« 関西の“朝”でお馴染み某氏を撮影させてもらった。 | トップページ | おのぼりさん丸出し…東京にて »

2008年6月11日 (水)

夏。“きぬこし”には練りからしやんな。

Tofu Hiyayakko  夏のアテと言うたら“冷や奴”ですな。で、冷や奴と言えば“練りからし”+ネギ+醤油で食するのが当たり前で、夏場“きぬこし”買うたら左の写真の様に練ったからしを蝋紙に挟んでサービスで付けてくれてたもんですけど、最近、既製品の子分けしたからしを付けてくれるのはまだええ方で、からし自体付けてくれへんとこも増えましたな(写真の豆腐は俊徳道の豆腐屋さんで購入したもの…廉価でうまいょ)。
 で、“冷や奴withからし”って、当たり前やと思ってましたけど、どうやらこれ、大阪独自の食し方みたいですな。まわりに訊いても「?」な人の多いこと多いこと。知らなんだ。我がの生まれ育った文化圏の常識が全国基準やと思っとったらちゃうもんですな。けど、美味しいょ、きぬこしにからしって。やってみなはれ。

追記:“冷や奴”って何となく関西の響きやないなぁと思いましてね。で、うちの父親に訊いてみましたら「きぬこしをそのまま冷やして食すのは“きぬこし”と昔は言うたと。やっぱりなぁ、何となく“おでん”に通じる響きがあるねん“冷や奴”には。冬は“関東煮”、夏は“きぬこし”これでっせ、うん。

|

« 関西の“朝”でお馴染み某氏を撮影させてもらった。 | トップページ | おのぼりさん丸出し…東京にて »

大阪ネタ」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/41592953

この記事へのトラックバック一覧です: 夏。“きぬこし”には練りからしやんな。:

« 関西の“朝”でお馴染み某氏を撮影させてもらった。 | トップページ | おのぼりさん丸出し…東京にて »