« インチキ蔦をライバル視する天然雑草 | トップページ | 「おれは素材屋や」と »

2008年1月17日 (木)

関西煮と泉正宗と仙介と…

Izumimasamune 今も場所は変わって存在してますけど、その昔、お初天神の中に“関西煮”を供する関東煮屋さんがありました。お弟子さんもいっぱい働いてはり活気あって、かつ上質な雰囲気漂う木造三階建のええお店でした…ただ、ちょっと、いや、たいがい高かったけども…あれもバブルやったんでしょうかねぇ。
 で、そこで供されていたお酒がこの灘の清酒“泉正宗”の特級でした。このラムネ色の一合瓶に詰められた泉正宗がお湯の中にいっぱい浸けられていて、頼むとビールの栓みたいな王冠を抜いて出すというスタイル。味は…独特の風味。干し草っぽいというか、そんな感じで印象に残る味でした。
 その後、その店は二度移転。で、泉正宗の蔵元はあの大震災で倒壊、自家醸造をあきらめ、親戚筋の蔵が醸す酒を詰めての営業再開に。同時に写真の商品も廃盤となりましたが、酒燗器で暖めた一升瓶の酒をこのガラス瓶に入れるというやり方で、継続されています(ここ数年は…知りませんが)。
Sensuke  震災12年目の昨年同日、その泉正宗の泉酒造さん、自家醸造を再開されました。休造前に担当されていた丹波の杜氏さんと蔵の跡継ぎ女性ほか若い衆が純米と本醸造を仕込み、再開間近に他界された当主の名を酒名にと泉正宗とは別ブランド“仙介”で昨秋より発売してはります。このお酒がまた旨い。その前に出された本醸造の150本限定“生貯蔵原酒”は、干しぶどうっぽいというか、何とも適度に味ののったコクある旨い酒。あのお初天神の関東煮屋さんで呑んだ“泉正宗”の味の傾向とは違ったけれど、美味しくなってるということで、良しでしょう。
 今年も今月から仕込みをしてはる様子。今期も旨酒が醸されます様に。当たり前ですけど、1月17日は、毎年、やってきます。

|

« インチキ蔦をライバル視する天然雑草 | トップページ | 「おれは素材屋や」と »

お酒」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
昨日お稽古、仕事遅くなり行けませんでした。お会いできず残念です。
泉酒造さん、先日テレビでしてはりましたわ。そんなおいしいお酒なら、いただいてみたいですなぁ。
ではまた~。

投稿: 生意気な妹弟子 | 2008年1月20日 (日) 22時31分

生妹いつもおおきにです。お稽古残念ですなぁ。
泉酒造の話、テレビでやるなぁと番宣見てたのに、本番見るの(録画するん)忘れて…残念。見ごたえある内容でした?。好みはあるやろけど、わしは“仙介”の本醸造の方が美味しい思いましたな。阿倍近地下に売ってまっせ。

投稿: 山本龍造 | 2008年1月20日 (日) 22時52分

それが…私もチラっとしか見てないんですわ…この内容読ませてもらったときに、もっとしっかり見ておけばよかったと思いました。
お役に立てずすんません。
昨日・一昨日と少しばかり体調崩してしまいました。
兄弟子もお気をつけくださいませ。

投稿: 生意気な妹弟子 | 2008年1月23日 (水) 23時10分

生妹様泉酒造TV報道報告御礼申し上げ候。
燗酒呑みて体調万全。酒百薬乃長。

投稿: 山本龍造 | 2008年1月24日 (木) 23時13分

ご紹介のあった「かんさいだき」の店、お昼に行くとランチがありまして、リストから好きなネタ4点を選んでよそってもらいます。呑みたい人は(笑)一口ビールをつけてもらえます。
ご飯お代わりオッケー、おでんだしもご飯にかけてもらえます。

ただし、昼を回って遅くなるとネタ切れと見えて閉まってしまいますが。

投稿: なんぎ | 2009年1月22日 (木) 18時05分

なんぎさま、こんにちは。
初のコメント御礼申し上げます。

常夜燈…私が好きな関東煮やさんのひとつです。
コメント頂いた内容によると、お初天神にあった頃のニュアンスとえらい違いに感じますね。ご飯にダジかけOKとは…そのお気楽感もまたええ感じ。
それより“一口ビール”が気になります。まっさかサービスってわけじゃ?ないですよね。

いっぺん昼間に行ってみることとします。
情報おおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2009年1月22日 (木) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/17763803

この記事へのトラックバック一覧です: 関西煮と泉正宗と仙介と…:

« インチキ蔦をライバル視する天然雑草 | トップページ | 「おれは素材屋や」と »