« 「見つけたら こわいぞ」か | トップページ | 安岩ここv.sいましかない代… »

2008年7月 1日 (火)

星組公演“スカーレット・ピンパーネル”

Sp Sign  安蘭けいさんがトップになってから初めて観る…何故か縁遠い星組の公演“スカーレット・ピンパーネル”を見に宝塚大劇場に行ってきました。ブロードウェイモンの焼き直しだけあってある意味ミュージカルミュージカルしたミュージカルでしたが、安蘭さんの歌のうまさと堂々とした大人な風格とええ意味で解りやすい筋書きで楽しく観劇してまいりました。さすが小池修一郎潤色演出な部分もあって…て、何とも情のこもらん感想文ですな。馴染みない組の公演やと知った顔ぶれが出演者にほとんどおらんわけであれこれ気持ちが入らんもんでして。とは言え、二番手柚希礼音さんには、ちょっと入れ込みもあって観てました。というのは、2年前、某交通安全週間のポスター用で礼音さんを知り合いのカメラマンが撮影するという話を聞いて「タダでええから助手させて」と願い出て…婦人警官姿の生礼音さんを見せてもらったことがありまして、その時頂いたサイン色紙とテスト用のポラロイド写真はひそかな宝物(ポラ写真は、著作権の都合上ここでは掲載できないなぁ…残念)。で、今回が初めて見るステージ礼音さんだったわけですが…あんまり魅力ある役柄やなかったからこの出し物で氏は語れへんなぁと言う感じでした。
 公演終了後、「革命政府軍決起集会」と題したミニトークイベントがありました。「えらい関西弁丸出しなしゃべりやなぁ…みんな」てな感じでおもしろかった。組長もトップも二番手も関西出身者やと、組全体普段からこうなるんでしょうかね。ちょっと親近感湧くオマケでした。

|

« 「見つけたら こわいぞ」か | トップページ | 安岩ここv.sいましかない代… »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組公演“スカーレット・ピンパーネル”:

« 「見つけたら こわいぞ」か | トップページ | 安岩ここv.sいましかない代… »