりまくってはるはずでした。“大倉”印のお酒を色々よばれました。同じ奈良のお酒でも“睡龍”とは随分印象が違うもんですね。甘みののったお酒でこれもまたおいしいおいしいと。こちらにはもうひとり、神奈川の“天青”の若い杜氏さんの来られてました。大倉とはまったくタイプの違うお酒で、うまいことこのふたつの蔵元の組み合わせにしてはるなと思いました。あ、お店の事は…混み混みで、よくわからないままでした。すいません。Kamunabi0 
Kamunabi で、最後に“かむなび”へ。うまいこと人波の狭間に入店できて座り呑み席を確保。さ、呑も呑もとすっかりあれこれ考えずに楽しみたいモード全開。てなわけで山口は永山本家酒造場のお酒も頂戴致しましたが、味、覚えてません。ま、美味しかった、はずです、絶対。逆にその蔵元さんの衣装は目に焼き付いてますな。偉いわぁ、見習わんと。
Kamunabi1  楽しいなぁ美味しいなぁええ感じ…と思っていたら何々、店主伊戸川さん夫妻の結婚記念日やて?。それは、めでたいねぇ。おめでとうございます。…そうか、ちゃんと日本酒の日に結婚してはるねんわ。筋金入りの日本酒を味わう店の店主夫妻って感じ。恐れ入りました。そうそう、恐れ入りましたと言えば、ワンさんは有給休暇取って16時30分から計6軒ゴーアラウンドしてたそう。おまけにそんな人がぎょうさんおったらしい…参りました。

|

« 但馬杜氏“酒まつり”へ 3 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 12 再登板待つも »

お酒」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

コメント

私も参加させて頂きたかったですぅぅ‥すっごい楽しそうです。
しかし、以前は蔵に来ていただいた時しかお会い出来る機会がなかったのに、最近はあちらこちらでお会い出来てますね。嬉し。
ベツカムさんの記事、さりげなくリンクされてて素敵☆また朝からひと笑いさせてもらいました。
日めくりは‥ノーマークでした!さすがです!!

投稿: HP担当 | 2008年10月10日 (金) 09時19分

HP担当さま、毎度でございます。
“せわしないけど楽しい”、そんな感じの催しでした。ま、一番楽しんでいたのは、しゃべりまくってたあのお方でしょう。うん、きっと、絶対。
来年も日めくり作りはるんですか? 10月1日を楽しみにしときます。
コメントおおきにでした。
今冬も美味しい金鼓が生まれてきます様に。

投稿: 山本龍造 | 2008年10月10日 (金) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/42735524

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日「日本酒 ゴー★アラウンド」へ:

« 但馬杜氏“酒まつり”へ 3 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 12 再登板待つも »