« ヨコハマタイヤの顔発見…ではなかった | トップページ | 関東煮三昧の週、〆は関西煮で。 »

2008年4月10日 (木)

琺瑯タンクの余生 8 合併で使命終える。

Taiko 奥琵琶湖からさらに足を伸ばして余呉湖まで行った昨日、脇道に入ったところで発見。かなりの年月雨風にさらされたかサビサビでほんまに琺瑯製やったんかどうかも不明。小振りのやつです。昔は小さな造り酒屋やったような風情の蔵の前に転がっており、隣接する倉庫に『清酒 大湖』の文字が。調べると“大湖”は滋賀第一酒造協業組合のお酒で昭和48年に湖北の蔵元8社が寄って長浜市で醸してる法人とか。この撮影場所の住所を昭和30年版の“日本醸界年鑑”で見ると“鏡湖/伊香酒造・長谷川酒造場”とありました。蔵だけでも残っているとホッとするもんですな。
(於:滋賀県伊香郡余呉町)

|

« ヨコハマタイヤの顔発見…ではなかった | トップページ | 関東煮三昧の週、〆は関西煮で。 »

お酒」カテゴリの記事

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/40888403

この記事へのトラックバック一覧です: 琺瑯タンクの余生 8 合併で使命終える。:

« ヨコハマタイヤの顔発見…ではなかった | トップページ | 関東煮三昧の週、〆は関西煮で。 »