« 建築中ビルに“KENSO”の看板が。 | トップページ | “酒蔵みてある記”で金鼓/大倉本家へ »

2008年3月 8日 (土)

『ちりとてちん』の公開セット見に馬場町かどへ

Chiritote NHK大阪へ連続テレビ小説『ちりとてちん』のセット公開に行ってきました。土曜日というのもあってか開場予定の10時前から大入り満員。それなりに人気あった『芋たこなんきん』の時とは比べモンにならんくらいに。で、色々写真撮りたかったんやけど「生放送に支障をきたす」と撮影禁止。隠れて撮ったら前のおっさんどかへんでこんな写真しかなく…まぁええわ。
 しかしなんですな。このドラマはホンマおもろいですな。何かと話題の“昭和な世界”がそこにあり、また登場人物に嫌なヤツがおらず、しかも皆魅力的に描かれていてテンポも良く。制作現場の空気の良さ(?)も伝わってくる様な楽しさで、間もなく終わりとはさみしい限りですわ。もちろん脚本がとてもええわけで、色々な立場の人々の色々な心模様が織り込まれていて「そうそう、そうやねん」と。脚本の藤本有紀さんってよう人を見てはるんやろなぁ。聞けば我が茶道の社中の○ちゃんの大学時代の同級生とか。氏曰く「よぅ勉強してはりましたょ」と。そうなんか。音楽もかつてKENSOのメンバーだった佐橋俊彦氏が手掛けられてるし…ほんま終わるのさみしいですわ。

|

« 建築中ビルに“KENSO”の看板が。 | トップページ | “酒蔵みてある記”で金鼓/大倉本家へ »

大阪市中部」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

あー、はまってましたか、「ちりとてちん」。

なんですなぁ、第一週目の子役がすごくよくて、土曜日涙腺決壊させて見ました。和久井映見のおかあちゃんもよかったです。もちろん、貫地谷しほりに変わってからもよかったですよ。昔から朝ドラ見てた母は「おちゃらけてる」とか言って気に入らんかったみたいですけど。

全編録画できてよかったです。今でも時々見ます。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月25日 (土) 00時59分

いいなぁいいなぁ全編録画かぁ。
「よし!DVD買うで」と思ったもののちょっと景気も悪いし…で買わずじまいでして。
5年後10年後、続編を観たいと思っています。
今やってる朝ドラは「ちりとてちんの魅力を勘違いしてるのちゃう」と思わせる演出が時々あって
…いかんいかん、悪口はやめときます。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月25日 (土) 09時19分

NHKのDVDは高いですよね。

リアルタイムでは見られないので、録画してます。NHKはたまに突発的なことがあると、時間がずれたりするので、朝昼両方録画しておきます。

一週間目、とりあえず見終わるまでは消さずにおいてました。密度の濃い一週間だったので、「これ、とっとこ」って思いました。結果的に正解でした。

今の朝ドラは面白くしようという工夫をしてるんでしょうが、「ちりとてちん」の場合は、元ネタがほとんど落語にあったんですよね。脚本家の落語に対する深い愛情とか敬意が感じられたと思っています。俳優さんも全員はまってましたね。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年7月25日 (土) 11時34分

やっぱり藤本有紀さんですよ、特にね。

投稿: 山本龍造 | 2009年7月26日 (日) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/40482211

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちりとてちん』の公開セット見に馬場町かどへ:

« 建築中ビルに“KENSO”の看板が。 | トップページ | “酒蔵みてある記”で金鼓/大倉本家へ »