« 環状線鶴橋駅ホーム下の一角ええ感じ | トップページ | 水陸両用バスが霞むなぁ、手前のにぃさんのお陰で。 »

2008年6月15日 (日)

昭和なプラ看板 8 ● 丸善灯油と胡麻油

Aburaya 懐かしいツバメ印の丸善灯油の看板もかすむ味わい深い○本極上正胡麻油の看板。「お〜これはこれは」と愛でて写真撮って帰ってよぉ見てみたら…そやねん、灯油もゴマ油も同じところで売ってたわけや。食用油も燃料油も機械油も同じ“油”ということでこのスタイル昔は普通やったんか、京都・下鴨でも“日本石油”と“ゴールデンサラダ油”の看板が同列に並んでた油屋さんがあったわ。屋号が“○○油店”やからおかしくないとも言えるけど、今日的には…違和感あるよねぇ。
(於:八尾市)

|

« 環状線鶴橋駅ホーム下の一角ええ感じ | トップページ | 水陸両用バスが霞むなぁ、手前のにぃさんのお陰で。 »

プラ看板」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/41654745

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 8 ● 丸善灯油と胡麻油:

« 環状線鶴橋駅ホーム下の一角ええ感じ | トップページ | 水陸両用バスが霞むなぁ、手前のにぃさんのお陰で。 »